reynotch
comments 4

子どものスマホ利用について、親が知っておくべきこと〜後編

こんにちは。『I believe in technology』というブログを運営している@reynotchです。

「子どものスマホ利用について、親が知っておくべきこと〜前編」では「スマホ知識」について述べてきました。

子どものスマホ利用について、親が知っておくべきこと〜前編 | ファミリーマネジメントジャーナル

スマホの機能、スマホを取り巻くサービスについては十分ご理解いただけたでしょうか?

後編となる今回は、「スマホリテラシ」について解説します。

「スマホリテラシ」とは?

一般に「リテラシ」とは「読み書きできること」という意味で、そこから転じて「教養」といった意味で用いられるようになりました。

この「リテラシ」は時代とともにバリエーションが増え、最近ですと、メディア・リテラシ、コンピュータ・リテラシ、ITリテラシといった言葉をよく目にします。これらは、それぞれ、メディア、コンピュータ、ITを『正しく』使いこなす能力のことを指します。知識だけではなく、その知識を元にトラブルを引き起こすことなく『正しく』使いこなす能力、それが「○○リテラシ」です。

実は、「スマホリテラシ」という言葉があるわけではありません。今回の記事を書くに当たり、私が勝手に作りました。でも、意味は前述の「○○リテラシ」と同じです。つまり、スマホをトラブルを引き起こすことなく『正しく』使いこなす能力のことです。

なぜ「スマホリテラシ」が必要なのか?

単純にスマホを使うだけであれば、「スマホ知識」さえあれば十分です。では、なぜ「スマホリテラシ」が必要なのでしょうか?

これは、前編でも述べていますが、実際にスマホに関連したさまざまなトラブルが多発しているからです。代表的なところでは、以下のようなアプリによる情報漏えい事件があります。

数百万規模の個人情報流出 アンドロイドに利便性の代償  :日本経済新聞
スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)向けに開発された複数のアプリを通じて、端末内の電話番号やメールアドレスといった個人情報が外部に流出していたことが明らかになった。

また、大きな事件にこそなっていませんが、国民生活センターにはスマホがらみで多くの相談が寄せられているようです。

  • スマートフォンで芸能人のサイトを検索し、画像を見ようとして年齢確認画面で「ハイ」をクリックしたら、有料のアダルトサイトに登録となり料金請求画面が現れた。
  • 以前から迷惑メールがたくさん来ていたが、メールの中に「無料でサイトの配信を停止します」というものがあったのでクリックしたら、サイトの登録料を請求された。対処法はないか。
  • スマートフォンに身に覚えのない請求メールが届いた。法的手段を取ると書かれているが対処を知りたい。
  • 息子が、スマートフォンに届いた不審なメールから出会い系サイトにアクセスしてしまい、退会手続きをしたがメールが何通もきた。受信拒否したらメールはこなくなったが不安である。対応方法を知りたい。
  • スマートフォンで音楽を検索中に画面がフリーズしたので、いろいろなところをクリックしたら、突然ダウンロードが始まりアダルトサイトに登録完了したという表示が出た。料金請求画面が表示されたが納得できない。

(出典:スマートフォンに関連する相談(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター

いずれも、スマホを使っていて発生した事件やトラブルです。スマホ自体は使えるけど、事件やトラブルに巻き込まれてしまっています。これらは『正しく』使うことができなかった事例といえるでしょう。

スマホ利用者が意識しておくべき4つのこと

「スマホリテラシ」を身につけるためには最低限度以下のことを常に意識しておくべきです。

  • スマホはほぼパソコンと同等の機能を持つ
  • スマホはインターネットにつながり、インターネットにはさまざまな危険がある
  • SNSなどのサービスはその向こうには人がいるということを忘れずに
  • スマホは個人情報の塊である

これらはいずれも当たり前のことではあるのですが、実際にはあまり意識されていないのが実情です。スマホを使う際には常に念頭においておくべきです。

スマホを取り巻く脅威

最近のスマホはほぼパソコンと同等の機能を持ちます。しかも、ほぼ24時間インターネットにつながっています。

そのため、従来パソコンを対象としていたウイルスや不正アクセス、インターネットを悪用した詐欺などが利用者の拡大とともにスマホにも広がってきました。

スマホを利用する方はこれらの脅威に対応するため、パソコンと同じようなセキュリティ対策が必要となります。

利用するスマホの種類により多少異なりますが、主に以下のような対策が必要です。

  • OSを最新の状態にすること
  • ウイルス対策ソフトを利用する
  • 怪しいサイトにはアクセスしない

また、スマホはパソコンに比べ、手軽にアプリを導入し利用することができます。しかし、「なぜ「スマホリテラシ」が必要なのか?」でご紹介したように、中には不審な動作をするアプリがあります。そのため、上記以外に以下の対策も追加しておきます。

