マロ
Leave a comment

あなたの思う「言葉」とわたしの思う「言葉」は同じ「言葉」?

medium_3345060816
photo credit: MrPhilDog via photopin cc

隔週水曜日担当のマロです。

先日、地域のイクメン・スクールに参加してきました。
イクメンとは何かといったような話があるのかなという興味本位で参加したのですが、良い意味で期待を裏切られました。

 

イクメンとは……?

 

講師の方の第一声が
「このスクールでは『イクメンとは』といった話はひとまず置いておきましょう。」
でした。

びっくり!自分の目的であった『イクメンとは』という話はないというのです。

続いて講師の方は、
「もうこちらに参加している時点で立派なイクメンの一人ですよ」
と。

うーん、そんなもんかなぁ?
かぞくとの関わりとか、こどもの接し方とかいろいろあると思うんだけどなぁ。
と実際その時の僕は感じていました。

 

参加者の自己紹介で…

 

次に参加された方達で、自己紹介をすることに。
次々に、どの地域に住んでいてどのような理由で参加したかということをはなしていきます。

ここでも意外な言葉が次々と。
「16才と9才のこどものパパです。参加動機はパパ友を作りにきました。」
「パパ同士の知り合いがいないので、参加しました。」
「すっかりこどもには手がかからないんですが、こどもと遊べる環境を作りたくて」
「ママとの夫婦関係が良く無いのが悩みで…」

イクメン・スクールということで集まった人達がそれぞれ違った感覚で集まっていたのです。

その時ハッと気付きました。
人が決めた『イクメン』という言葉に必要以上に囚われていたのは自分だったのだと。
そして、自分の中の『イクメン』をきちんと自分で決めてなかっただけなんだと。

その後、当初の肩肘張った目的は忘れ、地域のパパ達と楽しんでおしゃべりをしました。
次回の参加も楽しみです。

 

 

『イクメン』を定義してみよう

 

仕事において、一緒に仕事する仲間や上司と「目的」や「目標」を共有することは最も重要なことの一つです。プロジェクト管理やタスク管理の成否を決める部分でもあります。
例えプロジェクトなどの比較的目的のはっきりしたものでも、人によって差が生まれてしまいます。

例えば、「締切は月末」といった一見明確にみえることでも、人によって解釈は違います。
月末は日曜日だからその前の金曜日が締切だなとか、休日出勤して日曜日に提出すればいいかなといった判断の余地が残っているのです。
だからこそ、『締切は28日17:00』といったように明確に決めておくことで、共通認識を得られます。

認識の食い違いは他人とだけでなく、自分の中でも時折起こります。
曖昧な言葉でなんとなく目標を立てている場合、外部の状況によってその時々の解釈が異なってしまうためです。

これを防ぐには、曖昧な言葉を仮でもいいのでまず定義し書き出すことが必要です。

 

今回の場合だと、自分のなりたい「イクメン」とはどういったものなのか?目標値は?など書き出してみることです。

もちろん一旦決めたからといってずっと縛られるのではなく、定期的にみて再定義するのも良いことでしょう。大事なことはまずは思い描く姿を再現できるように書き出すことです。

また、自分なりに定義した「イクメン」は自分なりの目標であり他の人の「イクメン」とは違っていて当然です。そのため、同じ言葉を使う場面で、「この人は自分とは異なる捉え方をしているんだな」と思うことができます。

世の中、案外曖昧な言葉で出来ているものです。
漠然とした「みんな」という視点は実際のところ存在せず、人それぞれの解釈で成り立っていたりします。
そういった中で自分なりの視点を定めることで、目標に対して進むことができます。

一般的に使われる言葉をかぞくで再定義してみるのも面白いかもしれません。
もしかしたら、違った解釈と考え方が見えるかもしれませんよ。

 

編集後記

こどもは絵本が好きらしく読み聞かせるのですが、その際に本を両手に持ちどちらの本を読んでもらいたいか選んでもらっています。
こどもなりに何か考えてどちらかを選んでいるようで、いつも決まった本が選ばれるなと思っていたら、そのブームは去り、違う本に興味が移ったりと日々選択は変わっています。
まだ少ない経験の中から必死にどちらにしようか考えているようで、選んだ後の読み聞かせを待ち構える姿が何ともかわいらしいです。
自己主張も出てきて大きくなったんだなぁと感じた休日の午後のひとときでした。

Filed under: マロ

by

隔週水曜日担当のマロです。 みんなで楽しく働くことを望むものづくり系会社員であり、2012年に男の子が生まれたばかりパパ初心者。 GTDやライフハックに興味があり、時間や気持ちに余裕を作るため日々工夫しています。 好きなことはものづくり。工作も好きだし、得意のExcelや覚えたてのプログラムでちょっとしたものを作るのも好きです。 仕事に生かしてきたタスク管理を育児にも役立てられないか。 現在進行形で挑戦していることを発信していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です