まっちゃん
Leave a comment

友だちとの子連れ旅行

年が明けてから、ずいぶんたってしまいましたが…。

明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

まっちゃんです。
先日、友だちと箱根の温泉に旅行に行ってきました。

景色
私と娘(1歳3ヶ月)、友だちとその娘さん(2歳)、もう一人の友だちの大人3人、子ども2人の子連れ女子?旅でした。

独身時代から3人でよく旅行に行っていたので、今回、久しぶりにみんなでどこかに行きたいね!と言うのがきっかけでした。

最初は、沖縄に行こう的な感じだったのですが、日程的に難しいと言うことになり、近場の宿を探すことになりました。

ちょっと現実から離れて、家事から離れて、のんびりできればいいなぁ、と言う感じで、移動にもあまり無理のない箱根へ、そして、のんびりしたい&ちょっと優雅な気持ちになれるかなと思い、食事は部屋食を希望しました。

特別、どこかに観光に行くわけでもなく、ちょっと箱根の駅前を歩いただけですが、旅行をしてみて気がついたこと、今度から気をつけたいことがあったので、シェアしますね。

宿探し

部屋
じゃらんなどのネットから《子連れ》をキーワードに探しました。

子ども連れ歓迎の宿の特集なんかが組まれていたり、子ども連れ特典がついている宿も結構ありました。
お子様歓迎の宿【じゃらん】

その中で、もう本当に、直前になんとか予約の取れた宿に行ってきました。

車で移動

子連れで荷物も多いし、うちの車も使える状況だったので、移動は車にしました。

1時間に1回は休憩を!と思ったら、私たちが集合した場所からは、1時間と少しで着くとナビが案内してくれたので、結局、休憩は取らず、でした。

子ども2人がおとなしく車で移動できるかが心配でしたが、普段見慣れない人たちが乗っていたせいか、なんとか1時間ちょっとの車時間を過ごせました。

宿でのアメニティ

子どものアメニティ
今回泊まった宿は、子供用のアメニティ(スリッパ、ミニタオル、歯ブラシ)をくれたり、くじ引きをさせてくれたりと子どもへのサービスがよかったです。

ただ、当たり前なのですが、バスタオルは、料金を支払った大人分しかありませんでした。

パジャマは、ちゃんと持って行っていましたが、子供用のバスタオルは持って行っていなかったので、少し多めに持って行ったフェイスタオルなどを使いました。

子連れで荷物を少なくしたいと言う思いがあり、バスタオルを置いて行ったので、レンタルバスタオルなどがあるといいなと思いました。

宿で気をつけたこと

なるべく子どもたちが騒がないように〜、と思っていたのですが、ロビーには、子供用の遊び場広場があり、意外と騒いでも良さそうな雰囲気でした。

幸い私たちがチェックイン、チェックアウトするときには、他のお客さんがほとんどいなかったので、広場で思う存分遊ぶことができました。

子連れをキーワードに宿を予約したのが良かったですね。

部屋で気をつけたこと

お部屋においてある花瓶などをそうそうに片付けてもらいました。

娘が1歳3ヶ月でまだまだ、油断出来ない時期なので、壊してしまいそうなものには、あらかじめ手が届かないところに置くか、申し訳なかったのですが、部屋から下げてもらいました。

ご飯

宿夕飯
ご飯は、子供用のスプーンやお茶碗をかしていただけたので、そこにわたしの料理を取り分けて食べました。

まだ、食べるものに偏りがあるので、普段、よく食べている海苔を持参しました。
あまり食べてくれないかなと思ったのですが、ご飯とお味噌汁系を食べてくれたので良かったです。

また、子供用のイス(座るとプープーなるタイプ)をかしてもらえたので、そこにベルトを付けて、固定する感じで子供を座らせました。

縛り付ける感じになるのでいやだったのですが、鍋などがあり、やけどの心配があったので、ベルトを装着させていました。

夕食は、のんびり、優雅な雰囲気を味わうために部屋食で良かったのですが、朝食は、自分たちである程度時間を決められる部屋食以外がいいなと思いました。

朝は、子どもたちが起きるタイミングによって、機嫌がずいぶん変わるので、今回は、朝食の時間に合わせてちょっとバタバタしてしまいました。

寝かしつけ

全員で同じ部屋に泊まったので、子どもが少し興奮してしまい、なかなか寝ませんでした(>_<)

みんなで同じ部屋でワイワイしたい!と思い、全員同じ部屋にしましたが、1室に2部屋あるプランなどで子供が寝るまでは、別の部屋で寝かしつけをできればいいのかなぁと思いました。

また、寝るときに、わたしと同じ布団だと子供が暑そう&重そうだったので、時期にあったブランケット的なものを持っていくといいかなと思いました。

おもちゃなど

おもちゃ
おもちゃなどはあまり持っていかなかったけれど、年上のお姉さんがいて一緒に遊んでくれたので、部屋の中で楽しく遊べました。

また、先ほども書いたのですが、遊び場広場と言うのがあったので、そちらで遊べたのも良かったです。

まとめ

次回、子連れで友だちと旅行に行くなら

・子連れをキーワードに宿を探す!
・1時間程度の車移動ですむ場所をチョイス
・子ども用バスタオルのチェック
・季節にあったブランケットを持参
・のんびりするなら、朝食は部屋食以外を!
・余裕があれば、1室に2部屋あるタイプのお部屋を予約する

に気をつけて、計画、実行したいなと思います。

みなさんの旅行の参考になれば幸いです♪

編集後記

これまでの旅行は、夫がいたり、祖母が一緒だったりと自分以外の身内がいる旅行だったので、気持ち的に楽だったのですが、今回、はじめて子連れで友だちと旅行に行きました。

移動や寝かしつけ、夕飯の時などは、いろいろ気を遣いましたが、とっても楽しく過ごせたし、まぁ、何とかなるんだなと言う感じで、また、子連れ女子?旅に行きたいなぁと思いました♪

Filed under: まっちゃん

by

@kaopon19 好きなものは、沖縄、iPhone、便利なもの、ケータイ、ドリカム、踊る大捜査線etc. 自分が便利に簡単になるようにと工夫していることをお知らせしていくことで、みなさんのお役にたてればと思っています。夫と六歳と二歳の二人の娘と毎日バタバタ楽しく過ごしています。 かおメモ(仮)を立ち上げるも更新停止状態。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です