くらちのりこ
comment 1

イヤイヤ期:思い出しながらあれこれ書き出してみました。

So close!

子どもが悪魔に見える日々

・・・そう、避けては通れないイヤイヤ期。1歳半から3歳あたりでしょうか?

毎日毎日怒鳴るのを堪え、なるべく諭すように言い聞かせ、規則正しい生活をさせる。
それなのに。

 

「やだ!ヤダヤダヤダヤダ〜〜〜〜〜&%#)$#0%=Q~=$)”(!’(意味不明)」

 

わずかなボキャブラリーと耳を劈く号泣でなにもかも全否定する子ども。
あの頃以上に精神的に追いつめられたことはないんじゃないかと思うくらいのイヤイヤ期を2回経験しました。
ずーっと、そうではなくて大波小波、たまに凪があり、また大波小波・・・という感じでした。

 

その頃の経験がワタシの個人ブログの過去ログに残っていました。「育児書を読むと気が萎える」というタイトルです。

 

正論は鵜呑みにしない、参考にする。

 

そもそも育児真っ最中の人は育児書なんて書けませんから、書く人は子育てを終えた人でしょう。
するとつらく苦しいことは思い出の中で昇華されて小さくなり、良かったことだけが、なぜか残るのです。これは子育てにつきものの現象のようで、そういう仕組みが働かないと子孫を増やそうとしないからだそうです。ソース不明です。ごめんなさい。新生児のお母さんが眠ることすらままならず、1日に10回以上オムツを替え、ミルクやおっぱいをあげることが出来るのか?そしてまた子どもが欲しいと思うのはなぜか?といういうような話で、子育て中の母親は「忘れる」ように出来ている、というのをどこかで読み物としてみたことがあります。

 

・・・と、話がそれましたが、そういうわけで、育児書は「望ましい」ことが書いてあるだけであって「正しいこと」「すべきこと」が書いてある訳ではないということをお伝えしたかったのです。著者さんの失敗体験やどうにもならなかったことは書いていないのです。どちらかというと「自分のときは出来なかったけどもっとこうしたかったほうがよかった」を書きたかったのかな?とうがってしまう自分がいます。(祖父母的な感じにね。)

子どもの機嫌がいつでもどこでもサイコーにご機嫌!!となっていたら「わがまま」を助長させているとも、考えられます。
逆を考えると、子どもがイヤイヤをする=その躾が正しい?!のかもしれません。

ううん、自分で書いてて混乱してきました(苦笑)

とにかく、イヤイヤ期ってやり過ごすしかない・・・というどうしようもない結論ですみません(汗)

 

侮れないママ友のチカラ

「ママ友」

この言葉ってどうも蔑まれることがおおいのですが、よい友人に恵まれるとこれほど力になるものはありません。
大変なのが自分だけじゃないとわかるだけで、救われます。特に我が家は次男のイヤイヤ期が酷かったです。
たまたま公園で出会う、初対面の子どもたと遊ばせるのが非常に危険だったのと、自分のストレスがハンパないため(後述)友人の気遣いに心で泣いたこともあります。
普段どんなことで困っているのか?どんなふうに対処しているのか?イヤイヤ期だけでなく病気やケガ、予防接種や健診のことなど、たくさんの情報を共有し合えます。リアルだけでなく、いまはSNSもあるから心強い時代ですねー!(ワタシの頃はまだm○xiだけだったなあ(遠い目))

 

我が家の悪魔の場合

  • みそしるとごはんはなげるもの。
  • フォーク?スプーン?食事エプロン?なにそれおいしいの?
  • プレイルームにいるよそのこはみんなオレのエネミー。とりあえず行く手は阻んでおく。
  • 公園はオレのテリトリー。よそ者はゆるさない。
  • スーパーはオレの冷蔵庫。ジュースはダメって言った奴は誰だ?
  • 兄はしもべ。おれのものはおれのもの、兄のものもオレのもの。
  • 手足はオレの武器。たたく、つねる、おす、ひっかく。・・・ミッションコンプリート。
  • はみがきなんてしらない。ねたいときにねるだけだ!!!

 

次男のときはこんな感じでした。
ではどう対応していたかというと・・・・

 

