G-mom(ジーマム)
Leave a comment

新生活の憂鬱:幼稚園・保育園から中学生まで

 

もうすぐ春。 入学、進学の季節です。

幼稚園や保育園、小学校・中学校入学の時期を控え、緊張しているママ、パパも多いはず。

そんな心配を少し和らげる、そういうお話です。

622942746_fd7409736d

 

 

みんな不安。

 

この時期から4月の新年度に向け、いろいろな事が動き始めますね。それと同時に不安がムクムクと成長し始めます。私ももちろん経験していますが、程度の差こそあれ親なら誰でも我が子の新生活に不安を抱くものです。

 

トイレは大丈夫だろうか?

きちんと先生のいう事を聞けるだろうか?

他の子に比べて、遅れていないだろうか?

友達とは上手くやっていかれるだろうか?

など など など・・・

 

幼稚園入園から中学生まで、親の不安は尽きません。

今日は、幼稚園・保育園、小学校・中学校、それぞれに分けて書いてみたいと思います。

 

 

幼稚園・保育園

 

幼稚園・保育園に入園する前に必ず出来るようになっておく事などありません。オムツにしろ、着替えにしろ、「自分で出来るように」という努力目標はあったとしても、「必ず出来なければいけない」などという事はありません。

私の反省ですが、幼稚園入園前には「幼稚園に入る前に出来るようになろうね!」というのが口癖のようになっていました。それでなくても、初めての場所や人が苦手だった長男に、プレッシャーをかけ続けてしまったのです。

 

それというのも「幼稚園に行って困らないように」という親心から・・・しかし、そんなものは必要なかったのです

 

園側は、「こども達が自分で出来ない事も多い」というのを前提に考えています。

その中で、出来る子(自分でトイレに行けるとか)は見守り、出来ない子は励まして自発的に出来るようにこどもに促していくのは保育者の役目。

出来ない事があるからと言って親の能力が問われる事はありません。

4月生まれと3月生まれでは大きな差がありますし、女の子と男の子でも違いがあります。

園ではそれぞれの子のタイミングで自分で出来るように促していきます

お友達のトイレに行く姿を見て、あっさりとトイレトレーニングが終わる子もいます。それ以前に出来る時期はきていたのかもしれませんが、自分がやろうと思ったとき、それが正にタイミングなのですね。そんな、新しい刺激があふれているのが集団生活の良いところです。

 

余談ですが、誤解して欲しくないのは幼稚園や保育園に躾をしてもらえると思ってはいけないという事。

矛盾しているように思われるかもしれませんが、保育者は園での行動を、こどもに合わせて励ましていくだけ。もちろん、結果的にトイレットトレーニングが幼稚園で身に付くこどもは少なくありません。それでも、それを任せきってしまうというのはまた違う話。あくまでも、躾は親がする。

 

幼稚園に入る前に完璧に出来るようになっておく必要はない。

入園のために躾やトレーニングを期限を切って急ぐ必要はありませんよ、という意味なのです

 

こどもには意識や意欲・興味によって、出来る事、出来ない事、いろいろな差が出てきます。

でも、今までそれぞれの家庭のやり方だけが自分の世界だったこどもにとって、「これは出来ないとおかしい」という人とくらべる概念がない状態です。そこで親だけが焦っても仕方ありません。

その上、『幼稚園は出来ないとこわいところ」と思ってしまえば、幼稚園に馴染むまでの時間もかかり、本人にとっても、送り出す親にとっても辛いだけです。

集団生活が始まれば、いろいろな違いを自分自身で目にします。自分より身体の小さい子がトイレにきちんと行けたり。そんな、気づきがあった瞬間からこどもは変わっていくのです。

 

親は焦るどころか、楽しみにしていていいくらい。こどもは日々成長していきます。

 

幼稚園・保育園は楽しく通えればいい。

入園までに出来なければいけない事があると思い込まないで欲しい。 という事なのです。

 

新生活を控えたこの時期、つい言ってしまう「幼稚園に行くんでしょ?出来るようにならないと、恥ずかしいよ!」という言葉・・・グッと堪えて、楽しみに待つこどもの気持ちを育ててあげてはいかがでしょうか?

 

 

小学生

 

小学一年生。新しいランドセル。いいですね。 一年生も然り。

幼稚園生と同じですが、努力目標とすれば「人の話を聞けるようになろう」くらいでしょうか。

一年生の担任になる先生は、大体が低学年のスペシャリスト。 いろいろな先生がいるでしょうが、不安な事があれば、連絡帳などで対応してくれる事でしょう。

親が心配してしまう「トイレに行くタイミング」なども定期的に声をかけて「たとえ行きたくない時でも、休み時間に行く」という事を徹底してくれたり、授業中でも手を挙げてトイレにいって良いと行ってくれる先生が多い様です。

宿題や、行事のお知らせなども丁寧に連絡してくれるので、必要以上に心配しないこと。

 

こどもの小学校入学を期に仕事を始めるお母さんも多いと思います。そんな、忙しい中でも大切にして欲しいのは、帰って来たこどもの話を聞く時間を持つ事だと思います。

親なら誰もが心配してしまう「いじめ」等を、話の中から読み取る事が出来ます。

知らないうちに「いじめる側」になってしまいそうなこどもも、親が早い時点で気がついてあげて、注意をはらい、こどもに話してあげる事によって未然に防げるケースはすくなくありません。

