G-mom(ジーマム)
Leave a comment

自分管理を目指して:2013年は、ほぼ日手帳オリジナル

 

今日は金曜日♬ Gmomです。

みなさん、手帳はどんな使い方をしていますか?

今回はfmjメンバーの手帳の使い方シリーズ。

私の手帳の使い方をご紹介します。

 

iPhone以前の長年使っていた手帳は持ち歩き重視

私がiPhoneを手にするまでの10年間近く使っていた手帳はこちら。

 

小さくて、携帯しやすいもの。持ち歩き重視。

A6サイズの見開きで2週間タイプ。

その手帳の使命は簡単。

「未来の予定を忘れない様に書いておくもの」でした。

 

iPhoneを手にしてから不要になってしまった紙の手帳

 

iPhone を手にしたのは2009年。

それからの3年間はGカレンダーとiPhoneアプリ・Refillsを使うようになり、

紙の手帳の出番は無くなってしまいました。

 

いつでもどこでも手の中にあるiPhoneに自分の手帳機能がある事は

とても安心で、便利でした。

でも、スケジュール管理以外にも手帳の機能を使おうと思ったとき

もう一度、紙の手帳を使ってみようと考え始めました。

 

 

そして2012年春から使い始めたのが「ほぼ日手帳・カズン」

 

紙の手帳に切り替えたのには、いくつか理由がありました。

1. 生活のパターンが変わり、自分の時間管理(記録)をする必要が出て来た事。

2. タスク管理を知り、PCと平行してタスク管理を手帳でもしたいと思った事。

3. 目標や浮かんだアイディアなどを書き留めて、残しておけるものが欲しいと思った事

4. PCやiPhone、iPadと、すべてをデジタルに頼ってしまい、文字を書く事が激減したので
生活の中に手書きをする事で得られるものを見失っている様な気がいつもしていた事。

5. ほぼ日手帳を使うすごい人達に、単純に憧れた♬

 

そんな訳で、ほぼ日手帳のカズンを購入したのが2012年、春。

 

手に取ってみると、一日1ページという、ほぼ日手帳の大きな空白に

何を書こうかと、ワクワクしたのを覚えています。

ほぼ日手帳(Wikipediaより)

http://ja.wikipedia.org/wiki/ほぼ日手帳

ほぼ日手帳(ほぼにちてちょう)とは、発行人糸井重里
発行所「ほぼ日刊イトイ新聞(略称:ほぼ日)」の手帳ダイアリーである。
2002年版から毎年発売されている。

 

ちなみに文庫サイズのオリジナルという、A6サイズと悩んだ結果

たくさん書く事を目標にカズンに決定。

ほぼ日手帳、本体のみ購入。

カバーは革製品のお店、ポルコロッソで購入しました。

 

 

ほぼ日手帳・気に入った点

 

・紙質が軽くて好き

・方眼が書きやすくて好き

・パタンと180度開くので、書くときにストレスがない

(今までのシステム手帳はリングに手があたると嫌だった)

・ベースの印刷の色が薄いので、ごちゃごちゃした感じがなくて好き

 

 

現在の使い方

 

年間・月間ページ・予定記入

予定の入っている日をパッと見た感じでつかめるように
打ち合わせなどで、予定が入るととりあえずこのページに
書き込むか、付箋などで記録しておき、後から書き込む。

(↓クリックで写真を拡大出来ます)

 

 

週間ページ・スケジュールとタスク

こちらは予定のページ。毎朝、本日の予定と、自分で決めたスケジュール
「1時〜2時:ブログ書く」等、仮の目標を立てるページ。
スケジュールを時間単位で、「今週やるタスク」も記入。

(↓クリックで写真を拡大出来ます)

 

 

一日ページ・目標と実績、反省と感想

実際の作業や行動を記録。実際の行動が目標に向かっていたかを振り返り記入する。
思いついたアイディア、行動の元になった出来事を記入しておく。
上部にタスクを記入する箇所があり、週間ページからその日に出来そうな
タスクを転記。出来たものにはチェック。
日記的な事もこのページに。

充実の満載ページの日もあれば、ぽっかりと空白になってしまう日も・・・
一目で、サボり具合がわかるので怖い。

(↓クリックで写真を拡大出来ます)

 

 

そして、2013年は?

 

来年の私の手帳は「ほぼ日手帳オリジナル」を購入済み。

12月から使えるので、カズンから上手く乗り換えられるか

しばらく検討する予定。

 

 

カズンからオリジナル、変更の理由は

 

カズンの重さ。ポルコロッソで購入した革カバーとあわせて700g。

これはとても重たい。バッグの中でもかさばってしまう事が

重荷になって来た事が一番の理由。

 

 

左はオリジナルA6サイズ 右はカズンA5サイズ

大きさはちょうど半分。大きさの迫力が違います。

書き込める量も半分以下になってしまう為、

不足を補う為に補助のノートにモレスキンを導入。

2冊に分け、使い分ける事にしてみました。

 

ほぼ日手帳オリジナルのカバーは革で自作してみました。

詳しくは、私の個人ブログで報告しています↓

【Gadget Mom】付きの革カバー、自作してみました!:ほぼ日手帳オリジナル

 

2013年新年は、ほぼ日手帳オリジナルで始動します♬

 

 

筆記用具

手帳に使う筆記用具の条件は、書き直せる事。

色分け出来る事。

そんな理由で選んだのはフリクション3色ボールペン

 

その他の必須アイテムはインデックスと、付箋。

 

手帳を使う目的は自分管理

 

時間の使い方が下手な私は、放っておくと一日ダラダラと終わらせてしまいます。

出来るはずの事も、時間が足りなくなってしまう。

それは、集中出来ていなかったから、というのは手帳でその日のレビュー をすると

残酷なまでにわかってしまいます。レビューさえ出来ない日も・・・

それを日々確認する事、それが私が手帳を使う理由。

 

2013年の手帳にはどんな私を記録する事が出来るのか?

楽しみです。

 

〜編集後記〜

 Gmomです♬

 

時間の使い方、大切だな〜と最近実感します。

私の場合特に、頭が働く時間と、働かない時間がはっきりしている

からかなと思います。朝の時間は、不思議といろいろな事を新鮮に

とらえられる様な気がします。新しい気づきとか。

その反対に、アイディアを煮詰めようと考え事をする時、朝よりも

夜の方が集中出来る気がします。

でも、うっかりすると、頭の働く時間にぼんやりとネットを回遊してみたり

眠くなる時間に本を読んで寝落ちたり・・・後悔する事もしばしば。

そんな事が減るように、それぞれの時間に、それぞれの向いている作業を

割り振る事が出来たら充実した時間を過ごせるのではないかと思っています。

出来ない日も、たくさんあるけれど、そんな出来なかった日も意識して生活したい。

そんな事を目指して、手帳で時間と作業の管理、振り返りをする事は

大切な作業になっています。

 

 

 

 

 

 

Filed under: G-mom(ジーマム)

by

大学生の息子2名、末っ子に高校生の娘1名を持つ普通の母。振り返れば親子で泣き笑いの育児でした。「楽しかったけれど、無駄に悩んだり迷ったりした事も多かったなぁ…」という経験から、今を頑張るパパやママに、もっと育児を楽しんでもらえるよう、失敗談含めシェアできたらと思っています。 幼稚園勤務経験あり。地域の育児サポートに参加しています。質問大歓迎!お待ちしていま〜す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です