  • 食事時はダイニングテーブルの下に生協のチラシを敷き詰める。汚れるのを覚悟の上。
  • スタイなんてせず、手づかみでがつがつ食事をし、汚しまくり。・・・が、突然ある日「てがべたべたする」と、言い出しその後はフォークをつかう。これは今でもなにがきっかけなのか謎です・・・・
  • お茶碗をテーブルに並べるのはあきらめ、おにぎりやサンドイッチにして(比較的)投げられても平気なものが並びました。大好きな麺類は投げないのでうどん、うどん、焼きそば、パスタ・・・なんてこともありました。
  • プレイルームへは朝いちばんに乗り込み、よその子が来たら撤収していました。すべりだいもおもちゃもすべて横入り、横取りするからです。
  • 公園も同様。9時には出向き、人の増える11時過ぎには撤収。早めにお昼をすませ、人の少ない12時台にまた公園へなど他の子に遭遇しないくふうをしました
  • 極力、子どもと買い物へ行かないようにしました。いっても八百屋にして果物なら好きなものを選ばせて持たせました。知恵がついてスーパーだとジュースやお菓子があることがわかるのでなるべくなるべく近づきませんでした。コンビニも同様です。どうしても行かなければならないときは自宅から「口封じ(おやつ)」を持ってベビーカーに乗せて行きました。(歩きだと地団駄ふまれるとどうしようもないため。)
  • 兄・・・今でも似たような感じでかわいそうです(汗)
  • 口よりも先に手が出てしまうタイプで、数少ない、一緒に遊んでくれるお友達でさえ片っ端から突き飛ばしていました。
    まず相手の子を助け、子をすぐに叱り、親御さんに謝るの繰り返しでした。それでも一時期は手を出す頻度が多すぎて遊ばせるのをひかえるほどでした。それに気づいた友人が「気にしないで連れておいでよ。」と、声をかけてくれたのです!社交辞令だったかもしれないけど本当にうれしかったのを覚えています。
  • 泣きつかれるまでむりやり口をこじ開けてはみがきをしていたこともありましたが、歯医者さんの勧めで「寝入ってから」「歯磨き粉を少量つけて」「歯の裏表にぬりこむ」ということをしました。「はみがき自体をいやなことにしないように」というアドバイスでした。まだ本格的?!な「お菓子」を食べだす前だったのでよかったのかな?(当時2歳。たべても赤ちゃんせんべいや卵ボーロ、ベビー用おやつだったので)

 

こう書くと

  • モノゴトを避けているだけ
  • ダメなものはダメという躾をしていない
  • お友達と仲良くさせる努力を怠っている

・・・って、言われます。でもね。出来る限りの努力はしたんです。やったんです。
わがままはダメって言い聞かせたし、怖い声で言ってみたり、やさしく語りかけもした。砂糖を摂りすぎるとわがままになる?!という説を信じておやつを減らして果物やお芋にしてみたり、規則正しい生活ができれば情緒不安定にならないと聞けばそれはそれは一生懸命時間通りに過ごしましたよ。
ありとあらゆることを試しました。育児書を読んで気が萎えるくらいあちこち調べ物もしました。
それらを読むと「自分の対応」が悪いからと感じさせるようなものばかりでした。子どもの気持ちを受け止めてないだとか、だっこが足りないとか、もっと甘えが必要とか、いや、キッパリとした親の一貫した態度が足りないとか・・・それはそれはいろんな理由がありましたよ。

 

しかし相手は「イヤイヤ」なのです。
いつか過ぎるもの。明けない夜はないし、出口のないトンネルもないのです。そういうものが来てしまったなあ、と。

期=ある一定の期間は仕方ないと。

それは過ぎた今だから言えることなんですけどそういう時期である、とはっきり言えます。
あなたが悪いわけではなし、躾け方が悪いわけではなし、やれることをやったらあとはもう事前事後の対処さえすればだいじょうぶだよ、と伝えたいです。
過去の自分に。

 

そして、この嵐は突然止むのです。止んだことに気づかないくらい突然に。

 

 

 

norimanga
【編集後記】
質問されて「ああ、そういえばそんなこともあったなあ。」と、思ったくらいです。あんなに大変だったのに、思い出す努力をしなかったらきれいさっぱり、忘れていました。このお題で投稿したのはTwitter友達の「yoma」さん @rong007から質問いただいたのがきっかけでした。こんなつらつらかいて不安を増長させたかもしれませんが(笑)周囲を見てもこんな極悪はあまり見ないので大丈夫かとw

地団駄とかおふろはいらなーい!とか着替えなーい!!はみがきイヤだー!!ねむくなーい!!くらいは、スルー決めこめばだいたい根負けか泣き寝入りします。長男はその程度でした。って、いっても「その程度」っていう言い方がやっぱり「経験者目線」なんですよね。どうしても。うーん。なかなか伝えるのは難しいです。・・・ただただ、次男は、手強かったですorz

そうそう、fmjメンバー内で本記事に目を通してもらった際に「離れている時間がある程度あるせいもあって子らの全部をみれていないかも…。」というよしこさんのコメントをいただきました。いやいや、子どもの全部を見る必要はなくて、むしろワタシはもっと一時預けを積極的に利用すれば、ここまで自分が疲弊しなかったかな〜と、思いました(苦笑)いまは自治体でかなりいろいろな仕組みが展開されているので「もうムリ・・・(ホロリ)」となりそうになったらぜひ、リフレッシュされることをお勧めします!

横浜市の場合は一時預かり専門の保育所や、横浜市の認可園が一時預かり枠を持っていたりします。(要事前登録)
▷こちらのページhttp://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/shien/nyuyoji-ichijiazukari.html

掲載情報が古い場合もあるのでまずは在住の区役所に電話するのがおすすめです。

 

 

 

Filed under: くらちのりこ

by

のり@くらちのりこ twitter id @norixnori ブロガー 暮らし回りのあれこれを発信。子育て、片付け、暮らしかた、考え方。 夫1、男児2(小6、小3)。 神奈川県横浜市 · http://kurasistant.com/

1 Comment

  1. Pingback: わが家のイヤイヤ期 | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です