蓮花
Leave a comment

春の先取り

こんにちは、蓮花(れんか)です。節分を過ぎたら立春。暦の上ではもう春です。

Spring

春の位置づけ

いちばん”陰”の強い冬と、いちばん”陽”の強い夏の間に位置するのが、春という季節です。冬至に極まった”陰”が少しづつ弱くなり、立春を境に春が始まります。

予想されるからだへの影響

春は”開く”季節

芽吹き
春になれば、氷が解けて水が温み、植物は芽吹き、生き物は冬眠から覚めます。人間のからだでは、毛穴が開きます。寒さに負けないようにぎゅっと閉まっていたからだが緩み、溜まっていた老廃物を出す季節です。

春は”風”の季節

春の気候の特徴に、強い風があります。かぜと書いて風(ふう)というのが、春のからだを襲う邪気です。参考記事;軽くて、チャラくて 養生と手帳とライフログ より この風(ふう)が様々な影響をからだに及ぼします。
目が痒い

今からできること

肝(かん)を労わる

風(ふう)を嫌うのは肝(かん)という臓器です。参考記事;肝(かん)と胆(たん) 養生と手帳とライフログ より ふわふわと舞い上がる風のように、風(ふう)がもたらす症状は、頭部などのからだの上部に出ることが多いのです。
たんぽぽ

春眠暁を覚えず

“陰”と”陽”のバランスが変わる春という季節。からだのバランスも崩しがちです。そして春は新年度の始まり。こころにも何かと負担がかかる時季です。その為に夜よく眠れず、起きる時間になっても”暁を覚えず”な状態になってしまうことも。冬同様、陽が暮れたら活動を控え、からだを休めるように努めたいものですね。

まとめ

春は”開く”シーズン。毛穴が開き、秋冬の老廃物が排出されます。風が強く吹き、風(ふう)という邪気がからだの上部を襲います。風(ふう)を嫌う肝(かん)を養い、よく眠って体力を消耗しないようにすることが大事です。
春は「奥底に溜まっていたものが表に出てくる」季節です。1年を1日に例えると、5時から7時の排毒の時間帯です。参考記事;タイヨウの時間 , からだの中の夜明け‥養生タイムスケジュール前編 養生と手帳とライフログ より
錠剤
この季節は、持病が活発化しやすい時季でもあります。もし何か持病をお持ちでしたら、春を迎える前に検査やお薬の確認などをされるのがいいかもしれません。
この春もあなたと家族が元気に楽しく過ごせますように‥蓮花(れんか)でした。

編集後記

日本が春を迎えようとしている今。マレーシアは乾季に入りました。暑いです。この季節がいちばん暑いのです。日本の寒い冬を避けてマレーシアを旅される方も多く見かけますが、帰国されてからの体調管理は大丈夫かしら‥といらぬ心配をしてしまう私なのでした(^_^;)

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です