とし
comments 2

小さな習慣化が自分を強くする

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

前回は小さな成功体験についてお話ししました。今回は、最近わたしの頭をぐるぐる回っている小さな成功体験にまつわるキーワードについてお話をします。

さて、本題に入る前に嬉しいお知らせがあります。なんと、前回の記事をひろまさん(@hiroma20)とひろせさん(@shirose_jp)に取り上げていただきました。さらに、fmjの牧さん(@maki194)にも。

 

子供にも小さな成功体験を | Serial Number ZERO

 

子どもに対する親の影響の大きさについて考えさせてくれた3本の記事 | Simple Living

 

褒めるポイント、褒めるタイミング。 | ファミリーマネジメントジャーナル

 

わたしの書いた記事を読んでくださることは、とてもとても嬉しいです。さらにその記事が、あなたが考えたり行動するきっかけとなったのなら、これに勝る幸せはありません。

それでは、本題に入ります。

 

きっかけはセミナー

 

去る5月11日。たちさんこと立花岳志さん(@ttachi)のセミナーに参加しました。

そのセミナーは、『自由に生きる!どうしても人生に突破口を作りたい人のためのファーストステップセミナー』というタイトルです。

たちさんは、30代後半にして25kgのダイエットに成功し、会社員を辞めてプロブロガー・イベント開催・作家など多方面に渡ってご活躍されています。そしてこのセミナーで、ご自身が人生に突破口を開いた方法論を、汎用化して紹介してくださいました。

このセミナーに参加したことが、前回のような考えに至るきっかけとなりました。

たちさんのセミナーでは、人生に突破口を開くための方法論がたくさん紹介されました。その中でもとりわけわたしの心に残ったキーワードが、『自己肯定感』『小さな成功体験』です。

 

キーワードその一『自己肯定感』

 

自己肯定感とは、簡単に言うと自分を認めることです。幼少の体験などで、自分を否定するような出来事に遭遇したりすると、自己肯定感が下がってしまいます。そして、自己肯定感が低いと、どうせ自分なんて、と何事に対しても消極的になりがちです。

そこでたちさんは、自己肯定感を高めるために実践することを、いくつか紹介されました。その中でもわたしがお気に入りなのが褒めることです。

こちらの記事のように、ささいなことでもいいので自分を褒めるのです。褒めているうちに、少しずつですが確実に、自己肯定感は高まっていきます。

 

キーワードその二『小さな成功体験』

 

小さな成功体験は、先に出た自己肯定感を高める効果もあります。また、前回お話ししたように、時には人生を変えるほどのきっかけや勇気の源となります。

たちさんがセミナーで紹介されていた、小さな成功体験を積み重ねるポイントは習慣化です。

ほんのささいな習慣でいいので、コツコツと続けることで小さな成功体験を積み重ねることができます。とはいえ、夏休みの絵日記に代表されるように、多くの物事に対して三日坊主どころか一日坊主だったわたしとしては、習慣化と聞くだけで物怖じしてしまいます。

そこでたちさんが紹介されていたのが、次の二つの方法です。

一つ目は、習慣化する行動は絶対に一つにして、目をつむってもできるくらい簡単なことにするです。

新しいことをはじめる時にはやる気満々なことが多く、えてして無謀な計画を立ててしまいます。例えば、毎朝7時に起きていて、この数年ほとんど運動もしていない人がいたとします。そんな人が、朝は4時に起きて毎日ランニングと筋トレをするぞ、と息巻いても大抵は失敗に終わります。そしてあとに残るのは『続けることができないダメな自分』という否定的な感情です。

それもそのはず、とたちさんは言われます。人間は習慣の塊なので、一朝一夕に新しい習慣を身につけることはできないのです。

そのため、あえて簡単なことからはじめるのです。早起きしたいなら『今より一分だけ早起きする』。運動したいなら『毎日ランニングウェアを着て玄関を出る』といった具合にです。大切なのは続けることなのです。そして、自分の習慣の塊の中に、ほんの少しずつでもいいので、新しい習慣を入れ込むことなのです。

二つ目は褒めることです。

どんなささいな習慣でも、それを達成したら自分で自分を褒めます。褒めることで、自分の心にこの習慣は良いことなんだという意識を根付かせるのです。

仲間とともに褒め合うと、さらに良いです。家族や友達と一緒に習慣化にチャレンジするのもいいでしょう。また、TwitterやFacebookなどのSNSで仲間を募るのもオススメです。

毎日の習慣を報告して褒め合うことは、とても励みになります。今日はやる気しないなあという場合でも、仲間が続々と習慣をアップしているのを見ると、やっぱりやろうかなとなります。

わたしは、のりさん(@norixnori)とおかもとさん(@100okamo)の呼びかけではじまった、Twitterの習慣化にグループに参加しています。また、ひろまさんが主催されているFacebookグループにも参加しています。どちらも、コツコツと習慣化を進めようとする方々が集まっています。そして、習慣の報告をアップすると、続々といいねやコメントがつくので、とても励みになります。

これらのグループのおかげで、わたしの習慣化は冒頭の写真のように20日以上続いています。

人生を変えるきっかけを求めている。習慣化したいことがある。そんなあなたは、ぜひお試しください。

今回で終わりのつもりでしたが、長くなったので次回に続きます。

 

編集後記

 

火曜日担当のとしです。以前紹介した週次レビューも、小さな成功体験と習慣化に一役買ってくれます。

以前のわたしにとって、一週間は漫然と過ぎていました。記録を付けず、振り返りもしていなかったので、一週間に何をしたかほとんど思い出せませんでした。そのくせ、『また何もできなかった』という思いだけを抱えていたのです。

しかし、記録をつけて週次レビューをするようになると、一週間の密度が圧倒的に濃くなりました。ああ、自分はこんなにもいろいろなことをしているんだ。わたしも少しずつ前に進んでいるんだ。というように実感することができます。

このような体験が心の中に積み重なることで、心にしっかりとした地層が出来上がるのではないかと思います。そして、その地層は時に盤石な地盤となり、時に化石や石油のように多様で貴重な資源となるのだと感じています。

それでは、引き続きfmjをお楽しみください。

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

2 Comments

  1. Pingback: そして自分の強みとは? | ファミリーマネジメントジャーナル

  2. Pingback: シゴタノ!Skype個別相談で第一歩を踏み出せた!わたしの新プロジェクトを発表します。 « はれときどきくもりZ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です