とし
comments 9

お家の在庫管理はトヨタ流!?かんばん方式のススメ

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

今回は、育児ではなく、家庭運営についてお話しします。

さて、あなたは家庭の日用品の在庫をどのように管理されていますか?
何となく勘に頼っている?手帳にメモしている?毎日在庫をチェックしている?

それでは次に、こんな経験はありませんか?
いざ、料理をしようと思ったら、料理酒がなくて晩酌用のお酒を使った。お風呂に入ったら、シャンプーがなくて石鹸で頭を洗った。お茶漬けを食べようとしたら、お茶漬けの素がなくてお湯かけごはんを食べた(結構おいしかったです)。

今回は、そんな事態に陥らないための、ちょっとした工夫を紹介します。

 

かんばん方式

 


photo credit: PAKUTASO

 

『かんばん方式』という言葉をご存じでしょうか?

『かんばん方式』とは、自動車メーカーのトヨタが開発した生産管理の方式です。その分かりやすさと管理のしやすさで、世に広まり多くのメーカーで採用されています。

すごくすごく単純に言うと、『モノとかんばんを必ず一対にしておく』方式です。かんばん=看板で、あるモノを表す札のことです。食料品や衣服の値札みたいなものですね。

実際の運用法方を車を例にして説明します。

車を組み立てるにはたくさんの部品が必要ですが、今回は単純化のため、ハンドル、タイヤ×4、ボディの計6つの部品で組み立てられるとします。

まず、部品を部品メーカーに発注します。そして、ハンドルが部品メーカーから納品されると、『ハンドル』と書かれたかんばんをハンドルに貼り付けます。同様に、タイヤ×4やボディにも、それぞれの名前が書かれたかんばんを貼り付けます。

部品が揃うと、いざ組立です。ガチャコンと組立を行うと車が完成します。すると、そこには、ハンドル、タイヤ、タイヤ、タイヤ、タイヤ、ボディ、という6枚のかんばんが残ります。

先ほど説明したように、かんばん方式は『モノとかんばんを必ず一対にしておく』という管理方法です。ですので、ひとりぼっちのかんばんがいたら、相方となるモノを発注します。というわけで、発注担当者は、かんばんを一枚ずつ見ながら、ハンドル、タイヤ、タイヤ、タイヤ、タイヤ、ボディ、と発注します。そして、モノが届いたらかんばんを貼り付けて…と繰り返します。

いかがですか?意外に単純ですね。もちろん、実際の工場ではもっと複雑な管理をしていますが、基本的な考え方は上で説明したことと違いはありません。

 

かんばん方式のメリット

 

この方式のメリットは二つあります。それは、シャンプーとリンスです。ああっ!ごめんなさいごめんなさい。

ごほん、本当のメリットは次の二つです。

 

1.余分な、もしくは過剰な在庫を持たない
2.使い始めに買い足してねと教えてくれるので、余裕を持って買える

 

『モノとかんばんを必ず一対にしておく』という管理方法なので、かんばんの枚数以上にモノを買うということがありません。なので、前に買ったのにまた買ってしまった!ということがありません。また、買いだめしすぎだな、と感じたら、かんばんの枚数を減らせば、次回からの在庫量を減らすことができます。

また、モノを使うときには、かんばんをはずします。そうすると、ひとりぼっちかんばんができるので、相方のモノを補充します。そろそろなくなりそうだから買おう、ではなく、使い始めに買うのでうっかり忘れることもありません。

 

かんばん方式を家庭に

 

それでは、このかんばん方式を、家庭でどのように応用するか説明します。

まず、在庫が切れたら困るモノを選びます。お酢、料理酒、シャンプー、お茶漬けの素…、なんでも構いません。

次に、選んだモノにかんばんを貼り付けます。付箋紙でもいいですし、ダンボールを切って作るのも楽しいです。かんばんにはモノの名前_お酢、料理酒、シャンプー、お茶漬けの素_を記入しておきましょう。

そして、そのモノを使い始めたらかんばんを外して、かんばん箱_お菓子の箱を再利用したり、壁に袋を貼り付けたり、形は自由です_に入れます。あちこちに置くと忘れてしまうので、場所を決めて一カ所に集めるのがオススメです。玄関が理想的です。

