牧貴士
Leave a comment

階段をのぼる、手を添える。

手を添える

子どもの成長は本当に早いもので、随分と普通に会話ができるようになりました。
昨日までできていなかった事が今日、突然できるようになったり、そんな言葉どこで覚えたん?とびっくりする事もしばしば。

日進月歩じゃないですけど、日に日に成長していく子どもの姿を見て、僕たち親は一体何をしてあげられるんだろう?とよく考えます。

親も普通の人間ですから、怒っちゃダメだと言われたってほぼ不可能です。どうしても怒っちゃいますし、イライラしているとあたったりもしてしまう。親だからしっかりしないといけない・・・なんて考えてると余計なプレッシャーがかかりますからね。

 

よく、子どもと友だち感覚で接するとか聞きます。

僕もできれば友達感覚でいたいなと思っています。別に大した人間じゃないけど、ちょっと先に人生を生きている人間として、そして自分の血を継いでくれている人間として、伝えておきたい事、知っておいてほしい事さえ伝えられたらいいのかなと。

そっと、背中には触れないけど、手を添えておいて、何かあった時にいつでも助けてあげられるように。

本人の人生のレールを決めるつもりはありません。困ればいいし、悩めばいいし、泣けばいいし、ケガすればいいと思ってます。なんでも経験しないと成長しないので、先回りして怪我しないようにとか、痛い目に合わないようになんて過保護な事はするつもりはありません。

できるだけ辛い思いは経験せずに、幸せに過ごしてほしいとは思うけど、そう人生簡単じゃありませんしね。残念だけど日本は理不尽な事がたくさんあります。世界もそうだけど。

そんなのにいちいち不満を言ったって何も変わらない。文句があるなら変えればいい。変えられるまで文句は言わない。希望は言っても文句は言わない。

僕はとにかく子どもに、全ては自分次第だという事を伝えたいです。自分が変われば世界は一瞬で変わりますから。

世界はこんなに楽しいんだよって僕は伝えたいなぁ。

 

編集後記

自分の世界を作っている真っ最中の我が娘ですが、現在、絶賛トイレの練習中です。
おしっこするのにおならが出てしまい、その度に爆笑してるうちの家族はきっと幸せなんだと思います。

難しいですよねトイレって。

僕ら大人は難しい事たくさんしてるんですよねぇ。褒める事はあってもバカにする事なんてひとつもないんですけどね。

 

 

Filed under: 牧貴士

by

catch.the.climax

東京で起業して、2011年9月に故郷の滋賀に戻って色々やってます。起業スクールとかFMラジオのパーソナリティとか。企画屋さんです。 2010年11月生まれの女の子が1人いて、家族3人で暮らしてます。 好きな事とかやりたい事ばかり仕事でしているので趣味は仕事みたいなもんです。思考する事、小説の世界に入り込んで妄想する事が好きです。 育児で何か特別考えてる事はないんですが、色んな事ありますよね。普段から「事象は起こっただけ、解釈の仕方が全て」だと思っているので、育児を中心とした考え方について書くような気がしています^^ ちなみに、GTDとかライフハックとか興味ありますが、続く気がしないので意識してやった事はありません!がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です