よしこ
Leave a comment

スキャナの活用、模索中です

こんにちは。よしこです。すっかり秋らしい気候になりましたね。

ここまでの2回の記事では、カレンダーやメールアドレスの共有による情報のシェアについて書いてきました。
すごくスマートに運用している印象をもたれたかもしれませんが、全然そんなことはありませんで、カレンダーに入力し忘れてしまったり、メールを見落としたり、ということもやっぱりあります。
それでも、顔を合わせる時間が少なめのわが家にとっては、言おう言おうと思っていて言いそびれる、ということのストレスが少しでも減らせているので便利な方法にはなっています。

さて、次はどんな便利情報をご紹介しようか・・・と考えていたのですが、正直、もう鍋の底がみえてきました(苦笑)。

なので今回は、まだスムーズに使えるようにはなっていないのですが、「こんな方法試してます」、というお話です。

 

プリント類の山・・・

2人の子どもが同じ保育園に通っていた去年までは、毎月の園だよりと給食献立表、クラスだより、それから保護者会関連の案内がときどき配られるだけでした。
それでも、なかなか整理できずに何ヶ月かに一度、プリントの束を整理してファイルする、という感じでした。2つ穴のA4バインダーが、2年で1冊パンパンになるくらいの量でした。

それが、息子が小学校に上がった今年からは・・・
毎日のように、連絡袋に入って持ち帰られるプリントたち、毎月の学校だよりと学年だより、給食献立表は保育園時代とさほど変わりませんが、これに加えて、PTAからの案内やら、今度こういうノートをもってくるように、とか、「通知表を配る日にはA4クリアファイルを持ってきてください」とか「いや、クリアファイルはクラスにあるので要りません」とかとか・・・

とにかく、日々の伝達事項がいろいろプリントされて配られます。たぶん平均1日1枚以上はあります。
はじめはこれにパンチで穴をあけて、保育園時代と同じようにバインダーに閉じていたのですが、入学から3ヶ月でもうバインダーはパンパンです。
このまま行くと単純計算でも年4冊、6年間では24冊になってしまいます(><)

 

情報は捨てずに整理したい

わたしは欲張りなタチなので、もらったものを処分するのはもったいない、あとで見返すこともあるかも、と思って、なんでもとっておきたがります。地域の情報誌なんかも、ご近所のステキなお店、ぜひ一度行ってみたいわ、と。
夫もどちらかというとそういう感じで、結婚当初、関心をもった新聞記事のスクラップをしようとしていて、でも手が回らずに何か月分もの新聞を溜め込み、大ゲンカに発展したこともありました(苦笑)。

こんな夫婦なので、必然的に書類は溜まりがちです。しかも、整理上手でもないので、どんどん山積みになっていく紙をみてはイライラモヤモヤまでも溜め込んでしまうのです。

同じく共働きのお友達のおうちに招かれてビックリ、そこはすべてモノがしまわれていて、何も外に出ていない。あぁこれだったらお掃除もラクだし、快適だろうなぁ、とため息がでます。共働きだから片づかなくて~は言い訳にならないなぁ、とショボン。

ところが、そこのご夫婦はとにかく何でも捨てる、のだそうで、プリント類はもちろん、子どもの作ってきた作品やこの間使い終わったばかりのノートも何もかも、用が済んだら(いや、たまにフライングもあるみたいで、そんな連絡あったっけ?と聞かれたこと数回)すぐに捨ててしまうのだそうです。

なるほど、全部捨ててしまえばすっきり片付いて、いつもさわやかな気分で過ごせるかもしれません。
でも、わたしは、保育園で先生に作ってもらったメダルを何度もかけたがる娘の姿をみて微笑んだり、息子のこくごのノートを見返してひらがなの上達ぶりにニンマリしたり、張り切って参加したセミナーの資料を見ながらその頃の熱い想いを思い出したり、そういうことも大事にしたいのです。

 

スキャンして保存してみる

職場では、報告書などの提出書類を、プリントした紙ではなく、電子ファイルで投稿したり、保存したりする機会が多くなっています。メーカーの教育セミナーの資料も、自分のメモごとスキャナで取り込み、関係者の見えるフォルダにおいて自由に閲覧できるようにしています。

うちでも同じようにすれば少しは書類が減らせるかも?と思い、まずはじめたのは、iPhoneで撮影して写真として保存する方法です。
撮った写真をPDF化したり、ゆがみを補正してくれるようなアプリもあるので、結構使えます。毎週ほとんど欠かさず発行される(これは本当にありがたいことで、クラスの様子を写真入りで紹介してくださっています)クラスだよりを保存していました。

その方法だけでは飽き足らない部分も出てきて、この夏には、ポータブルタイプのスキャナを購入し、使い始めています。

わが家で使っているのはコチラ、ScanSnap S1100 です。
レシートを取り込んで家計簿の計算をしてくれるソフトもセットされていて、まだうまく使えていませんが、結構いろんな手間が軽減されるんじゃないかなぁと期待しています。

このタイプは、1枚ずつ紙を挿入しなければならないので、ちょっと面倒(もう少し上の機種になると自動でできます)ではあるのですが、これが逆によい効果をもたらしている面もあることに気づきました。
ひと手間かかる分、ただ何でもかんでもとっておくのではなくて、後で必要になりそうな保存しておく価値のあるものかどうか、ざっと判断して、書類を減らせているのでした。

 

スキャンした書類は、学校や保育園の月間計画など外で参照できると便利なものは、夫も閲覧できるように共有しているEvernoteのノートブックに入れておき、保存しておけばよいものは、自宅のPCのフォルダにおいています。

先日は、2012年に届いた年賀状をスキャンしました。家族に来たもの、夫宛、わたし宛、と簡単に分けて、ひたすら両面をスキャン。

まだまだ整理下手ではありますが、まずはこれ以上書類を増やさないように、残しておきたいものはどんどんスキャンして、必要なときにすぐに参照できるようにしていこうと思っています。

お子さんが持ち帰ってくるたくさんのプリント、みなさんはどのように整理されているでしょうか。
名案を募集中です。ぜひお気軽にコメントなどください。

編集後記

前回、マンションでのハロウィン交流会のことに触れました。わたし達家族が暮らすのは、50戸に満たない中規模マンションで、ファミリー世代からご隠居世代まで、幅広い世代の方が入居しています。
昨年は震災や大きな台風があり、地域の結びつきの重要性を以前より強く感じるようになりました。名前と顔がなんとなく一致するくらいの触れ合いがあってもいいなぁ、とふと思い立ち、呼びかけのポスターを貼ってみたのでした。

今年も楽しみにしてくれている方がいると聞き、企画しました。来週はいよいよイベント本番です。今回もうまくいくことを祈りつつ、わが家もかわいいオバケを迎える支度をしています。

Filed under: よしこ

by

大阪出身、だんだん東に来ています。家族は、夫と3人の子ども(男・女・男/2005・2010・2013年生まれ)。夫婦共働きで、家事も育児もなんでもこいの夫のおかげもあり、理系研究職を続けています。時間管理や手帳術、ライフハックに興味はあれど、なかなか実践できていません。ここに参加することで、今より少しでも、有意義な時間が過ごせるようになって、家族のハッピーな笑顔が増えたらいいなと思っています。twitter ID; @keimiesoumom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です