ナカシン
Leave a comment

子供の気付き、大人の気付き

medium_9349152
photo credit: quas via photopin cc

ほら、葉っぱの上に大きな水玉が乗ってるよ。

夜に降った雨が乗っかってるんだね。

おひさまの光が反射してキラキラしているね、ほら、ここは虹みたいになってるよ。

不思議だね。
どうして水がコロコロになるか、どうして雨が降るのか、どうして光が虹色になるかわかるかい?

3歳の君には説明するのも大変だ。

小学校に入って理科の勉強をすれば、少しずつ学んでいけるさ。
でも、パパも少しずつ教えてあげる。 この世界がどんな仕組みになっているかをね。

君にとっては全てが新しい発見だ。

目に入る全てのこと、不思議に思ったことは全部パパに聞くといい。

パパが知ってることは全部教えてあげる、知らないことは一緒に調べよう。

この世界はね、パパでも知らないことが一杯なんだ。

だから二人で不思議なことを沢山見つけて、それが何なのか一緒に考えよう。

 

■これは何か?

GTDという仕事術では、先ず、気になる事に対してこれは何か?という問いかけをします。

このGTDについては、fmjメンバーのアキヅキさんがこちらの記事で紹介されていますので参照してください。

子育てに忙しい父親、母親のためのシンプルGTD | ファミリーマネジメントジャーナル

私はこの「これは何か?」という問いかけが好きで、自分が知らないこと、たとえ既に知っている事に対しても、この問いかけを忘れないよう心がけています。

なぜなら、仕事とは関係ない日々の生活の中でも、この問いかけを行うことで

・気になったことをそのまま見過ごさない

・既に知っている事柄を別の視点から見ることが出来る

などの効果があるからです。

 

■こどもの問いかけ?

最近は少なくなりましたが、3歳になる子供が少しずつ言葉を覚えていくなかで、毎日頻繁に、本当にしつこく

「これって?これって?」 と聞いてきました。

そのたびに「クルマだよ」「ネコだよ」「数字の9だよ」「ママのお尻だよ」と答えてました。

彼にとっては、全ての物に名前があるということが大発見だったのでしょう。

この「これって?」という問いかけはGTDの「これ何か?」と同じで、この問いかけを通し、日々発見する新たな気づき、様々な気になることをから、世界についての仕組みを学び、知識を深めていくのだと思います。

これから先、子供からの問いかけはどんどん難しくなり、時には大人でも答えるのが困難なものも出てくるでしょう。

その時には、自分も一緒に「それは何か?」と振り返り、知らないことは一緒に調べ、知っていることは別の視点で考えてみたいと思います。

 

■やさしさに包まれたなら

話は少し変わりますが、3歳になる息子はジブリのアニメが大好きで、ほぼ毎日何かを見ています。

多い時には、一日にラピュタ三回とか、ナウシカ→ラピュタ→魔女の宅急便などのジブリメドレーに付き合わされます。

もういい加減にして欲しいと思うこと度々です(苦笑)

今日の記事とも関連しますが、そのアニメの一つ、魔女の宅急便のエンディングテーマ(やさしさに包まれたなら)にとても好きなフレーズがあります。

カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の

やさしさに包まれたなら きっと

目に写る全てのことは メッセージ

日々の生活で仕事や育児に追われていると、目の前の小さなことを見逃してしまいがちです。

でも、子供が毎日新たな発見をするよう、自分も「これは何か?」と問いかけるのを忘れず、毎日なにか新しい気付きを得たいなと思うのです。

編集後記

隔週木曜担当 ナカシンです。

先週、震災復興支援関連の仕事で岩手県に出張してきました。
宿泊したのは、海岸から直ぐ脇に新しく出来たホテル。いや、ホテルと言うよりは民宿に近い感じかもしれません。

たまたま朝食を食堂のオバちゃんと食べたのですが、そこで働く皆さんはみな震災による津波の被災者で、目の前にあった家も流されてしまったとのことでした。

仮設住宅にはあと5年は住まなければならないと、ヤキモキしながらも、新しく出来たホテルで働くことが出来て本当に良かったと、本当に嬉しそうでした。

さぁ、自分も頑張らないと!と気合を新たにした次第です。

Filed under: ナカシン

by

妻と4歳になる息子、2012年7月に産まれた娘の四人家族。 GTDをベースとしたタスク管理、フォトリーディング、NLPに興味あり。 子育ては毎日が試行錯誤。育児は育自を目指して頑張ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です