蓮花
Leave a comment

春の不正去邪

こんにちは、蓮花(れんか)です。また春がやってきます。季節の移り変わりは早いですね。Spring

春の特徴

さて、春というのはどんな季節なのでしょう?私たちにどんな影響を及ぼすのでしょうか?

陰陽の転換期

夏は”陽”が極まる季節でした。その反対に冬は”陰”が極まる季節です。その間に位置し陰陽の切り替えの役割をするのが春と秋。春が担当するのは”陰”から”陽”へのスイッチです。

発散

春は閉じていた毛穴が開き、 冬の間に溜まった老廃物を排出する季節です。からだの中から外に向かって”発散”の力が働きます。

冬の間は治まっていた持病の発作などが、再発しやすい季節でもあります。お心当たりの方は、通院、お薬の手配をお忘れなく。

昇る

冬眠していた生き物が目覚めたり、植物の新しい命が芽吹いたり。そこには”下から上”へのエネルギーが働いています。暖かくなって陽気が上に昇る季節なのです。
参考記事;上がったり、下がったり  by 暮らしのスイッチ

風が後押し

“昇る”陽気を、春の邪気である風邪(ふうじゃ)が更にフォローアップ。場合によっては陽気を熱邪(ねつじゃ)に変えてしまうこともあります。
参考記事; 軽くて、チャラくて

何を祓うか

そんな悪影響は、どうしたら防げるでしょう?

熱の影響を防ぐ

“陽”の気が”熱邪”として悪さをする前に。からだが、熱の影響を受けない工夫をすることが、大切です。

熱の影響はなぜ防ぐ?

熱は上に昇ります。そして頭部に影響を及ぼします。ボーッとしたりほてったり。目の炎症として表れる場合もあるからです。

どうやって防ぐ?

春が旬の野菜や苦味のあるものは、熱を冷ます効果があります。緑茶や菊の花のお茶、ミントティーなども、穏やかに炎症を沈める作用があります。
参考記事;味でわかるからだの状態

何を扶(たす)けるか

ではどうすれば、からだへのサポートになるのでしょうか?

肝(かん)を養う

五行で春と同じ分類になる臓腑は肝(かん)です。肝(かん)は風邪 (ふうじゃ) の影響を強く受ける臓でもあります。
参考記事;肝(かん)と胆(たん) 参考記事; 軽くて、チャラくて
ここをしっかりケアすることが、春の養生のポイントです。

脾(ひ)も養う

肝(かん)が貯蔵する血 (けつ) は、食べた物から作られます。消化吸収を担うのは脾(ひ)という臓。脾(ひ)が血 (けつ) を作りやすくする為に、消化吸収に負担をかけない配慮も必要です。
参考記事; 脾(ひ)と胃

こころへの作用

春はこころにどんな影響を及ぼすのでしょう?

イライラ

春はどうにもイライラしちゃう‥そんな方も多いのではないでしょうか?無理もありません。それでなくても昇ってくる”陽”の気を、風邪 (ふうじゃ) がいたずらに引っ掻き回すのですから。
参考記事;肝(かん)と胆(たん)  参考記事; 軽くて、チャラくて

これはもうしょうがないことなので、ミントティーでも飲んでやり過ごしましょう。それに、そのイライラはあなたのせいではありません。”ぜんぶ春のせいだ。2016″ってことで。(これたぶん去年も言ったと思うので)

春の過ごし方

春はどんな過ごし方をすればいいのでしょう?

春眠暁を覚えず

春は、昼間は眠くてしょうがないし、逆に、夜はなかなか眠れないこともあり、睡眠のコントロールが難しい季節でもあります。
参照リンク;「春眠暁を覚えず」は本当? 季節や生活リズムと睡眠との関係性とは?
春に生活に、気をつけるべきポイントをご紹介します。

ゆったり

熱は上に昇るし、イライラするし。その神経の緊張を夜に持ち越してしまわないように、ゆったりとしと気持ちで過ごすことが大切です。

レモングラスのお茶は、香りの良さとその効能で、気持ちを落ち着かせてくれます。消化を助ける作用もあるので、肝 (かん) だけでなく脾 (ひ) への効果も期待できますね。

早起き

日照時間の少なかった秋冬から、どんどん陽が長くなる季節に変化する時です。だから体内時計にちょっとした”時差ボケ”が起こるのです。

解決策としては、なるべく早起きをすること。どんどん早くなる日の出に合わせて日差しを浴びることが、からだの中の時差ボケを解消してくれます。
参考記事;からだの中の夜明け‥養生タイムスケジュール前編

春は過酷な季節

秋から冬よりも、実はアジャストするのが難しい冬から春。それだけ生き物にとっては過酷な季節です。

冬の間は小康を保っていた病気の方が、力尽きて旅立ってしまいやすい季節でもあります。

色々な国に、色々な種類の、季節性ごとの祭事がありますよね。あれは「今年もまた生き延びられた!」という命の歓びを謳歌する為のものなのかもしれませんね。

 

編集後記

2014年‥私がペナンに来たのも春でした。あれから3度目の春を迎えようとしています。早いものです。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です