  • アプリの導入は慎重に

SNSやリアルタイムコミュニケーションサービスにおけるトラブルの防止

スマホでよく利用されるサービスとして、前編ではSNSやリアルタイムコミュニケーションサービスを取り上げました。

これらのサービスはパソコンや携帯電話でも利用できますが、優れたアプリの登場で現在ではスマホからの利用がとても増えています。おそらく、お子さんもこれらのサービスを使うことがあるでしょう。

しかし、前編で少し触れましたが、SNSやリアルタイムコミュニケーションサービスには負の側面があります。それらを知らずに使うとさまざまなトラブルを引き起こすことになります。

つい先日も、地震発生時に「がれきに閉じ込められた」と嘘のツイートを行い、多くの人の反感を買い、結果身元を特定された高校生がいました。

まさに、リテラシ不足による事件といえるでしょう。

SNSでは不用意な発言をすると、それが拡散され、大事になることがあります。最悪の場合、身元が特定され、その所属組織にまで被害が及びます。前述の事件でも身元特定後、高校生が通う学校が謝罪文をホームページに掲載するにいたっています。

SNSでの発言は、拡散力が高く、瞬く間に広がります。また、実名制を採用しているSNSも多く、それらと結び付けられることで、すぐに身元を特定されてしまいます。このようなSNSの特性をよく理解し、今から行う発言がどのような影響を与える可能性があるのかリスクを考える癖をつける必要があります。

SNSなどのサービスを利用する際は、その向こうに人がいるということを忘れないようにしましょう。

このようなSNSについての注意点を知るには以下の書籍も参考になります。

一方、LINEやcommといったリアルタイムコミュニケーションサービスについては別の問題があります。拙ブログでいくつか記事を書いていますので、よろしければご覧ください。

大人気LINEの落とし穴〜私がLINEを使わない理由 : I believe in technology
それらでは、無料で電話ができるというメリットばかりが強調されていますが、果たしてデメリットはないのでしょうか?2つほどあげてみたいと思います。

 

 

「規約が凶悪→修正」「アクセス要求が過剰→修正」 DeNA『comm』は善か悪か? : I believe in technology
「無料」を声高に叫び、実際には課金や射幸心をあおる手法で莫大な利益を上げてきたモバゲー。そのモバゲーの母体であるDeNAがはじめる『comm』。

このように、リアルタイムコミュニケーションでは個人情報にまつわる問題があります。意外と意識していない方が多いのですが、スマホは個人情報の塊です。そのため、スマホから自分や他人の情報が漏れる危険性があります。アプリによっては必要もないのにアドレス帳にアクセスするものがあります。すでに一度述べていますが、「アプリの導入は慎重に」行う必要があります。Androidに関しては、『secroid』というアプリのリスクレベルを確認できるサイトがありますので、お子さんがインストールしているアプリに心配なものがある時には利用してみるといいでしょう。お子さん自身に調べさせてもいいと思います。

Androidアプリの危険性をチェックする『secroid』を試してみた! こりゃアプリ選別が捗るわ : I believe in technology
セキュリティベンダー「ネットエージェント株式会社」がAndroidアプリのリスクレベルを確認できるサイト『secroid』 (セキュロイド)を公開しています。個人的にとてもいいサービスだと感じましたのでご紹介したいと思います。

SNSにせよ、リアルタイムコミュニケーションサービスにせよ、正しく使えばとても役に立ち、楽しいサービスです。これからの時代、避けては通れないサービスでもあります。すべて使わせないというわけにはいかないことでしょう。出所の怪しいサービスやリスクの高いサービスは避けるべきですが、それ以外に関しては、リスクがあることをお子さんに説明し、理解した上で使うように指導してあげるのが望ましいと思います。

まとめ

いかがでしょうか?

2回に渡り、「子どものスマホ利用について、親が知っておくべきこと」として基本的な点をご紹介しました。

あくまでも私個人の意見なので異なる見解の方もいらっしゃると思います。本記事を「子どものスマホ利用」について考えるきっかけにしていただけると幸いです。

我が家自体は私が管理しずぎているきらいがあるため、よそのご家庭の管理方法にも興味があります。よかったらTwitterなどでご意見をお聞かせいただけると幸いです。→ @reynotchのTwitter

 

 

4 Comments

  1. Pingback: fmjゲストウィークまだまだ開催中です! | Gadget Mom

  2. Pingback: 子どものスマホ利用にあたっては親がしっかりとリテラシを身につけよう 〜thikasa topics 2013/01/11 | thikasa note

  3. 守屋英一 says

    はじめまして、フェイスブックが危ないの著者の守屋です。本をご紹介頂き誠にありがとうございます。

    • fmj代表のくらちです。著者様直々のコメントありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です