なお♪
comment 1

育児に認知行動療法を活用しよう (2)

CBT_memo

ナナコさん,3つのコラムで大発見。でも…

ほっほい!
こんにちは,ドクターなお♪です。
毎日の育児に家事に,それにお仕事していらっしゃる方も,お疲れさまです♪

「育児に認知行動療法を活用しよう」というテーマのこのシリーズ。

前回に引き続いて第2回目の今回も,認知行動療法に挑戦し始めたワーキングマザー,ナナコさんの様子を覗いてみたいと思います。
前回のお話はどうだったっけ? という方はこちらからどうぞ。

夫に教えてもらって,ナナコさんは3つのコラムに「状況・考え・気分」を記録することをコツコツ続けていました。

少しずつ慣れてきたところで,夫が「記録してるといろいろな気分になると思うけど,そのときのそれぞれの気分がどのくらい強いかを0~100の数値で記録するといいらしいよ」と教えてくれたので,それも実行に移すことにしました。

さらに記録を続けていくうち,ナナコさんはあることに気付きました。

状況 考え
(思考)
気分
(感情)
リビングに長男の靴下が脱いだまま いつも靴下脱ぎっぱなし!
どうして覚えてくれないんだろう?
イライラ 80
怒り 50
寝なさいと声を掛けても長男も長女も遊び続けていた 私の言うことなんていつも無視だ。
どうせ何を言っても聞く気がないんだろうな…
怒り 80
悲しさ 60
おもちゃがなくなったと言って,長男がいつまでも泣いた 片付けてないから,なくなるんだ。
でも,ちゃんと片付けかたを教えてやれてないかも…。
イライラ 50
落ち込み 50
長男が起きてきても「おはよう」も言わず,ごはんもなかなか食べ始めない あいさつの躾すらちゃんとできてない…母親失格だ。
朝は急いでいるってことも,もう何度言っても無駄な気がする…。
情けなさ 60
イライラ 40

…私,こどもたちが言うこと聞かないからイライラしてるんだと思ってた。でも,イライラしたり腹が立ったりしてたのは,自分がちゃんと子育てできてなかったからなんだ。

ナナコさんにとって,これは大発見でした。

でも,この大発見はナナコさんをとても悲しい気持ちにさせました。

ナナコさんはちょっと悩んでから,この気付きについて夫に打ち明けてみることにしました。

 

大切なのはここから!

ナナコさんが「私がイライラしたり腹が立ったりしていたのは,自分の子育てがうまくできていないせいだったと気付いたの…」と話すと,夫はちょっといたずらっぽい笑顔でナナコさんにこう言いました。

「もしかして,そんな考えにたどり着いてガッカリしてるかな? でも実はね,ここからがとても大切なんだ」

そりゃあ,これからわたしの育児を反省しなきゃいけないもんね…とナナコさんがさらに落ち込みかけたとき,意外な言葉が聞こえてきました。

「あのさ,『子育てがうまくできてない』って,ホントなのかな?」

…えっ? だって記録してみたら,「子育てができてない」って考えるたびに落ち込んでイライラしてたんだし,うまく子育てできてなかったってことよね…。

「ナナコのなかでは,こどもたちがすぐ動いてくれなかったり,約束を守ってくれなかったりしたら,そのたびに『私の子育てのせいだ』って思ってたのかもしれないね。でも,こどもたちが言うことを聞かない理由は他にはないのかな? 本当にナナコの子育てのせいって決まっちゃってるの?」

…こどもたちが言うことを聞かないのは,私の子育てのせいじゃないかも,ってこと? いや,やっぱりきっと私のせい。でも,もしそうじゃないとしたら…。そんなことってあるのかな?

「ちょっと待ってて。メモを取ってくるから」

混乱しているナナコさんに夫はそう言い残して部屋を出て行ったのでした。

~ 編集後記 ~

月曜日担当のなお♪ です。
今回もナナコさんが認知行動療法を身につける過程を覗いてみました(繰り返しますが,ナナコさんは架空の人物です)。夫に教えてもらって3つのコラムに「状況・考え・気分」を記録をつけ始めたら意外な発見があって,でもその気づきにガッカリしてしまいました。でも,認知行動療法が力を発揮するのはこれからです。ナナコさんはこれからどんな取り組みをしていくことになるでしょうか…? どうぞお楽しみに♪ 次回は11月26日登場予定です。
引き続き,ファミリーマネジメントジャーナルをお楽しみください♪

Filed under: なお♪

by

児童精神科の勤務医をしています。児童思春期の心の悩み,発達障害支援,特別じゃない特別支援教育,育児支援,ワークライフバランスに興味があります。夫と小学生の息子との3人暮らしのなかで,私自身も母親としてあれこれ悩みながら日々育児に奮闘中です。子育ての負担やストレスはできるだけ軽くしたいし,せっかくならこどもの育ちを楽しみたいし,でもこどもの心はしっかりたくましく育てたい…と欲張りな願望をもっています。こちらでは,子育てが少しでも楽になるような考えかたやコミュニケーションのとりかたについて,迷ったり気付いたりしたことを中心にあれこれ書いていきたいと思います。

1 Comment

  1. Pingback: 育児に認知行動療法を活用しよう (3) | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です