いっき
Leave a comment

しゅんたレンジャー、はるをさがす!《前編》

なつやすみ企画(きかく)しゅんたシリーズ 《しゅんたレンジャー、はるをさがす!》・前編(ぜんぺん)

▼ ここから おはなし ▼

「じゃあな!」
「おう、あしたな!」
 がくどうなかまの りょうすけと わかれて、しゅんたが いえにはいると、きょうは、いもうとと おかあさんが さきにかえって、ジャンバー(じゃんばあ)をぬいでいるところでした。

「どっちが テレビ(てれび) さきか、じゃんけーん、ぽん」
 『いまから ゆうごはんまでのじかん』か、『ゆうごはんのあとのじかん』か、どっちがさきに、じぶんのすきなばんぐみを ビデオ(びでお)からみるか、じゃんけんです。
 
 
 
image
 
「おっしゃあー!」
「むう!」
 きょうは しゅんたが、かちました。
 いもうとの「まい」は、さいきん、さいほうそうの「マジカル・プリンセス」(まじかる・ぷりんせす)が きにいっているようで、よくテレビ(てれび)のじゅんばんの とりあいになります。
 しゅんたは「せんたいもの」のテレビ(てれび)がすきです。

 もうすぐ3ねんせいなので、「ドラえもん」(どらえもん)や「せんたいもの」のテレビ(てれび)をみているとか、すきだということを はなすと、ばかにしたり からかったりしてくる ひともいてくやしいですが、おもしろいおはなしは、おもしろいのです。

 ドラえもんで、あたらしいどうぐを いろいろなものに つかったときに、つぎになにがおこるのかを みまもるときには わくわくします。
 せんたいには、きのよわいグリーン(ぐりいん)や、ちょっといじわるなブルー(ぶるう)もいるのに、みんなが せかいへいわをめざすなら、みんないっしょに チーム(ちいむ)のなかで なかよしになれるところは、みていてうれしくなってきます。

 さて、そうしているうちに おとうさんもかえってきて、いえのなかが にぎやかになってきました。
 おとうさんが しゅんたのランドセル(らんどせる)からとりだしたプリント(ぷりんと)をみながら、しゅんたにきいてきました。きょうの ゆうがたのかいで、たんにんの おおやませんせいが くばってくれていたものです。
「しゅん、この『はるをさがそう の かい』って、やってみたい?」
「やりたい! おとうさんもいけるの?!」
「そうだね。こんかいは いってみようかな」
「やった!」

 おとうさんもおかあさんも いそがしいので、こういう ちいきやPTA(ぴいてぃいえい)のもよおしには、なかなか、いつもはでかけられません。
 しゅんたは、むしやはなを みるのは すきだったので、こんかいのもよおしに おとうさんがでられる というのはラッキー(らっきい) だとおもいました。

「まいちゃんもいく!」
 そのとき、いっしょにテレビ(てれび)をみていた いもうとのこえがしました。

「だめだよ。だってこれは、しょうがくせいのための かいなんだから……」
 と、しゅんたは、おしえようとしました。「えーっ!」
「いや、だいじょうぶっぽいよ。プリント(ぷりんと)のここに さんかにんずうを かくようになっているから、たぶん がくがいのこも、おにいちゃんといっしょに さんかかのうだよ。

 ところで、さんかしたい こどもは、この もうしこみようしに、『すきないろ』と『すきなどうぶつか くさばな』の なまえを かいておかなきゃいけないんだってさ」
「じゃあ、まいちゃん、ピンク(ぴんく)と すみれ!」
「うーん、おれは、ハヤブサ(はやぶさ)かな。色は……、あおっぽいやつ。むらさきっぽくて、こい あお」
 いいながら、しゅんたは さいきん かってもらった ノート(のうと)をゆびさしました。
「ああ、じゃあ『こんいろ』かな。
 よし、じゃあ、かいて れんらくぶくろに いれておくよ。つぎのつぎの どようびには、おとうさんのスマホ(すまほ)で、『はるをさがせ!』ミッション(みっしょん)だ」
「おー!」
「おー!」
 しゅんたは いもうとといっしょに、てをうえに いきおいよくあげて、へんじをしました。


 いっしゅうかんご。
 せんせいがプリント(ぷりんと)を くばるじかん。ぜんいんにではなく、なまえをよばれて うけとったふうとうが ありました。
『はるを さがせ ミッション! しゅんたたいいん、まいたいいん』とかいてあります。
(あっ、これ、このまえ もうしこんだやつだ!)
 しゅんたが そうおもっていると、せんせいは、
「うん。それ、おうちのひとと、よんでね」
 といいました。


