ナカシン
Leave a comment

デジタルカメラで子供視点の思い出を残す

こんにちは、隔週木曜担当のナカシンです。

最近、お出かけの時には子供にお古のデジカメを持たせて写真を撮らせています。

元々は奥さんが自分のオモチャとして買ったデジタルトイカメラで、子供が1歳位の時には電源を入れたり切ったりして遊んでいたものですね。

2013-03-16 22.41.08

写真のデータは、無線でデータを自動転送出来るEye-fiのSDカード。転送先は子供専用のGoogleアカウントを作成し、容量無制限のPicasaに保存するようにしています。
このあたりのコンセプトや設定方法は

 

純さんのこちらの記事や

5歳になった娘にデジカメとEye-Fiを与えて子供視点の成長記録を残してみる « 純コミックス

タムカイさんの記事と同じです

なぜギークな父さんは三歳児にEye-Fiを与えるに至ったか、或いはその手引き。 | 切り抜きジャック

■幼少期の消え去った記憶

自分が覚えている一番古い記憶は何歳くらいのものですか?

私の1番古い記憶は、はっきりとしたものでは、幼稚園に通ってた頃のもので、おそらく4~5歳の頃のだと思います。

それも断片的なものばかりで、幼稚園の先生に怒られて納骨堂に閉じ込められた(お寺がやっている幼稚園だったので)とか、ミカン畑からミカンをもぎ取って川に流した(怒られた原因)とか、溜池に落ちたふりをして大声で助けを呼んだ(後でこってり怒られた)とか、今思いだしても印象的なものばかりで、日常の何気ない出来事の記憶は殆ど覚えていません。

記憶が薄れてしまうのは大人も同じで、子供が少しづつ大きくなって行く過程は、その瞬間瞬間に記録していかないと、あっと言う間に忘れてしまいます。

その、大人視点の記録(記憶)は、Evernoteにコツコツ蓄積させているので、保存されているノートを見れば、その日の出来事、そこで感じた感情をすぐに思い出せます。

 
子供の記憶を記録すること | ファミリーマネジメントジャーナル

でも、これはあくまでも親視点の記憶でなので、それをどれだけ見せても、聞かせても、子供にとっては実感が伴わないと思うのです。

子供が自分の記憶をしっかりと刻みつけるには、子供の視点での記録が必要なのです。

子供はまだ字が書けないので、大人のように、記憶のトリガーを文字では残せません。
その点、シャッターを押すだけで自分の見たものを画像として残せるカメラは最適です。

 

■忘れて欲しくないのは

息子は今3歳、まだまだ親にべったりで、何をするにも一緒です。

怒られる事も沢山だけと、無条件に可愛がられるのもこの時期まで。
小学校に上がれば、少しずつ自分の世界を作り親からも離れて行くのでしょう。

この一生の間で最も親子が繋がっている時期の記憶。それは子供にとっては親から最も愛情をかけられていた時の貴重な思い出になるはずです。

これから大きくなる二人の子供には、親が蓄積する記録と一緒に、子供視点の記憶を残してあげたいと思うのです。

 

編集後記

私の父は私が六歳の時に他界しました。

その頃の記憶は悲しいもの、寂しいものばかりで埋め尽くされています。
本当は、そんな中にも楽しい瞬間、嬉しい瞬間はあったはずなんですけどね。

でも、残念なからそれを想起させる材料は手元に全く残ってません。
子どもの頃には、片親という事でずいぶん片身の狭い思いをしました。
今振り返れば勝手な思い込みでしかないのですが、親から受ける愛情や教育を半分しか貰えていない自分は不完全な人間なんだって感じてたんですよね。

でもそれは大きな間違い。ただ覚えていないだけなんです。
もし、今日の記事で書いたような事がその当時に出来ていたら、小学生~中学生の頃に感じていた胸の空虚感はずっと少なかったんだろうなぁ なんて思うのです。

 

こんな写真が撮れています

シャッターは押せても、まだまだきちんとした写真は撮れません。殆どがピンぼけだったりブレブレのものばかりです(笑)

IMAG0120 IMAG0115 IMAG0107 IMAG0026

 

でも、運がいいとキレイな写真がとれるんです。
IMAG0182 IMAG0114 IMAG0043 IMAG0066

一年後には一緒にフォトウォークが出来るかもしれませんね。

Filed under: ナカシン

by

妻と4歳になる息子、2012年7月に産まれた娘の四人家族。 GTDをベースとしたタスク管理、フォトリーディング、NLPに興味あり。 子育ては毎日が試行錯誤。育児は育自を目指して頑張ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です