マロ
comment 1

ぼくの手帳遍歴


photo credit: Paul Watson via photopin cc

隔週日曜日担当のマロです。

fmjメンバーの手帳シリーズ。今日は僕の手帳遍歴について書いてみたいと思います。

始まりは

手帳の使い始めは学生時代だったでしょうか
友達と遊びにいく予定と住所や誕生日くらいしか書くことはありませんでしたが、手帳使っていました。使っていたのはミスタードーナッツのスケジュールンでしたね。
でも、年始の勢いはいいのですが、年末まで続かず・・・・・。

社会人になってから

社会人になった当初は会社支給のダイアリーを使っていましたがいわゆるウィークリー型だったので、先の予定の俯瞰しづらく仕事量の多さからどうにかしないといけないなと感じてました。

その時に出会ったのは超整理手帳でした。
ご存知の方も多いと思いますが蛇腹形式の一続きにつながっていることが特徴の手帳です。

数週間先が見通せるのがなんとも使い勝手がよく、A4のフォーマットだったので資料を挟み込んで使ったりしていました。
基本は挟み込む手帳なので、会社の休日に合わせたスケジュールシートを自作して楽しんでいましたね。
ちなみに自作していたシートはExcelを使ってこんな形のものを作ってました。

A4サイズ1枚で2週間分なので27枚つなげて使っていました。ちなみにシートレイアウトは僕の好きなプロダクトデザインプロジェクトD-BROSCreator’s Diaryを参考にさせてもらいました。Creator’s Diaryも同じく蛇腹の手帳で、僕も使ったこともあります。モレスキンのラージサイズとぴったり同じなので、とっても相性が良かったです。

 

一方で困ったことは蛇腹という形式、蛇腹だからしょうがないのですがパッと開いた拍子に長いシートがだぁーと広がってしまうことも。南京玉すだれのように即座に元の状態に戻せる特技を身につけつつも使いにくくなってしまうこともありました。

奥さんとお揃いの

次に出会ったのはクオバディスという手帳。これはうちの奥さんの愛用の手帳でした。
うちの奥さんは意識することなくナチュラルにタスク管理ができている人です。
その奥さんが使っているのだからきっと使いやすいのだろうということと、僕自身も同社が出しているRhodiaのメモ帳のヘビーユーザーだっだこともあり、使い始めました。

使ったのはクオバディスのエグゼクティブ。
あの正方形の形に惹かれました。ちょっと大きいのが難点だったけどバーティカル形式はとてもなじみよく使ってました。

奥さんとお揃いだったのもよかったのかもしれません。

スケジュールを書くことが多いのですが、この時になって自分の使い方だとスケジュールって実はそんなにないということに気づきました。
定例の会議と月間の締切がいくつか、後は打ち合わせ。
そうなると余白がたくさんすぎるのです。ああっ空白が・・・つらい。

スケジュールが埋まっていないことはいいことなのに、空白がつらいとは矛盾してますね。

その後

結局、超整理手帳でスケジュールを管理し、クオバディスのバーティカルを利用してその日のメモをとるというなんだかよく分からない運用の日々が続くことになります。
クオバディスの紙質も気に入っていたし、超整理手帳も4週間単位ならA4の大きさなので広がっちゃうこともないしで割と安定して使えました。
荷物が多くなってしまうということはありましたが、普段から荷物が多いので誤差範囲でしたね。

そうこうしているうちに世の中はiPhoneやAndroidなどのスマホが登場してgoogleカレンダーなどのクラウド環境に繋ぎやすくなり、一気にデジタルでの管理が広まってきました。

が、僕はスマホを使うことなくアナログな手帳で管理を続けていました。
あの相棒がくるまでは(・・・長くなったので次回につづく)

編集後記

12月に入りもう皆さんの手帳は切り替えが始まったころだと思います。
手帳の種類も多くなり、いろんな特徴をもった手帳がたくさん。
それぞれの手帳にはいろんな考えがあって特徴をもった形式になったんだろうなと思います。
その背景を考えたり、仕事の仕方を垣間みたりするのが楽しみです。
僕の今年の手帳は、今までとは違うものにしてみました。
さて、この運用がどうなることやら。

Filed under: マロ

by

隔週水曜日担当のマロです。 みんなで楽しく働くことを望むものづくり系会社員であり、2012年に男の子が生まれたばかりパパ初心者。 GTDやライフハックに興味があり、時間や気持ちに余裕を作るため日々工夫しています。 好きなことはものづくり。工作も好きだし、得意のExcelや覚えたてのプログラムでちょっとしたものを作るのも好きです。 仕事に生かしてきたタスク管理を育児にも役立てられないか。 現在進行形で挑戦していることを発信していきます。

1 Comment

  1. Pingback: ぼくの手帳遍歴(後編) | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です