とし
Leave a comment

声で思い出を切り取ろう。Evernoteで音声メモしませんか。


photo credit: PAKUTASO

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

以前、こちら↓の記事の編集後記で触れた、Evernoteの音声メモについて紹介します。

 

わたしと手帳パート2 ー記録っていいねー | ファミリーマネジメントジャーナル

 

音声メモって?

 

その名の通り、音声をメモとして保存する機能です。ICレコーダーやボイスレコーダーと同じようなことができます。iPhone単体でメモすることができるのでお手軽ですね。

音声メモをとるなら、iPhone標準のボイスメモアプリもあります。しかし、わたしはEvernoteをオススメします。

なぜなら、Evernoteにいれておけば、iPhoneでもパソコンでもどこでも聞けるからです。また、Evernoteならテキストや写真と一緒に保存できるので、音声メモに彩りを添えることができます。

 

音声メモってどうやるの?

 

それでは、実際に音声メモをとる手順を紹介します。

↑まず、Evernoteアプリを起動します。そして、画面右上の+ボタンをタップします。

↑新しいノートが作成されるので、マイクボタンをタップします。すると、音声メモが開始されます。

あとは、楽しくワイワイ騒いじゃいましょう。別のアプリに切り替えても音声メモをとり続けるので、ついでに写真を撮るのもいいですね。そして、終わったら完了ボタンをタップします。

↑そのままでもいいのですが、せっかくなので少し手を加えてみましょう。例えば、タイトルを入れてみたり、写真を入れてコメントを書き込んでみたり。

これだけで、あとから振り返った時に盛り上がること間違いなしです。

あなたも、クリスマスや忘年会やお正月のイベントを、音声メモで切り取ってみませんか?

 

おまけ

 

iPhoneだったら動画も撮れるのに、なぜ音声メモ?と思われるかもしれません。

わたしが音声メモをオススメする理由が二つあります。

 

  • 1.容量が少ないこと。
  • 2.手が空くこと。

 

iPhoneで動画を撮ると、2分ほどでも150MBくらいの容量になります。しかし、音声メモだと2分でたったの200KBほどです。最近はHDの容量も増えてきましたが、750倍の差は大きいです。

また、動画を撮る時は、iPhoneを構えていないといけません。そうすると、撮る人は少し離れた場所で撮ることに集中する必要があります。しかし、音声メモなら近くにiPhoneを置いておけばいいので、とる人も盛り上がりに参加しやすくなります。

 

編集後記

 

火曜日担当のとしです。今回紹介した音声メモをとり始めたきっかけは、このイベントでのネタフルのコグレマサトさん(@kogure)の講演です。沖縄旅行や家族の様子を音声メモにとっていることを、楽しそうにお話されていて、いいなと思って始めました。そのあと、そういえば出産に立ち会った時の音声CDを、産婦人科からプレゼントしてもらったことを思い出して、久しぶりに聞いてみました。妻とわたしの意外にのんびりしたやり取りを聞きながら、当時のことを思い出してにまにましてました。声だけでもその情景が目に浮かぶものだなあ、と改めて感じました。

今年のわたしの記事は、今回でおしまいです。忘れもしない2012年9月16日から始まったfmjは、あなたのおかげで無事に年を越すことができます。一足早いですが、良いお年をお過ごしください。

2012年12月18日 感謝を込めて ーとしー

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です