さいたか
Leave a comment

アロマテラピーとの出会い

FMJ 木のディフューザー

皆様、ごきげんいかがですか。
さいたか(@sai_taka)です!

前回の記事「ライフハックとの出会い」の、続きになります。

今回はいよいよ、アロマテラピーとの出会い編(?)です。

今までできていたのに…

残業漬けの毎日から、ライフハックを取り入れ、残業をなくす方向へ進んでいきました。しかし、このまま順調にいくかと思いきや、問題が起こってきます。

それまで実行できていたやり方が、うまくできない時が出てきたのです。

やる気が起きない状態になったり、心に余裕が無くなったりすることも増えました。

仕事は片付いても、心が片付かない

「仕事は片付いても、心は片付かない」とでも言えばいいのでしょうか。仕事は進んでいるのに、どこか、まだ追われているような感覚に襲われたのです。

そして、ふとしたきっかけで流れがくずれていく…。また、他人のことを気遣う余裕もなくなったのです。

その間も、ビジネス書や自己啓発書を読み続け、セミナーにも参加し、良いと思う方法を見つけると手当たり次第に試し、良さそうな道具やアプリを見つけるとすぐ使ってみるなど、試行錯誤を繰り返してきました。

しかし、最初はうまくいっていても、そのうちまた元通り…。

気付くまで少し時間がかかりましたが、その原因は他でもない、自分自身にあったのでした。

というのは、自分のコンディションが良くないと、いくら良い方法を知っていてもうまく機能しないということに、あらためて気づいたのです。

そして、自分のコンディションを整えるのにアロマテラピーが役立つのでは? と考えるようになったのです。

「香り」に触れる

私が「香り」に触れるようになったきっかけは、外回りで毎日乗る営業車の空間を、少しでも過ごしやすくしようと思ったことです。

それまで、あの人工的な匂いが好きになれず、車内には芳香剤を使っていませんでした。

そんなある日、たまたま天然成分を使っている芳香剤を見つけたのです。グレープフルーツの香りでした。昔から柑橘系の香りが好きだったこともあり、試しに使ってみようと購入しました。

毎日乗る営業車なので、いつもだいたい同じ時間に香りを嗅ぐことになります。これが、気持ちを仕事モードに切り替える良いきっかけとなりました。

また、あるスポーツ選手が書いた本を読んだ時、「夜寝る前にアロマグッズを使っている」と書いてありました。

「自分にとって必要なのは、コンディションを整えることかもしれない」と思っていた矢先だったので、さっそく同じアロマグッズを購入しました。

香りの世界へ

外回りに出かける時は、好きな香りを感じることができる。そして、眠くなってしまった時や、もうひと頑張りという時にアロマグッズを使って気分転換をするなど、「香り」を活用することが続いていくと、仕事の方も順調にまわりはじめました。

こうして、「香り」の可能性を感じていた時に、たまたま電車の中で広告を見かけ、『アロマテラピー検定』というものがあることを知りました。

検定を受けるための勉強をはじめ、そこから香りの世界へ足を踏み入れたのです。

【編集後記】

いかがでしたでしょうか?

アロマテラピーとの出会いで、私の生産性はさらにアップしました。
そして、心も安定してきました。

アロマテラピーインストラクターとなり、一人でも多くの人にアロマテラピーの良さを伝えたいと思っているのは、こうした出来事があったからなのです。

それでは、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です