アキヅキダイスケ
comment 1

ライフハックは家族をハッピーにするのか?

こんにちは。水曜日のアキヅキです。
今日は家族というより個人的なことを書いています。
時々、心が弱っていると感じることがあります。

20121014021812

2012年は、次男が生まれました。上の二人の子どもも元気です。
妻との関係もたぶん悪くありません。
仕事も順調です。
そして、思いがけず本を出版しました。

それなのに、心に余裕が無いのです。内的な憂鬱という感じでしょうか。外的要因は見当たりません。あるいは、芥川龍之介の「漠たる不安」とは、こんな感じでしょうか。
その心のせいか、子どもたちについつい怒りっぽくなってしまいます。その内、子どもが大切にしていたおもちゃを庭に投げ捨てたりしてしまうのでしょうか?
それは困るので、対応策を考えてみました。取り急ぎ3点ほど、、、

  1. SNSを止める
  2. 運動をする
  3. 手で言葉を書く

SNSを止める

SNSはソーシャルネットワーキングサービスのこと、つまりTwitterやFacebookに代表されるサービスです。
心の不調とSNSの因果関係はわかりません。TwitterやFacebookにかけている時間を減らしてはどうかと思いついたまでです。下記↓の記事の影響もあります。

「Twitpic」のCTOが30日間ソーシャルメディアをやめてみたら人生変わった話」

断食のような効果が期待できそうです。
しかし、ストイックにやろうとは思いません。

たとえば、Twitterでつぶやきたい、と思いついたら、GALAXY NoteIIを起動せずに測量野帳などに手書きでメモしておきます。チェックボックス(四角い箱ですね)をつけておいて後でTwitterに投稿することにします。
すると、ほとんどが、まあいいや、となってツイートせずに済んでしまいます。
私は、炎上こそないものの、今まで何度か脊髄反射ツイートで失敗しました。その防止にもなりますね。

 

運動をする

あるいは運動不足が心によくないのかもしれません。心と体は連動しています。
たとえば、流行のランニングなどはどうでしょうか?
まずは通勤時に走ってみます。汗をかく季節になれば、早朝ランニングからのシャワーなどを検討しましょう。
休日は、子どもたちを公園に連れ出して走り回ると一石二鳥ですね。
目標を秋の幼稚園運動会、親子リレーにするとよさそうです。

仕事中も運動を意識します。
休憩で飲み物を買う時も、あえて隣の建物まで歩くとか。他の部署への用件を電話やメールで済ませずに階段を上るとか。これは別の効果もありそうです。
デスクワークなので積極的に椅子から立ち上がることを心掛けます。

 

手で文章を書く

これはSNSを止めることと近いです。要するに、スマホから距離を置くことです。
「ねえ、ちょっと私たち、距離を置いた方が互いのためにいいんじゃないかな?」
という感じです。
実際、この文章は紙にボールペンで書きました。
時間はかかりますが、一つのテーマについてじっくり手で書いていくのは、心によい気がします。ポケットに書きかけの原稿とペンを入れて通勤しています。

 

ライフハックはぼくらをハッピーにするのか?

そして、思いついたのが、このテーマです。

ライフハックは私たちを幸せにするのだろうか?

私がライフハックという言葉と出会ったのは2005年です。それから7年以上経過しています。ライフハックからスタートして、GTD、PDAやスマートフォン、そして文房具など工夫に工夫を重ねて来ました。
でも、それで私はハッピーになっているのでしょうか?あるいは、家族の幸せに貢献できたでしょうか?

妻に聞いてみましょう。1995年以来のつきあいです。ライフハックより長い17年もの歴史があります。この時間の積み重ねは、財産です。

何を聞いたのかは内緒なのさ〜♪

 

【編集後記】

ファミリーマネジメント的ではない個人的な話題かと思いましたが、これを書かないと先に進めない気がして文章にしてみました。
家族のためにも私の心が健康であった方がいいですよね。
2013年はちょっと深呼吸して「前のめりだけに注意して」(TOKYO No.1 SOUL SET)ゆったりとした所作でいこうかと思います。
あと蓮花さんの記事で心に効く養生はなかったかな?記事を読み返してみます。
心にとっても大事なのは、睡眠や食事かもしれませんね。

Filed under: アキヅキダイスケ

by

子育てサラリーマンブロガー。妻一人、子ども三人。著書『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』(C&R研究所)。Android使い(ZenFone2 laser、Nexus 7)。ライフハック、GTD、ジブン手帳mini、トラベラーズノート、測量野帳、MacBook Air。文学部出身、夏目漱石『草枕』。音楽は1990年代のロック中心でできています。

1 Comment

  1. Pingback: 幸せは歩いて来ない、通り過ぎてから振り返って見つけるもの〜幸福論 | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です