とし
comments 2

人生の満足感は記憶量で変わるように感じたので、週次レビューをオススメします。


photo credit: PAKUTASO

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

今回は、週次レビューとその効用についてお話します。

なぜ、このお話をしようと思ったかと言うと、週次レビューをすることで、人生の満足感が上がったように感じたからです。この感覚がわたしだけでなく、あなたにとっても有効ならいいなと思い、筆を執った次第です。

 

週次レビューってなに?

 

週次レビューとは、デビッド・アレンさんが提唱する、GTDというタスク管理手法に登場するものです。

ごくごく簡単に紹介すると、一週間を振り返って今の自分の状態を把握しましょう、ということです。

興味がある方は、ぜひこちら↓の本をご覧ください。

 

 

そして、週次レビューをするために、もう一つ大切なことがあります。それは、記録をすることです。

なぜか?

記憶とは曖昧なので、ほんの一週間前のことでさえ、明確に思い出すことは難しいです(もしかして、わたしだけ?)。また、記憶は容易に改変されてしまいます(これも、わたしだけ?)。

そこで、週次レビューで振り返るための材料として、記録を残すのです。

 

週次レビューとわたし

 

わたしが週次レビューを始めたきっかけは、タスクカフェでした。

タスクカフェとは、シゴタノさん(@shigotano)が主催する、週次レビューをするためのワークショップです。そこでは、週次レビューのやり方を丁寧に教えてもらったあと、実際に週次レビューをします。

また、もったさん(@fujimotta)が主催されていた週次レビューオフも、週次レビューの習慣化に多いに役立ちました。(週次レビューオフは、現在は開催されていません)

それらに参加したあと、自分で週次レビューを細々と続けた結果、なんとか習慣化しました。

同時に、週次レビューに必要な記録をとれるように、環境と仕組み作りをコツコツと続けてきました。(その結果が、こちらで紹介した手帳の使い方です。)

 

週次レビューが習慣化して起こった変化

 

週次レビューが習慣化して、わたしの生活に変化がおきました。

まず、記録をとるのが楽しくなりました。

例えば、子どもがトラックをとぁっくーと初めて言えたとします。そんな時、「あ、このことを記録しておけば、週次レビューの時に楽しめるな」と思うのです。そして、わたしはいそいそと、そしてニヤニヤしながら、iPhoneにメモを残します。

次に、生活習慣が改善されました。

週次レビューをすると、一週間の生活が丸見えになります。ダラダラとしていたり、ダイエットしているのに食べすぎたり、そんなことが明確に見えます。

そうすると、もうちょっとおやつを食べたいなあ、という時でも、「いやいや週次レビューでよく我慢したと自分を褒めるために我慢しよう」という気持ちになります。『週次レビューをする時の自分』が、『おやつを食べたい今の自分』をいい感じで監視してくれるのです。

そして、次が最大の変化です。

充実した一週間だったと感じることが増えました。

 

どうして週次レビューをすると充実したと感じるの?

 

社会人になってから、一週間はあっという間に過ぎると感じるようになりました。そして、月曜日の朝に、先週も何もできなかったなあ、とガッカリすることも増えました。

この頃は、週次レビューをしていなかったので、本当に何もできなかったのか、実は定かではありません。ただ、自分の曖昧な記憶を振り返って、漠然とそう感じていただけでした。

しかし、週次レビューをするようになってから、一週間が長く充実したものになっていると感じます。

その理由を考えてみました。

週次レビューで振り返ってみると、意外にたくさんの出来事があったんだ、と感じます。

例えば、子どもがアンパンマンをあんぱんと言えるようになったなあ、妻がおいしいカレーを作ってくれたなあ、Twitterで嬉しい一言をもらったなあ。などなど。

一つ一つは小さなことかもしれません。しかし、これらをずらっと並べてみると、その量に驚きます。そして、こんなにいろんなことがあったのか、とその多彩さにまた驚きます。

『ちはやふる』というかるた漫画に、こんな台詞があります。

「畳の縁を踏まない。白い壁には手をつかない。わたしはこういう、積もるという考え方が好きです。」

わたしは週次レビューで、記憶の中に思い出を積もらせようとしているのかもしれません。週次レビューをしなかったら、あっという間に吹き飛ばされていく小さな思い出を、風から守るようにそっと囲っているのでしょう。

人間の身体が食べ物からできているのなら、心は記憶からできているのかなあ、と感じています。そうだとすると、食べ物が充実している=身体が充実していると同じように、記憶が充実している=心が充実していると言えるのではないでしょうか。

あなたもぜひ、週次レビューをお試しください。

そして、わたしと同じように、人生の満足感を感じられたのなら、それはとても嬉しいことです。

 

おまけ

 

今年から、週次レビューとは別に、ブログで週刊を書き始めました。

週次レビューで一週間の出来事を振り返ったあと、その内容をまとめて一つの記事にします。

週次レビューは、自分の中で完結します。しかし、週刊はブログに載せるので、人目にさらすという制約がつきます。そのため、きちんとしたものを書かなければいけないという気持ちが働き、週次レビューにもさらに身が入ります。

その結果、一週間をまざまざと思い出すことができます。

ブログでなくてもいいと思います。例えば、マロさん(@maro_draft )のように、家族で週次レビューをしてもいいし、週次レビューの結果を家族や友達と話し合うのもいいでしょう。

自分以外の誰かに見てもらうことは、予想以上に効果的なのでオススメです。

 

編集後記

 

火曜日担当のとしです。わたしはiPhoneが大好きなので、iPhoneだけで記録をとっています。でも、手帳も好きなので、週次レビューの時は、iPhoneで記録を振り返りながら、手帳に書き込んでいます。

最近は、雑誌の付録で手に入れた万年筆で書くのがお気に入りです。字は下手くそですが、万年筆で書くのは楽しいので、週次レビューも楽しくなります。

好きな道具を使うことも、長続きさせるためのコツかもしれませんね。

それでは、引き続きfmjをお楽しみください。

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

2 Comments

  1. Pingback: 習慣としたい週刊とし【2013年04号】 « はれときどきくもりZ

  2. Pingback: 週次レビューのもう一つの効用 | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です