アキヅキダイスケ
Leave a comment

妻が指先を包丁で切りました〜育児疲れに注意

水曜日担当のアキヅキです。
既に先々月9月の話ですが、妻が包丁で指を切りました。包丁で焼そばの袋を切ろうとして左手人差し指の先を切ったらしいです。

  • 【教訓】包丁で焼そばの袋を開けてはいけません

要するに道具を本来の用途以外に使ってはいけないということです。焼きそばの袋を開ける時ははさみを使いましょう。


photo credit: H is for Home via photopin cc

Google先生がいまいち役に立たない

深く切っているためか、なかなか出血が止まりません。
Google検索するとYahoo!知恵袋のような質問サイトばかり出てきます。要するに素人の口コミです。みんな医療関係の質問で医者の意見ではなく、素人の口コミを参照しているんですよね。
これはちょっとよくない気がします。
もちろん医者は実際の患者を診ることが大事なので、ネットでの質問に安易には答えられません。それはわかります。しかし、現実に多くの人がネットの口コミを参照しているのでGoogle検索で上位にくるんですよね?
ワクチンの話題など、人がなぜ医者より素人の口コミの方を信じやすいのか、ちょっと興味があります。

Twitterに頼る

平行してTwitterにも【急募】で止血法を募集しました。
休日当番医を教えてもらったので、結局、病院に連れて行くことにしました。やはりプロに処置してもらった方が安心できます。私が先日、頭を怪我した時も後日、お医者さんに診てもらってようやく気分が落ち着きました。
当番医の整形外科が車で10分ほどの近所だったのはラッキーでした。
たくさんの人が色々教えてくれたのは心強かったです。Twitterって本当にいいですね(淀川長治さん風)。

Twitterではまた本物のお医者さんが有意義な情報をツイートしています。何名かフォローすることで、素人ながらも医療リテラシーをアップして、要らない不安が解消されることが期待できます。
子育て中の不安が大きいお父さん、お母さんにはGoogle検索より、Twitterで信頼できる医療関係者をフォローすることをおすすめします。たとえば、akizukidのリスト「medical」から何名か選んでみられてはどうでしょうか?
そして、日本脳炎ワクチンや不活化ポリオワクチンのニュースのようなことが起こったら、信頼できるプロはどのようにツイートしているか見ることができます。ニュースとはまた違った視点を得ることができるでしょう。

焼灼止血法になった

妻は整形外科で止血してもなかなか出血が止まらなかったようです。結局、レーザーで焼いて止血しました。「焼灼止血法」というやつでしょうか。映画『ランボー』を思い出しました。「怒りのアフガン」かな? 医療行為なので素人がやる止血法ではありません。

妻の家事力が半減

左手人差し指が包帯ででっかくなった妻の家事能力が半減しました。
しばらくは気分的にも落ち込んでいたようです。元々、怪我をほとんどしないからでしょう。
家事に自信を持っていたからこその凹みですね。

原因は育児疲れ?

怪我の原因はやはり育児疲れのような気がします。生後二ヶ月、夜通しの断続的な授乳などで最も疲労がたまる時期ではなかったでしょうか?
先日、私が頭を打って出血した際も、きっかけは妻が皿を落として割ったことでした。割れた音に驚いて急に立ち上がったから開いた扉に頭頂部をしこたま打ち付けて流血したのでした。それは私がよくないんですが、、、
そもそも家事力の高い妻は、滅多に皿を割りません。
そして、今回の包丁での怪我。
育児で疲れていたのでしょう。

疲れは取れません。母乳育児をしている限り、もうしばらくは疲れは抜けないでしょう。
であれば、疲れていることを自覚して、リスクのあるアクションを極力避ける必要があると思います。
初めての子どもであれば、丸一日家に籠っていることも可能だと思います。しかし、上の子どもがいれば、幼稚園に行ったり、小学校のPTA活動など車を運転して出かける必要があったりするでしょう。
大事なのは、「自分は育児で疲れているんだ」という自覚だと思います。
自覚することで、アクションが慎重になります。車の運転でスピードを控えめにするなど可能でしょう。
自分の状態をよく理解して、重大な事故などにならないようにしましょう。
そして、妻は夫に頼り、夫はできる限り妻を助けてあげるとよいでしょう。

【編集後記】

妻の指先は幸い回復可能なようでした。今では包帯も取れています。まだ指先に触ると神経がピリッとする感覚があるらしいですが。
私の頭の怪我もほとんど跡が無いようです。人間の回復力って素晴らしいですね。

Filed under: アキヅキダイスケ

by

子育てサラリーマンブロガー。妻一人、子ども三人。著書『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』(C&R研究所)。Android使い(GALAXY Note II、Nexus 7)。ライフハック、GTD、トラベラーズノート、測量野帳、MacBook Air。文学部出身、夏目漱石『草枕』。音楽は1990年代のロック中心でできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です