下校途中にあった危険な事も、話をしてくれれば安全に配慮する方法を教えてあげる事が出来ます。

 

我が家ではこんな事がありました。

次男が小学校1年時、彼の友達が下校途中に風で飛ばされた安全帽を車道に出て取りに行ったというのです。今思い出しても背筋が寒くなります。

そこで、帽子が飛ばされたときの対処を話しました。「絶対に取りに行ってはいけない」と。車道に物を落としたら、拾いに行かず家に帰って来る事。そしてお母さんと一緒に取りに行く事。

大人には当たり前の事でも、こどもは新しい安全帽を置いて帰れば親に怒られると思っているのですね。

その後、息子は下校の途中、傘を振り回して傘の柄がスポッと抜けてしまい、車道に落ちてしまった時、言われた通りに取りに行かず帰宅し、私と一緒に回収しに行った事がありました。傘を振り回した事は怒りましたが、自分で車道に取りに行かなかった事を褒めた記憶があります。

 

こんな事も、話したからこそわかる事。

いろいろな話を聞く事で、こどもの安全も守られます。

聞き出そうとせずに、話してくれる事を楽しそうに聞いてあげる。それが一番のこどもの心の安定に繋がります。

 

 

中学生

 

中学生の場合は、入学してからのお話です。

一番難しい時期です。小学校では調子が良くても、中学校に馴染めないこどもは多い様です。部活動や定期テスト、数年後に控えた受験・・・すべてが中学に入学したてのこどもには負担な事でしょう。

親は受験を思うとプレッシャーをかけてしまうところですが、入学したての頃は部活動で死にそうに疲れています。新しい友達関係にも、気を遣い疲れている子も少なくありません。

 

大きくなった分、親がしてあげられる事は少ないように思えますが、実際はこどもにとって安らげる場所があるかどうかは大きな問題です。そして家庭が安らげる場所になる事が理想です。

 

親の経済事情、両親の仲や祖父母との関係など、いろいろな事が空気で読めてしまうこの年代。家の中のゴタゴタはこどもの心に大きな負担をかける事を親は心の隅に置いておかなければいけません。

すべてがパーフェクトな家庭はありませんが、こどもの様子をうかがいつつ、定期的に家で安らげる時間はあるかな?という視点でこどもを見る事が大切なように思います。

 

小学生と同じで、話を聞いてあげるという事は、この時期さらに大切な事になってきます

女の子は話す事で浄化するのが比較的得意ですが、男の子は口も重くなり、自分の都合の悪い事(悩み事も含め)は言わなくなってしまいます。

それでも、時折みせる気持ちを注意深く読み取ってあげる事。何も言わなくても、わかっていてあげる事は大切です。

 

「話を聞き出すなんて無理」という声もよく聞きますが、ひとつの方法としては、中学生は食でアプローチ。

おやつなどを用意する時、自分の部屋でゲームをしながら・・・ではなく、「食べるときはダイニングテーブルで」というルールを作って座らせる。食べている間、何も言わなくても様子を見る事が出来ます。

美味しいものを食べると、気分も良くなり、ぽろぽろと話をし始める事も。もちろん、夕食などは好きなものを食べれば心は癒されます。

食欲も気持ちのバロメーターになりますね。元気なときはお腹が空くものです。

そんな小さな努力から、こどもの様子を見る事が出来ると思ったら、中学入学も怖くありませんね。

 

定期テストや高校受験の話は、少し学校に慣れてから。親も我慢です。

 

入園・入学してからも心配は続きますが、心配しすぎない事が大切。

 

「親はなくても子は育つ」

 

それ位の気持ちで、遠くから見守る準備を親もしなければいけなくなるのかもしれません。

 

 

〜編集後記〜

 

 

IMG_4602    Gmomです♪

 

最近、庭を改造する事になりまして、土と格闘しています。

普段、プランターに花を植える程度しかした事のない私にとって、スコップで土を移動したり、敷石を移動したり、ヘトヘトになる重労働です。(軟弱です)

でも、そんな私に友達が出来ました。鳥のウグイスです。

まだ、「ホケキョ!」とは言わないのですが、私の背後に現れ、振り向くと飛んでいきます。

最近は、「チッチッ」と声がしても振り向かないように耳だけで友達を歓迎しています。

先日、お昼の休憩を取っていたらウグイスが窓のすぐそばに♪ 遠くからですが、写真を撮りました。

私が作業していると必ず近くによってくるウグイス。その理由は私が掘り返した土の中の虫を食べに来ている様です。

な〜るほど・・・

実益主義のお友達、ウグイスちゃん。

でも、慣れない仕事で疲れた心を、いつか「ホ〜ホケキョ!」と癒してくれる事でしょう。

春が楽しみな私です。

IMG_5881-2

 

 

Filed under: G-mom(ジーマム)

by

大学生の息子2名、末っ子に高校生の娘1名を持つ普通の母。振り返れば親子で泣き笑いの育児でした。「楽しかったけれど、無駄に悩んだり迷ったりした事も多かったなぁ…」という経験から、今を頑張るパパやママに、もっと育児を楽しんでもらえるよう、失敗談含めシェアできたらと思っています。 幼稚園勤務経験あり。地域の育児サポートに参加しています。質問大歓迎!お待ちしていま〜す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です