よしこ
comment 1

PTAの委員になりました

隔週金曜日担当、よしこです。最近の布団の中でのできごと、2歳半の娘がなかなか寝付かないので、あえて背を向けて横になっておりましたら、「ママ、キラキラね、かみのけ」と言われ、ん??、どうやらこのところ急激に増えてきた白髪が、照明の加減で光ってみえたようで少々ショックをうけました(苦笑)。

さて、4月も半ばを過ぎ、新学期、新年度(わたしの勤務先は1月はじまりなのですが、4月に組織変更もあったり、有休の付与があったりして、いつがはじまりやら・・・)を迎えたみなさんも少しは落ち着いてきましたでしょうか。
うちは息子が小学2年になり、はじめてのクラス替えを迎えました。私見ですが、低学年のうちは担任の先生の影響もとても大きい気がして、「どんな先生なのだろう。共働き家庭に理解のある方だといいなぁ、息子と相性がよいといいなぁ」とドキドキでした。

はじめての授業参観

先日、はじめての授業参観とクラス懇談会がありました。
参観で先生の様子をみて、まずホッ^^、5時間目のさんすうの授業でしたが、子どもたちに課題を与えながら考えさせ、ひとりひとりみて回ったり、丁寧な指導をしてくれていることがわかりました。
息子も、それは熱心に授業を聴いて・・・、いえ、熱心に鉛筆を転がしており、顔が赤くなる思いもしましたが。

恐怖の役員・委員決め

続いてのクラス懇談会、年度はじめは緊張の場面です。なぜかというと、小学生のお子さんをお持ちの方は想像がつくかと思いますが、このときに、クラス役員、PTAの委員会メンバーが決まるからです。実は入学したばかりの昨年は、この懇談会(1年生は参観とは別日程でして午後イチにありました)に仕事で遅刻してしまい、到着したころにはすべてが決定してしまっていたのでした・・・

学年合同で集まって年間説明などがあったあと、クラスごとに分かれて、委員決めがありました。
決めなければならないのは、クラス委員(2人)、文化祭委員(2人)、広報委員(1人)です。
事前アンケートのときは、今年は何も引き受けないでいよう、と思っていました。

アンケートでは、クラス委員への立候補が6人、文化祭委員にも4人が立候補しているとのこと。
お母さん同士(この日、お父さんはいませんでした、いてもよいのになぁ)で相談して、誰がなるか決めてくださいとのこと、
・・・・いやぁ、反感を買うこと承知でいいますが、この調整、時間がかかりますねぇ。この人とペアでだったら引き受けてもいい、という個別事情なんかもあって、じゃんけんするにも、どっちがじゃんけんをする、とかモニョモニョ相談しています。

わたしは、この時間に、ふと先生に聞いてみました。
「広報の立候補がいないということですが、平日に仕事を持っていまして、活動にフルには出られないかもしれませんが、それでもお引き受けしてもよいものでしょうか」
「えぇ、たしか広報は年間通じての活動ではなく、しかも分担して担当する感じだと思いますよ」

これで腹が決まりました。ここはペアでやりたいお母さんばかり、それぞれの調整であふれたからといって、1人しか定員のない広報には手が挙がらないだろう。
あと、息子の保育園同級生で上におねえちゃんのいるママさんが、前に広報をしていて、そんなに大変でもないですよ、とおっしゃっていたのを思い出して・・・。
あと、PC仕事なら家でもできますし、仮に毎回委員会に出られなくても引き受けられることはありそうです。

想像どおり、なり手が特になく、潔く引き受けることにしました。
そして、いきなり、初めての委員会の日と、仕事の重要な会議(言うほどでもないのですが、年度はじめなので欠席しづらい)が重なり、委員会の方は委任することにしましたが、今後の活動が心配なような、でも知り合いも増えて楽しみなような、そんな感じです。ほどほどに前向きに取り組みたいと思います。

編集後記

立候補で委員になった働くママの多くが、「なかなか決まらない状況がつらくてつい・・・」という理由をあげている、というのを何かで読んで、なるほど、と思いました(苦笑)、わたしもほぼそんな感じです。

そして、この委員決めのあとは・・・。4月下旬から5月はじめにかけて実施される家庭訪問の順番決めです。
進め方は担任の先生にもよるようですが、だいたいの方法としては、大きな地図にシールを貼っていき、近くの人同士で集まってだいたいの希望日や時間帯を決めてください、とのこと。結局、もともと知り合い同士のご近所さんが、手帳を片手にワイワイ(いや長々と・・・)と一覧表に書いては消し、書いては消ししながら書き込んでいき、わたしのように、近所に知り合いもいなければ、希望日もない(どのみち仕事を休みにしなくてはなりません)人はその輪に加われる雰囲気でもなく・・・
あぁ、こんなとき、fmjのメンバーだったら、自分の職場だったら、もっと効率的に決められるのに、とちらっと思いました。こんなやり方では非効率ですね、と口火を切ってくれる人、それぞれの都合の悪い時間とエリアを入力すればソートできるようなエクセルシートか何かを作ってくれる人、もしかしたら、マップと住所の連携で、もっとも先生の移動時間が少なくなるような回り方を算出することもできるかも…。
でも現実のこの場面では、今回のやり方がコンセンサスが得られているようなので、とりあえずは、それも尊重しておこうと思いました。

Posted from するぷろ for iOS.

Filed under: よしこ

by

大阪出身、だんだん東に来ています。家族は、夫と3人の子ども(男・女・男/2005・2010・2013年生まれ)。夫婦共働きで、家事も育児もなんでもこいの夫のおかげもあり、理系研究職を続けています。時間管理や手帳術、ライフハックに興味はあれど、なかなか実践できていません。ここに参加することで、今より少しでも、有意義な時間が過ごせるようになって、家族のハッピーな笑顔が増えたらいいなと思っています。twitter ID; @keimiesoumom

1 Comment

  1. Pingback: PTAの委員になりました〜その後 | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です