そして、お買い物をするときは、かんばんを連れて行きます。そして、スーパーなどでは、かんばんを見ながらお買い物しましょう。
「あら、お酢と料理酒がないのね。それと、そうそう、シャンプーを買っておかないと、また石鹸で洗うことになるわ。あとは、お茶漬けの素も必要ね。うちの子ったらお茶漬けが大好きだものね。」といった感じです(一部、実話を元に構成されています)。

楽しいお買い物が終わり、お家に着いたら、忘れないうちに買ってきたモノにかんばんを貼り付けてしまっておきましょう。そして、使うときにはかんばんを外してかんばん箱に入れて…、と繰り返します。

このようにすれば、買い物の前に毎回在庫チェックをしなくても大丈夫です。また、手帳などにメモしておく方法だと、使ったときに数を減らすのを忘れたりしますが、かんばん方式はかんばんを外すだけなのでお手軽です。

世界のトヨタ方式で、あなたのお家もカイゼンしませんか?

この記事が、あなたの楽育児(たのしくラクな育児)のきっかけとなりますように。

 

編集後記

 

火曜日担当のとしです。今回のお話は、マロさんのこの記事に触発されて書きました。この記事の中で、マロさんは、タスク管理というテクニックを育児に応用されていました。それを読んだときに、わたしも自分の知識を応用できるのでは、と考え、工場の仕組みに思い至ったのです。

わたしは、工場関係の仕事をしていましたが、工場という所は『カイゼン』という言葉が有名になるくらい、効率化と単純化を非常に重視します。なので、工場はたくさんの工夫が集まっています。それらの工夫のエッセンスを抽出して、うまく蒸留できたら、家庭用カイゼンとして活かしていけるかも、とぼんやりと考えています。

また、今回紹介したかんばん方式以外に、発注点方式やMRP方式というのもあるので、それらも記事にしてみたいですね。

それでは、引き続きfmjをお楽しみください。

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

9 Comments

  1. Pingback: 家庭の在庫管理についてkouing my way. | kouing my way.

  2. はじめまして。
    「お家の在庫管理はトヨタ流!?かんばん方式のススメ」の記事、大変興味深く拝読いたしました。
    私も常々似たようなことを考えておりましたがこの記事を読んで本当にモヤモヤがとれたというかすっきりしたというか。こんな方法もあるのかということを考えました。
    そのことを稚拙なブログではありますが記事として書いてみました。
    記事にはリンクも貼らせていただいております。
    http://kouing.com/2012/10/12/stock/
    不都合等ございましたらお知らせください。

    • とし
      とし says

      こういんぐさん、初めまして。記事を書いたとしです。

      記事の紹介ありがとうございました!
      また、こういんぐさんの記事を拝読して、そういう方法もあるのか!と刺激を受けました。
      特に、
      ・日付を記入することで買い物のサイクルを管理する
      ・収納場所を管理する
      の二点が参考になりました。

      妻は、iPhoneは持っていますがわりとアナログなので現物管理にしていますが、ゆくゆくはこういんぐさんの記事を参考にデジタルかんばんへと移行できればいいなと思いました。

      今後とも、fmjをよろしくお願いします。

  3. としさん
    こんにちは。確かに現物カンバンをデータ化などした場合には視認性や認知性は下がるのでスマートフォンなどを使い慣れていない人にとっては極端に使いにくくなる場合が有りそうです。
    今のところ良さそうなアプリもなかなかないですし….
    コレばっかりはインターフェイスで決まるのだろうと思いますし。
    ちょうどいいのがないですね。。。
    インターフェイスが合えばかなりの在庫管理ができそうです。

    • とし
      とし says

      こういんぐさん、こんにちは。

      そうですね、デジタルの悩ましいところですね。
      でも、デジタルならではの良さもあるので、良いインターフェースを探して工夫してみます。
      いいアイデアがあれば、こちらで紹介しますね。

      今後とも、fmjをよろしくお願いします。

  4. Pingback: 先手で行動すると、生活から仕事まで楽しくなります

  5. Pingback: 1ヶ月が過ぎました! | ファミリーマネジメントジャーナル

  6. Pingback: お母さんは心配性 ーチェックリストで安心をー | ファミリーマネジメントジャーナル

  7. Pingback: 楽しむということパート2 ~お買い物メモにお遊びを~ | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です