まっちゃん

ママを楽にする長距離移動5つのポイント(東海道新幹線)その1

毎月、実家の仕事を手伝いに新幹線で帰省しているまっちゃんです。

娘が生まれてから、二人で新幹線に乗ること、すでに20回近く。
そんなに乗っているのに、何度乗っても子どもと二人での移動には、気を使います。

 

新幹線の中で泣いたらどうしよう?
大人しくしていてくれるかな?
授乳はどこでする?
オムツ替えは?

いろいろな心配があるなか、新幹線移動を何度も経験して、少しでも快適に、こうすれば不安や負担が減るかも!という、わたしが新幹線に乗るときに行っているポイント?をお知らせします。

ママを楽にする長距離移動5つのポイント(東海道新幹線)その1

1.抱っこひもなり、ベビーカーを用意する
2.荷物は、できるだけ少なく。多くなる場合は、宅配便で送る
3.おサイフケータイを利用する
4.新幹線に乗る時は、エクスプレス予約で新幹線のチケットを取る
5.新幹線の駅での授乳場所を確認しておく


photo credit: INABA Tomoaki via photopin cc

抱っこひもなり、ベビーカーを用意

わたしは、いつも抱っこひもで移動しています。
カバンにまとめるとはいえ、オムツや着替え、おもちゃやオヤツ、授乳の用意、新幹線のご利用票など子どもを連れての移動は荷物がとても多いです。
それなので、それらの荷物を持つのに両手をあけておきたいんですよね。

ベビーカーでもいいですよね。
荷物が多いと、ベビーカーの方が楽チンかもしれませんね。

新幹線に乗っている親子を見ると、歩けるようになっているお子さんを連れている場合は、ベビーカーが多いかな〜?と感じます。

ベビーカーの時は、新幹線に乗ってから、ベビーカーをおく場所に困ることも多いと思うので、一番前や一番後ろの席を取れると便利ですね。

 

荷物は、できるだけ少なく。多くなる場合は、宅配便で送る

オムツや着替えなどで、荷物が増えてしまうので、移動時に必要なもの以外は、いつも宅配便で送っています。
ちょっとお金がかかってしまいますが、新幹線での移動を安全に楽ちんにするためには必要経費かなと思っています。

 

おサイフケータイを利用する

子どもを抱いて、売店などで、ちょっと何か買いたい時にお財布をゴソゴソするのは大変ですよね。
いつも手に持っていることが多いケータイで支払いができたり、電車のキップを買わずにケータイだけで電車に乗れたりするのは、とっても楽チンで重宝しています。

また、後で説明するエクスプレス予約を利用した場合でも、チケットレスで新幹線に乗れます。
新幹線の改札で、ご利用票(座席のご案内)という切符のようなものが出てくるので、それだけは、手元においておかなければいけないですが。

ちなみに、わたしがおサイフケータイで利用している電子マネーは
Suica(JR、新幹線などで利用)
Edy(コンビニなどで利用)
nanaco(コンビニなどで利用)
です。

 

新幹線に乗る時は、エクスプレス予約で新幹線のチケットを取る

新幹線のチケットを取りに駅窓口へいくのもひと苦労、当日に取ろうと思ったら、窓口に大行列なんてこともよくありました。
エクスプレス予約に登録するとケータイやパソコンから新幹線の予約、座席の指定ができるので便利です。

ベビーカーを置くために一番後ろの席を取りたいとか、子どもが泣いたら、すぐにデッキにでられるように、扉近くがいいとか、オムツ替えできるトイレの近くの車両がいいとか。

自分の不安を解消できる座席を指定できるのがいいです。

さらに、便利なのは、手数料なしで予約の変更が何度でもできるところです。

子どもを連れていると、ハプニング(ウンチが漏れたとか(>_<。))も起こりやすいので、わたしは何度もお世話になっています。

 東海道・山陽新幹線の会員制ネット予約 エクスプレス予約

 

 

新幹線の駅での授乳室を確認しておく

新幹線の乗降駅に商業施設がある場合は、授乳室のある施設を探しておくといいです。

わたしは、新横浜から乗ることが多いので、キュービックプラザ新横浜の授乳室をよく使っています。
授乳室と言っても、授乳だけでなく、オムツ替えスペースもあるので、わたしの場合は、オムツ替えだけはすませて、新幹線に乗り込んでいます。

なんだか、思ったより、長くなってしまいました。
新幹線の中での過ごし方は、また、別記事で紹介させていただきますね♪

その2を書きました。
ママを楽にする長距離移動のポイント その2(東海道新幹線座席予約編)
 

 

編集後記

ここのところ、二回続けて大雨のため、目的地に到着する前に新幹線が止まってしまいました。

新幹線の中で、予定より1時間長く過ごす。
子どもが寝てくれればいいのですが、とても活動的な時間帯だったので、かなりつらかったです(>_<。)

子どもを抱っこしてデッキをウロウロ、いつもより回数多めにオムツ替え。
そんなとき、同じ車両で子供の泣き声がするとホッとしていました(笑)

同じ車両にお子さん連れがいるとなんだか安心してしまう今日この頃です。

子ども連れ専用車両が毎日定期的に走っていればいいのになぁ〜なんて思います。