蓮花
Leave a comment

春の総括

こんにちは、蓮花(れんか)です。本格的に暖かくなってきましたね。気持ちのいい季節ですが、体調を崩しがちです。いま一度、養生のポイントを確認してみましょう。
Spring Flowers 074

春の宿題チェックポイント

春というのは、どんな季節なのでしたっけ?ここでおさらいしてみましょう。

陰から陽への転換期

冬の陰から春の陽へ。正反対の季節へのスイッチの時期です。日照時間が長くなり、気温は上昇します。

春は発散

春は毛穴が開き、秋冬の間に溜め込んだ老廃物を排出する季節なのでした。

登る

気温がどんどん上昇し、木の芽が芽吹き、冬眠していた生き物が地中から出てくる。下から上へのエネルギーが働く季節なのでしたね。

開いて、登る。その動きは体にどんなからだ影響を与えたでしょうか?

熱の影響

段々と強まる陽の気は、登っていってからだの上部に影響を与えます。ボーッとしたりほてったり、目の炎症といったかたちで表れます。

冬→春へのスイッチは、臓腑にはどんな影響を与えるのでしょうか?

肝(かん)

精神や情緒のバランスを担う臓。同時に血液を貯蔵しておく器官でもあります。春に吹く風の影響を受けやすく、そのせいでイライラしやすくなったりします。この臓の働きを安定させるには、血液をたっぷり補って上げることが大切です。

脾(ひ)

肝(かん)が必要とする血液は、食べたものから作られます。脾(ひ)は、消化吸収から栄養の配布までトータルに担う臓腑です。ここもしっかりケアすることが重要なのでした。

春の宿題片付けポイント

では実際にはどうすればよいのでしょうか?

1.熱対策

春が旬の野菜や苦味のあるもの、緑茶や菊の花のお茶、ミントティーなどで、穏やかに熱を祓いましょう。
参考記事;味でわかるからだの状態

2.ゆったり過ごす

熱の影響や、肝(かん)が風にさらされることにより、いつもよりもイライラしがちなこの季節。神経の昂りを夜に持ち越さない為にも、ゆったりと過ごすことが大切てす。

3.早起き

日照時間が急速に変化する季節です。からだの中は軽い時差ボケのような状態になっています。それを解消する為には、早起きして陽の光を浴びること。こうして秋冬冬仕様になっていた体内時計を、徐々に春夏仕様に対応させていきます。

これから気温が更に上昇して、今月も終わりのほうになれば、そろそろ初夏の空気も漂い始める頃です。それでも梅雨が始まって湿度の影響を受けるまでは、春の宿題を片付けるチャンスはまだまだ残っています。引き続き春の養生を行って、気持ちよく次のシーズンを迎えて下さい。

さて、梅雨から始まった季節の養生シリーズ。今回の春をもって終了します。約1年間、お付き合い頂きありがとうございました。

これからも引き続き、fmjでは養生に関して発信して参ります。fmjと蓮花(れんか)を、これからもよろしくお願い致します。

編集後記

ペナン島に暮らし始めてから、この春でまる2年になります。当初予定されていた年月の、半分を折り返したことになります。(予定は未定でしばしば変更の恐れアリですが‥)これからの年月も、悔いの無いように過ごしていければと思います。気温32℃のペナンより愛を込めて‥蓮花(れんか)でした。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です