蓮花
Leave a comment

おいしい養生

こんにちは、蓮花(れんか)です。連休も終わりいつもの日々に戻りましたね。
a1380_001634

さてこの連休中は韓国・ソウルを経由して、日本へ一時帰国していました。

ソウルのほうが緯度が上なので、関東地方よりも少し肌寒く、私の知ってる4月よりも”春”が若い感じ。

街の真ん中にある南山(ナムサン)に登って咲き誇る花を見たり(桜の季節にはちょっと間に合わなかった!)…ここ最近は味わえなかった春を満喫して、もう少し季節の進んだ日本に移動したのです。

日本に帰ってきてびっくりしたこと

帰ってきた次の日の朝。ホテルでテレビを点けたら、ショッキングなニュースを目にしました。
前田健さんが死去 東京・新宿の路上で嘔吐後に倒れる (2016年4月26日掲載) – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/topics/detail/11456567/

前田さんは健啖家だったようですね。
前田健さん Twitterに投稿されたこってり&高カロリーな食事に指摘 (2016年4月29日掲載) – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/topics/detail/11470084/

Twitterでもこんなつぶやきが。

わかります。よーくわかります。おいしいものは世の中にいっぱいありますからね。

美食と養生は両立しないのか?

このニュースを聞く少し前から…こんなこと↑をよく考えていたのです。

摂生とはガマンすることなのだろうか?本当に?おいしいものは必ず健康を損ねるのだろうか?本当に??

「おいしい」の基準ってなんだろう?

自分自身が「おいしい」と思うもの、世の中で「おいしい」とされているもの。このふたつがかけ離れた存在になっていないだろうか?

「おいしい」と感じるのは悪いことではない。ならばその先に「からだに良い」があるほうが普通なんじゃないだろうか?

ここは今いちど、考えてみる価値があるのかもしれません。

「おいしい養生」を目指そう

おいしいものは、からだに悪い。だから、おいしいものばかり食べていると、からだを壊してしまう。いや、そんなことはないと思うのです。

おいしく食べても、からだを壊さない、いやむしろ健康になれる。そんな養生法があるはずなのです。

 

前田さんの場合は持病もあったと噂されていますし、食事だけが原因ではないと思いますが…。

食べものや食べ方が原因で、こうした不幸が起きないように。これからのfmjではそんなことを考えていきたいと思うのです。よろしくお付き合いいただければ、と思います。

最後になりましたが、前田健さんのご冥福を心よりお祈りいたします。安らかに…

 

 

編集後記

fmjでも「春の養生」について書いてきました。春は、下から上へのエネルギーが働くのでめまいが起こりやすい…などなど。書きながら「でもマレーシアは年中夏だから関係ないんだけどね」と思いつつ。常夏のマレーシアから春のソウルへ行った私を襲ったのが、まさにこの、めまい。「あぁ、これかぁ…」と改めて思いました。けっこう辛かったです、はい。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です