なお♪
Leave a comment

育児に認知行動療法を活用しよう (5)

OL

「育児が下手」と思うのは…

ほっほい!
こんにちは,ドクターなお♪です。
毎日の育児に家事に,それにお仕事していらっしゃる方も,お疲れさまです♪

2013年最初の記事になります。本年もどうぞよろしくお願いします。

今日は「育児に認知行動療法を活用しよう」第5回目です。
前回がだいぶん前になってしまいましたが,ナナコさんは「7つの習慣」と認知行動療法の共通点に気付いたところでした。でも,「自分は育児が下手」という考えはどうしても心に強く浮かんでくるようでしたね…。

ナナコさんが「自分は育児が下手」と思ってしまうのには訳がありました。

「7つの習慣」をナナコさんにくれた職場の憧れの先輩カズコさんが,先輩ママとしてもとても素敵な人だったからです。

カズコ先輩には高校生と中学生の男の子がふたりいます。お兄ちゃんはテニス部,弟は陸上部で短距離をしていて,ふたりともハキハキしたスポーツマン。

ナナコさんが偶然カズコさんと息子さんたちに街なかで出会ったときにも「こんにちはー」と気持ちのよい挨拶をしてくれたことがありました。

ふたりとも勉強もがんばっているらしく,お兄ちゃんは勉強熱心な子が憧れる地元の公立高校へ通っているのだそう。

「最近,部活とかテスト勉強とか忙しいって言って,あんまり一緒に出掛けたりしてくれなくなったのよね~」などとナナコさんにこどもたちのことを愚痴めいて話すときにも,カズコ先輩の表情には息子さんたちへのあたたかい愛情がにじみ出ているのでした。

「カズコ先輩は仕事も育児もバッチリ完璧にこなしてるのに,私は仕事もいっぱいいっぱいだし,育児だってうまくできてないし。…あ,そうだ!」

そのときナナコさんはひらめいたのでした。

「カズコ先輩に,育児の悩みを相談してみよう。こんなふうに私が落ち込んだりイライラしたりしてたら仕事もますますうまくいかなくなって,結局はカズコ先輩に迷惑掛けるかもしれない。ちゃんと私の悩みを知ってもらって,その上子育てのコツとか教えてもらえたらすごくありがたいし」

カズコ先輩をランチに誘う

我ながら名案を思いついた,とナナコさんは翌日勇んで会社に向かいました。

「そういえば今朝はこどもたちの準備の遅さにイライラしなかったな…」オフィスへ向かって歩きながらナナコさんは出勤前の家での様子を思い出していました。

「今日は私の気分が前向きになっていたからかな,それともこどもたちが今日はテキパキ準備をしてたからかな。…まぁ,それはどっちでもいいか。でも,自分のイライラに気付くことはよくあったけど,『イライラしてない』ことに気付いたのはもしかしたら初めてかもしれないな」

デスクに着いたナナコさん,早速カズコ先輩宛てに「今日よかったらランチご一緒させていただけませんか?」とメモを書いてデスクの上に置きました。

ほどなく,ナナコさんにカズコ先輩からO.K.のメールが…「ちょうどよかった,新しくできたカフェのパスタランチが美味しいって聞いたから,行ってみない?」と。

早くもお昼休みが待ち遠しくてたまらないナナコさんなのでした。

 

~ 編集後記 ~

月曜日担当のなお♪ です。久しぶりの更新となりました。
今回はコラム法は登場しませんでしたが,ナナコさんの生活のなかにさりげなく認知行動療法的な考え方が入り込んできているようです。「子育てが下手」という思いで落ち込みながらも先輩に相談するという新しい行動へ踏み出したり,「イライラしてないことに初めて気がついた」とネガティブな感情にならずに過ごせている自分への気付きもあったりしましたね。もしかしたら,ナナコさん自身はまだ自分のそういう変化を自覚していないかもしれません。
カズコ先輩とのランチではどんなことが起こるでしょうか? 次回は2月18日更新予定です。それでは,引き続きファミリーマネジメントジャーナルをお楽しみくださいませ♪

Filed under: なお♪

by

児童精神科の勤務医をしています。児童思春期の心の悩み,発達障害支援,特別じゃない特別支援教育,育児支援,ワークライフバランスに興味があります。夫と小学生の息子との3人暮らしのなかで,私自身も母親としてあれこれ悩みながら日々育児に奮闘中です。子育ての負担やストレスはできるだけ軽くしたいし,せっかくならこどもの育ちを楽しみたいし,でもこどもの心はしっかりたくましく育てたい…と欲張りな願望をもっています。こちらでは,子育てが少しでも楽になるような考えかたやコミュニケーションのとりかたについて,迷ったり気付いたりしたことを中心にあれこれ書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です