とし
comments 2

わが家の遊びを紹介します。おもちゃ編

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

以前、こちら↓の記事で体を使った遊びを紹介しました。

 

わが家の遊びを紹介します。 | ファミリーマネジメントジャーナル

 

今回はうちの子(二歳児男の子)がお気に入りのおもちゃを紹介します。

子ども用のおもちゃってたくさんあって、どれを買えばいいのか悩みます。この記事が、お子さんやお孫さんへのプレゼントのご参考になれば幸いです。

 

アンパンマンブロックラボ

 

 

まずは、定番のブロックです。

ブロックといえばレゴというイメージがありますが、小さい子にオススメなのがブロックラボです。

子どもの手にちょうどよい大きさと組みやすさがいい感じです。そして何よりアンパンマンなので、アンパンマン好きなうちの子も大喜びです。

もう少し小さいお子さんには、こちら↓の記事で紹介した柔らかブロックがオススメです。

 

買って良かったシリーズ。子どものおもちゃ編 | はれときどきくもり

 

マグフォーマー

 

 

次は、マグフォーマーです。

これはアメリカで大人気なのよ、と姉がプレゼントしてくれました。

初めて見たおもちゃでしたが、これが大ヒットです。うちの子だけでなく、わたしや妻も一緒に遊んでいます。

四角や三角の形をした平面の模型がたくさん入っています。そして、それぞれの辺に磁石が仕込まれていて、お互いにくっつくようになっています。

磁石なので簡単にくっつくし、簡単に離れます。並べて遊んだり、家やボールやさらには船を作ったりして遊ぶことができます。

組み立てて遊ぶのが好きなお子さんには一押しです。

 

ビー玉

 

こちらも定番のおもちゃ、ビー玉です。

ただし、口にいれてしまうこともあるので、ご注意ください。

わが家では、転がしてパスしあったり、ふすまの敷居をレールにして転がしたりぶつけたりして遊んでいます。

また、料理で使うボールのような半円形の入れ物にビー玉を入れて、入れ物をぐるぐる揺すります。ビー玉がこぼれないように気をつけながら、競輪のようにビー玉がくるくる回ると大喜びです。

 

クレヨンとスケッチブック

 

最後は、クレヨンとスケッチブックです。

妻がお絵描きが好きだからか、うちの子もお絵描きが大好きです。

おかあさんといっしょのおえかきブギウギコーナーがはじまると、ぼくもおえかきするー、とばかりにスケッチブックとクレヨンを取り出して、おもむろに描きはじめます。

というわけで、スケッチブックとクレヨン選びのポイントを紹介します。

スケッチブックは大きめがオススメです。子どもは大胆なクレヨンタッチで描くので、小さいとはみでてしまいます。また、子どもでも持ち運びしやすい軽目のもので、自分でめくりやすいほうがいいですね。また、乱暴に扱ったり、力強く描いたりするので、破れないように紙がしっかりしたものを選びましょう。

そして、クレヨンは水性がオススメです。油断するとあちこちに落書きをしてしまうので、油性だと大変です。また、乱暴に扱っても折れにくいクレヨンがいいですね。

 

 

 

↑わが家では、こちらのアンパンマンスケッチブックとベビコロールを愛用しています。

特に、ベビコロールは、普通のクレヨンより持ちやすいようで、小さな頃から上手に使っています。また、うちの子は、お絵描きに飽きたら積み重ねて遊んでいるので、一粒で二度おいしいです。

 

終わり

 

わが家の二歳児男の子に人気のおもちゃ遊びを紹介しました。おもちゃ選びの参考になれば幸いです。

また、うちはこんな遊びしてるよ、というオススメの遊びがあれば、教えてください。

この記事が、あなたの楽育児(たのしくラクな育児)のきっかけとなりますように。

 

編集後記

 

火曜日担当のとしです。子どもがおもちゃで遊ぶ姿を見ていると、成長を感じます。ブロックの積み方が高度になったり、ビー玉の転がし方がうまくなったりしています。また、お絵描きも、最初は直線だけでしたが、だんだんと丸を描けるようになってきました。

たくさん遊んで、いろんなことを吸収したり創造しているんだなあ、と感慨深い父でした。

それでは、引き続きfmjをお楽しみください。

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

2 Comments

  1. Pingback: 習慣としたい週刊とし【2013年02号】 « はれときどきくもりZ

  2. Pingback: わが家の遊びを紹介します。室内用体を使うおもちゃ編 | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です