アキヅキダイスケ
comment 1

育児は楽しいかね?

「育児は楽しいかね?」

いいえ、たぶん楽しくないです。少なくとも私は。子育ての大部分はちっとも楽しめません。
楽しくなくてもいいと思います。
楽しいとか、楽しくないとか、問題にしません。
とにかくやるんです。
育児、子育てはそういうものだと思っています。
楽しいか?という問いそのものを止めないといけません。そんなことを考えています。

イクタノ!じゃなくてもいい

育児(子育て)を楽しもう、というかけ声は、どうしても育児を楽しむことができないお母さんにプレッシャーを与えてしまいます。
これは、

子どもをかわいいと思わない親はいない

という紋切り型のキャッチフレーズも同様です。
こういった言葉に対してプレッシャーを受けてしまうお母さんは少なからずいると思います。
お父さんはどうでもいいです。楽しめなくても逃げ道があるからです。

繰り返しますが、私は育児を楽しめません。
でも、育児をやっています。
「やらなければならない」と義務的に思う必要もありません。
淡々とやるだけです。

もちろん、育児を楽しんでいる人はそれで全く構いません。楽しめるのであればそれに越したことはないですから。
言いたいのは、育児が楽しめなくても自分を駄目だと思う必要はない、ということです。

今日は短いですが、大事なことだと思っていますので、あえて短めのまま投稿します。
こういったちょっと後ろ向きな記事がかえって誰かの気持ちを底支えすることがあると思っています。

【編集後記】

ちょっとfmjのネタが息切れ気味でもあります。五月病みたいな状態かもしれません。

Filed under: アキヅキダイスケ

by

子育てサラリーマンブロガー。妻一人、子ども三人。著書『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』(C&R研究所)。Android使い(GALAXY Note II、Nexus 7)。ライフハック、GTD、トラベラーズノート、測量野帳、MacBook Air。文学部出身、夏目漱石『草枕』。音楽は1990年代のロック中心でできています。

1 Comment

  1. Pingback: 子育てにモチベーションは不要? | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です