とし
comments 2

赤ちゃんて○○じゃないの?


photo credit: PAKUTASO

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

二歳児の息子の予想外の行動により絶賛翻弄中のわたしが、二年間育児をして思った「赤ちゃんて○○じゃないの?」を紹介します。

 

赤ちゃんて○○じゃないの?

 

うちのやんちゃ坊主は、わたしたち夫婦が初めて授かった子です。もちろん、初めてなので分からないことだらけです。

がしかし、人づてや本などから得た知識で、なんとなく赤ちゃんというのはこういう感じなんだろうなあ、というもやもやした赤ちゃん像は持っていました。

例えば、次のような感じです。

 

赤ちゃんは、おしゃぶりが好き。
赤ちゃんは、お白湯を喜んで飲む。
赤ちゃんは、最初はお粥が好き。
赤ちゃんは、喜んでベビーカーに乗る。
赤ちゃんは、お父さんが抱きしめると喜ぶ。
エトセトラ、エトセトラ…

 

一部、誤った知識も混ざっているかもしれませんが、いわゆる赤ちゃんが好きそうなことはどの赤ちゃんも好きなんだろうと思っていました。このような期待(妄想?)を、うちの子は見事に裏切ってくれました。

 

現実はこうです。

 

赤ちゃんは、おしゃぶりが好き。
→くわえさせると、ペッと吐き出す。その様は、プリティーウーマンのジュリア・ロバーツさんがガムを吐き出すよう。
赤ちゃんは、お白湯を喜んで飲む。
→お白湯どころか、粉ミルクも飲まない。二歳頃まで、飲み物はほとんど母乳のみ。
赤ちゃんは、最初はお粥が好き。
→離乳食を初めてしばらくすると、わたしの白ごはんに手を伸ばして食べた。それ以来、お粥はいやがり、ふつうに炊いたごはんをほしがるようになった。
赤ちゃんは、喜んでベビーカーに乗る。
→楽しそうにしているのは最初の数分で、すぐにだっこをせがむか歩きたがる。
赤ちゃんは、お父さんが抱きしめると喜ぶ。
→全力で逃れようと抵抗する…(泣)
エトセトラ、エトセトラ…

 

子育て経験がある方にとっては、他愛もないことかもしれません。あー、そんなこともあるよね、と言うくらいの。しかし、わたしたち夫婦は、自分たちの赤ちゃん像と異なる我が子を見るたびに、心配したり疑問に思ったりするのでした。

「あんなことして大丈夫なの?」

「なんでこれを嫌がるの?ふつうは好きなんでしょ?」

 

この子はこういう子なんだ

 

今住んでいる家は、数年前に引っ越してきたので、近所に知り合いはいません。そのため、他の人の子育てを目にする機会はありませんでした。

しかし、同じ頃に出産したご近所さんとたまたま仲良くなり、一緒にお散歩に行ったりするようになりました。そして、ご近所さんの子どもの様子を見たり、育児のお話しを伺っているうちに、うちの子となんて違うんだろう!と驚きました。

そして、わたしたち夫婦は気がついたのです。

『赤ちゃん』と一括りにするから、一般的な_もしくは自分の中の_赤ちゃん像との違いが気になるんだ。あの子は、あくまでも『ただ一人の人間』であるんだから、一般的な赤ちゃん像と違って当然だ。

と。

それ以来、えっ!?そんなことするの?ということがあっても、「あの子は、そういう子なんだね。」と、夫婦で笑っています。

 

よそはよそ、うちはうち

 

立っち、言葉、卒乳、おむつはずれ…。育児をしていると、子どもの成長で気になることがたくさんあります。

しかし、お隣のあの子は上手に話してるよとか、近所の○○さんとこの子はもう卒乳したよとか、そういうのは少し横に置いてみませんか?

あなたの目の前には、なにより大事な『あなたの子ども』が、澄んだ目であなたを見ているのです。あなたも、澄んだ目で『あなたの子ども』を見て、その子にあった成長を感じてあげてください。

この記事が、あなたの楽育児(たのしくラクな育児)のきっかけとなりますように。

 

編集後記

 

火曜日担当のとしです。まっちゃんがこの記事で、ブロッコリーと海苔ごはん以外なかなか食べないと書いているのを見て、親近感が湧きました。うちの子も二歳になる頃までは、食わず嫌いや好き嫌いが多くて、妻が頭を悩ませていました(わたしは、余ったごはんを食べられるので、内心喜んでいました。ごめんなさいごめんなさい。)

そんなうちの子も、二歳半を控えた頃から、食べ物の味に目覚めたのか、運動量が増えたからか、時にわたしたちが心配するくらいたくさん食べるようになりました。

卒乳できるか心配なくらいおっぱい好きなあの子がねえ、と、妻と二人で感慨に耽る今日この頃です。

それでは、引き続きfmjをお楽しみください。

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

2 Comments

  1. Pingback: こどもが壁を越えた瞬間を見て〜こどもの成長と不安〜 | ファミリーマネジメントジャーナル

  2. Pingback: 育児は命がけ? | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です