 そのよる。おとうさんが ふうとうをあけると、なかから、
『ネイビー・ファルコン(ねいびい・ふぁるこん)とピンク・ビオラ(ぴんく・びおら)と、準隊員のおとうさんへ』
 と、かかれたてがみが でてきました。
「おとうさん、ここのかんじって、なんていみ?」
「じゅんたいいん、というのは…。スペースウォーズ(すぺいすうぉうず)でパイロット(ぱいろっと)についてまわって、おてつだいしているロボット(ろぼっと)や、マジカル・プリンセス(まじかる・ぷりんせす)のおともをしている、ふしぎなどうぶつが いるだろ?
 らいしゅうの はるさがしミッション(みっしょん)では、おとうさんはそんなふうに、しゅんたたいいんとまいたいいんを、スマホ(すまほ)をつかって サポート(さぽうと)しなさいね、ってことだな」
 
 
 
image
「ふうん」
 しゅんたはいいました。そうか。じぶんたちが、しゅやくなのか。
 おとうさんは、てがみのつづきを よみながら、ポケット(ぽけっと)からスマホ(すまほ)をとりだしました。

「ふむ。『じゅんたいいんは、レンジャーズ(れんじゃーず)をサポート(さぽうと)するため、じぜんに つぎのサイトにはいって、ID(あいでぃい)とパスワード(ぱすわあど)にひもづいた レンジャーズネーム(れんじゃーずねいむ)が ただしいか、かくにんしておいてください』か。なるほど」

「ねえ、おとうさん。
 らいしゅうのミッション(みっしょん)で はるをさがすときには、おとうさんのそのスマホ(すまほ)、つかうんでしょ? おれも、ちょっと、さわってみたいなー、なんて」
「うーん、いまは まだまってね。とうじつまで、みせるなってかいてあるから」
 と、おとうさんは すこしこまったかおを みせていいました。
 
「オッケー(おっけい)、わかった。らいしゅうだね」
 みんながみつけた、はるの むしやはなを、ほうこくして どんどんあつめていく。そうすると、どんなことがおこるのでしょうか? しゅんたは、だんだんワクワク(わくわく)してきました。

「よーし、たくさんみつけて、いちばんになるぞー!」
「そうだね。まずはそれをめざすといいね。いちおう、しょうひんもでるみたいだし」
 しゅんたのようすをみて、おとうさんも たのしそうに スマホ(すまほ)のがめんを とじました。

(きょうは おはなし おわり。らいしゅうに つづくよ)

大人の後書き

先週・先々週に続きまして、こんにちは。
ネット「おはなし書き」の いっき(@ikkiTime)です。

しゅんた第2エピソード、『しゅんたレンジャー、はるをさがす!』をお送りしています。

イラストは、『しゅんたのかみひこうき』に引き続き、Koi-fumiさん(@koi_okasira)が描いてくださっています。
 ⇒Koi-fumiさんのブログ『http://blog.livedoor.jp/koi_fumi/
(この記事内のコンテンツのcopyrightは、文章は私いっきに、絵についてはKoi-fumiさんに属しています)

この「しゅんたの物語」が、頭に住み始め、「出してやらなければなあ」と思い始めたのは、まだ、春にもならない冬のころでした。

それに先だつ数ヶ月前。
我が家にゲームがやってきていました。
現代のゲーム機には、ケーブル対戦ではなく、無線によるハード同士の通信や、ネットワークへの接続を経由したインターネットブラウズの機能もあります。
私も人の子の親ですから、
「18の約束」を検索してみたり、
「保護者による使用制限機能」について調べて、そもそもどれだけの機能がその本体に備わっているのかを確かめたりしていました。

そこまで考えたうえで……。その時点の正直な感想は、
「あー、だめだ。小学生低学年に18項目全部説明するのは、しんどすぎる……」
といったものでした。

しゅんたのうちの、「きまり」が4つなのも、おんなじようなことをお父さんが考えたからなのかもしれませんね。

それではまた、後編でお会いしましょう。

いっきでした。

Filed under: いっき

by

苦しい毎日を、もうひとふんばり。 いっき(@ikkiTime)です。 普段は 「イキブロ」というブログで、ライフハック系の記事を書いています。 恐い明日を、少し親しみやすく 今日をもう少しご機嫌に。 都内在住のサラリーマン。30代です。 2児(兄妹)の子育てに、共働きの妻とともに取り組んでいます。 理詰め派の上、日がな緊張感が高いので、生きづらさを感じる場面も多いです。 いわゆる「ふつう」のお父さんになれない場合でも、あれこれ工夫して、『 このお父さんでよかった!』と思ってもらええるアイデアを、シェアしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です