とし
comments 5

感謝は響きあう


photo credit: 足成

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

わたしが好きな落語の演目に『里帰り』という噺があります。

どういう内容かと言うと…

 

ある老夫婦のもとに、嫁いだ娘が突然一人きりで帰ってきます。老夫婦が問いただすと、姑のひどいいびりに耐えかねて家を飛び出してきたそうです。老夫婦は娘に帰るように諭しますが、「帰るなら姑を殺す」と言い放ちます。

そこまで思い詰めているならと、父親が袋に入った白い粉を渡し、娘に言います。「これは、ひと舐めで即死する薬で、しかも証拠が残らないんだ。」「それなら、早速姑を殺してくるわ。」とはやる娘に、父親は続けます。「今すぐ殺したら、仲の悪い嫁に疑いがかかる。そうならないように、これから帰って一年間は仲の良いフリをしろ。そして、世間から仲が良いと見られるようになってから実行するんだ。」娘は、一年我慢するだけでいいならと、喜び勇んで帰ります。

それから一年後。娘が振り袖を着て老夫婦のもとに帰って来ます。父が尋ねると、仲の良いフリをしていたら本当に仲良くなり、姑が振り袖を作ってくれたと言うのです。

 

このあとどんでん返しがあり、最後は見事な落ちで締めくくられます。最後がどうなるかは、ぜひ寄席やテレビなどでお楽しみください。

この噺の中で、父親が次のようなことを言います。

「思えば思われる、人間は、思いの持ち方一つでどうにでもなる。」

 

嘘から出た実

 

嘘から出た実、という言葉があります。『里帰り』の娘の行動は、まさにこの言葉通りです。姑を殺すという物騒な目的のために、嘘をついて姑に優しくします。しかし、その行動がやがて姑の心をほぐして実となり、娘に還ってくるのです。

そりゃ、できれば最初から実の方がいいとは思います。しかし、人間はいろんな感情があるので、そう簡単には行かないですよね。出だしは嘘でも、結果が良ければいいのではないでしょうか?

 

感謝は響きあう

 

さて、長い前置きでしたが、ようやくタイトルが出て来ました。なぜわたしがこのようなお話しをしたのかというと、わたしも『里帰り』と同じような経験をしたからです。

と言っても、姑を殺してやる!というような物騒な話しではありませんよ、念のため。

今では、わたしと妻はおしどり夫婦と言われるほど_言っているのは自分たちですが_仲が良いです。しかし、過去には何度も正念場を迎えたことがありました。正念場の内容については、『とし夫婦の長い長い戦い ーそのとき歴史が動いたー』をご覧ください。ごめんなさい、ウソです。

いつ頃からか記憶にありませんが、妻が頻繁に感謝の気持ちを表してくれるようになりました。洗い物や掃除などの家事をしたとき、荷物を持ったとき、醤油を取ったとき、というように、些細なことでも「ありがとう」と口に出して言ってくれます。

最初はこそばゆい感じでしたが、しばらくすると嬉しくなりました。不思議なもので、そうなると自分も妻に自然にお礼を言うようになってきました。さらに、お礼を繰り返していると、意識がそちらに向くからか、妻の心配りに良く気が付くようになってきました。

 

口に出すと事実になる

 

この体験を通じて、もう一つ感じたことがあります。

それは、『口に出すと事実になる』ということです。

わたしと妻の間では、お礼を言うのが習慣化しました。そうすると、疲れた時や機嫌の悪い時でもお礼を言えるようになってきました。わたしは子どもっぽいので、以前は機嫌の悪い時はなかなか素直になれなかったのに!

最初は、「機嫌が悪いけどいつも言ってるしまあ言うとこか」と、投げっぱなしジャーマンスープレックスくらい投げやりな気持ちで言っていました。しかし、繰り返しているうちに変化が訪れます。なんと、お礼を言うと本当にありがとうという気持ちになるのです!

人間は、気持ち→行動だと思っていましたが、行動→気持ちもあるんだなと実感しました。

それ以来、わたしはなるべく悪い言葉を口に出さないように気をつけています。もし口に出す時は、なるべくいいように変換して口に出すようにしています。と言っても、つい口に出してしまいますけどね。

というわけで、わが家の恥をさらしつつ、感謝の大切さをお話ししました。なるべくわが家の恥の部分は忘れてください。

おあとがよろしいようで

 

編集後記

 

火曜日担当のとしです。

わたしは『里帰り』を『パタリロ師匠の落語入門』という本で知りました。パタリロが面白おかしく落語を紹介する本で、名前の通り落語入門にぴったりです。また、パタリロ本編でも、落語のネタを上手に使っているので、落語に興味のある方はぜひご覧ください。

それでは、引き続きfmjをお楽しみください。

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。