蓮花
Leave a comment

冬の食養生

こんにちは、蓮花です。

寒い冬も、食養生で元気に乗り切りたいですね。

 

まずは、温める

四季の中でいちばん気温が低い冬は、体の中からも外からも温めることが重要です。
体温が低下すると、血液の循環が悪くなります。
臓器の働きは悪くなるわ、免疫力は下がるわ、いいことナシです。
一にも二にも、まずは温めましょう。

 

体を温める食べ物

【野菜】
かぶ、ねぎ、かぼちゃ、にら、にんにく、しょうが、赤とうがらし
やはり根菜ですね。土の中で育った野菜は、温性のものが多いのです。
積極的に食べて大地のパワーを体に取り入れましょう。

【種実類】
くるみ、栗
くるみは肺を潤すほか、寒さに弱い腎臓を温める効果があります。
栗は胃腸と腎臓をやさしく補ってくれます。ただ、便秘の場合は少なめに!

【肉・魚介】
鶏肉、羊肉(ラム、マトン)、えび、鮭、かつお、さば、いわし
産後ママの味方・鶏肉は、冷え対策にもなります。
羊肉は、日本ではなかなか手に入りにくいかもしれないのですが‥
でも猛烈に温めてくれます。真冬の中国で実感しました。
最近では、大手通販サイトなどでの扱いも増えてきて、小分けでの販売もあるようです。
「ジンギスカン、肉」などのワードで検索すると、たくさん出てきますよ。
鮭はお腹を温めてくれます。かつお・さば・いわしは、お腹を温めて気力を補います。

【その他】
もち米、シナモン、紅茶
もち米は、体力が落ちて風邪をひきやすい時などに効果があります。
紅茶などの茶葉を発酵させたお茶は、温める力が強いのです。

※ひとつ、注意点
しょうが、シナモン、とうがらしは、確かに温めます。
でも、漢方薬に使われる際は「温めて汗を出す」ために配合されるのです。
有名な葛根湯にも、しょうがとシナモンは入っています。
温める性質は持っていますが、後で汗をかくかもしれない、ということは覚えておいて下さいね。
なので、風邪のひき始めなどには、とても効果があります。
熱い紅茶に、しょうが、シナモン、蜂蜜を入れて飲んでみて下さい。
味もおいしいし、手軽に用意できていいと思います。

 

外からも温める

ここでちょっと番外編。冬の服装について。
昔から言われることですが、やはり「頭寒足熱」。
寒さに弱い腎臓は、体幹部の下のほうにあります。
それだけに、下半身の冷えの影響を受けやすいのです。
下半身に多く着込み、上半身は少な目くらいがちょうどいいバランスです。

特に、暑がりの人。どんなに暑く感じても、冬の体はそれなりに冷えてます。
暑がりさんから見たら非常識なくらい、下半身は厚着が重要です。そのかわり、上半身は薄着でOK。
そのうえで気になる部分を、マフラーや手袋や帽子などでピンポイントに防寒しましょう。

 

 

生命エネルギーを高める

暖房なんか無くて、世界がもっと寒かった頃。
もしかしたら、動物はみんな冬眠してたのかもしれません。
それくらい、冬の体は省エネモードに入ってしまいます。
強い生命力を持つ食材で、パワーを補いましょう。

 

生命エネルギーを高める食べ物

【豆類】
黒豆、大豆、小豆、いんげん豆、納豆
豆は「次の命」を内包した食べ物なので、生命パワーの宝庫です。
更に、水の代謝を高めてくれる効果もあります。
ただ消化があまり良くないので、食べ過ぎないようにして下さい。
小さい子供は特に注意です。

【種実類】
くるみ、ごま、栗、ピーナッツ
秋の食材から、何度「くるみ」と書いたことでしょう。
そのくらいパワーのある食材だということですね。
ナッツ類も豆同様「種」なので、生命パワーを持っています。

【魚介・海藻】
しじみ、あさり、かき、わかめ、昆布、海苔、えび、小魚
根菜が大地のパワーを持っているように、魚介類は海のパワーを持っています。
同時に「水」と仲良しで、体の熱を取る作用もあります。
温かいスープや鍋物、油で炒めるなどして「陽」の性質をプラスして摂りましょう。

【その他】
卵、長いも、旬の野菜・果物
卵は文字通り、次の命そのものです。
コレステロールが心配されがちですが、1日10個とかでなければ大丈夫だそう。
長いもは漢方薬にも配合されるほどパワーを持つ食材。
消化器、呼吸器、泌尿器をやさしくいたわります。
根菜を中心に、白菜、みかんなど、冬に旬を迎える野菜や果実はたくさんあります。
この寒い時期に実りを迎えるなんて、相当なパワーの持ち主に違いありません。
今しか会えないおいしさをしっかりいただいて、冬の体にパワーを与えましょう。

 

 

編集後記
真冬の中国でいちばん人気は、火鍋。
生薬が溶け込んだスープに、薄切りの羊肉をくぐらせていただきます。
スーパーには、その為の薄切り肉を売っています。
グラム100円くらいで買えるので、カレーや炒め物によく使いました。
本当に、食べるとすぐ温まるんですよ。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です