hibinoshokutaku
Leave a comment

木っ端微塵のハードモードから

 

お久しぶりです。
hibinoshokutakuです。

fmjで書いていた頃、子供が産まれて少し経ってたのに惑ってばかりでした。でも、子供のことを書き留めたり振り返ることを自分のブログでもそこまでしてこなかったのでとても貴重な時間でした。
また、困ったことは先輩たちがたくさんたくさん書いてるのでその知恵にとても助けられました。
私のブログは、過去の困っていて知らなくて苦しかった自分へというコンセプトを含んでいま
す。
(ブログでは書いたことないけど)
fmjは、まさにのりさんが主導していってみんなでそんな場を作っていたなぁと思います。

さて、電車好きの息子はというと。
紆余曲折あり、保育園に通園してます。
イヤイヤ期も長く、とにかく自分でやりたい!が強い。
嫌々行ってる日もあったり、お友達と仲良くしたり。
電車好きは加速して、電車イベントに行ったりついに大好きな鉄道芸人さんが行ったところま
で旅行にいきました。
ご飯食べない、は少し変わってきて少しは食べるようになってきました。
特に、お肉が好きらしくオーブンで焼いただけの鶏手羽スペアリブに豪快にかじりついてま
す。

私はというと、体調と相談しつつ仕事を始めました。
初日に、息子が手足口病を発症して病児保育に預けるというハードモード!
要は、fmjを書いていた頃難破船に乗った気持ちでしたがもっと木っ端微塵のハードモードを選んでいます。

家事育児の分担も、保育園に預けることも看病も色々悩みの種類が変わってきました。
Twitterで、先輩ママパパたちに助けてもらいながら励ましてもらって前に向かってます。
あの頃、病気を抱えていていっこうに良くならないし育児は大変で薄暗い不安をぼんやり抱え
てました。

自分の辛さだけ先にたっていましたが、最近は家事育児と仕事の両立に苦戦して一緒に倒れ込
むように寝てるだけです。
そして、いまは息子の顔をみたら可愛いが先に立つ。
しつけやトイレトレーニング、少しずつ教えるという機会が増えてきてどうやったら納得して
もらえるか必死です。

ただ、もうあの頃のように猛然と怒ったり暗く沈むようには悩みません。
何だかんだあっても息子に可愛いねーと言われたら、にやっとしてしまう自分がいたり。
そして、13キロを超えたあたりから重たくて抱っこが苦しくなってきて。
これが、離れていくことなのかな。

あの頃は、どこにいっても身につけて一心同体のような心持ちでした。
寂しくて、ぎゅうぎゅうくっついてみたり嫌がられたりくっつかれたりを繰り返してます。
こうやって、手を離れていって色々大きくなっていくのが少し切ないです。
出来ること、してあげられること、一緒にすること、ひとりですること。
様々なものが、日々刻々とまぜこぜに変わっていきます。
ここは、大変さだけでなく愉しさや面白さをみんなが発信してきたように今なら思います。
まるで、灯台のように。
この次、お互いどんな愉しみがまってるのか。

また、いつか会いましょう。

Filed under: hibinoshokutaku

by

hibinoshokutaku

日々の食卓から考えている事を綴っていく「日々の食卓から」というブログをかいています。1歳の息子と研究者の旦那さんの3人暮らしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です