蓮花
Leave a comment

そして養生は続く

こんにちは、蓮花(れんか)です。ここで、こうしてご挨拶するのも、今日が最後になります。
IMG_16701

始まりは4年前

その頃、私は中国・上海にいました。日本の情報に飢えていた私は、あの手この手を駆使して”金盾”(政府が行うインターネット接続のブロック)を乗り越え、日本のwebサイトにアクセスしていました。

そこで目にしたのが、fmj主宰のり(@norixnori)さんのブログでした。確か、小さい子供を抱えるお母さんの、外出先で遭遇した理不尽な経験‥だったと思います。

私は子供がいないので、日本の子育てを取り巻く環境をよく知りません。まして日本を離れていましたし。「そんなひどいこと、されたり言われたりするのか!」というのが、その時の第一印象でした。

のりさん、立ち上がる

それをきっかけに、のりさんのブログやTwitterをたびたび訪れるようになりました。金盾をくぐり抜けて。そして目にしたのが「家族や家庭を支えることをやりたい」という熱い想い。

そしてそれが、後にfmjとして発足し、今に至るのです。

私は何ができるだろう?

「家庭にまつわる新しいグループブログを立ち上げたい。つきましては書いてくれる人を大募集!」というTweetを見て、突き動かされるような思いを感じました。

私には子供がいない。でも家庭を営んでいる。二けたの年数の経験もある。そして中医学のバックボーンがある。このスペックをお役に立てて頂くことはできないだろうか?

私が恐る恐る送ったメンションは、金盾と東シナ海を超えて、のりさんの元に無事たどり着きました。そして、そこから全てが始まりました。

なぜ蓮花(れんか)は手を挙げたのか?

集まったメンバーは、経験のあるブロガーだったり、ライフハック系の本を出版してる人だったり、お医者様だったり。私はなんでココにいるのでしょう‥という状態。あわあわ。でも私には、いま家庭を運営している人たちに、どうしても伝えたいことがあったのです。

ここでちょっとタイムスリップ

古代の中国には、医師の階級が4つあったのだそうです。いちばん下は獣医。その上は傷医、今で言う外科医ですね。その上が疾医、薬で病気を治す人です。そしていちばん上の最高位に”食医(しょくい)”という位がありました。

食医とは、病気にならないよう体調管理を食事で行い、多少のからだの揺らぎも食事で治す能力を持ちます。だから医師の最高位なんですね。

あなたが『食医』なんです

いま家庭を切り盛りしてる人、ワークライフバランスに四苦八苦してる人、育児や介護に奮闘してる人。皆さんひとりひとりが、古の中国で言うところの『食医』なんです。

食事だけではなく、走って転んで怪我をしやしないか、暑くはないか、寒くはないか、着るものは今の気候にふさわしいか。どんな精神状態か、嬉しいのか、悲しいのか、それとも怒っているのか。

そして、いま幸せなのか。

家族に対して、こういう心配りをする全ての人が『食医』だと、私は思うのです。そしてそれを、fmjを読んで下さっている全ての人に、伝えたいのです。

これで終わり?

食事や栄養のこと‥季節のこと‥冷えのこと‥こころの持ちよう‥fmjでは養生にまつわるいろんな記事を書かせて頂きました。
こちら→蓮花(れんか)の記事一覧

でもね。これで終わりじゃないですよ?

養生という字は「生を養う」と書きます。あなたが、家族の、そしてあなた自身の『生』を養っていくんです。そしてそれは、生すなわち命が尽きるその日まで、続くのです。

そして、そんなあなたを、蓮花(れんか)は陰ながらサポートしていきたいのです。

 

あなたのこころとからだ、そして家族が、いつも健やかでありますように‥蓮花(れんか)

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です