G-mom(ジーマム)
Leave a comment

こどもに聞かせたくなかった言葉:子育てを終えつつある私からのお願い

 

毎日、こどもにどんな言葉をかけていますか?

特に人前では謙遜してしまい、褒めてもらった事を否定してしまったり、自分のこどもをつい悪く言ってしまったりしがちですね。

 

394540090_28fc78726f

 

不必要な謙遜

 

例えば、

 

「きちんと挨拶出来てえらいですね」

と、誰かにこどもを褒めてもらった時、あなたはなんて答えるでしょうか?

 

「ありがとうございます。でも・・・」

 

「・・・出来たり出来なかったりですよ」とか、

「・・・もう少し大きな声で言えるといいんですけどね」

 

なんて、言ってしまう事はないでしょうか。

 

私は、こどもの事を褒められると、つい言う必要のない自虐的(子虐的?)な言葉を抑える事が出来ませんでした。

 

今でも、自分のこどもを人前で褒めるのは苦手で、

褒める事が出来ても最後にはオチのように「ダメなところ」を付け足してしまいたくなります

 

 

なぜでしょう?

 

 

自分のこどもの事を、自分の分身のように思っている、そんな考えがどこかに残っているからではないかなと感じた事があります。

 

 

「子育て」やり直せるならば・・・

 

私のこどもたちはもう既に大学生ですが、

 

子育てをやり直せるなら何をしたいですか?と誰かが聞いてくれたなら、

 

私は迷わず

 

「こどもの前で言ってしまった謙遜の言葉を取り消したい」と答えます。

 

他にもいろいろ思いつく事がなかったわけではないけれど、

本人達の前で、何度「こどもの粗捜し(アラサガシ)」をしてしまった事か・・・と頭を抱えます。

 

でも、その当時は当然のように、

 

「人前だからお母さんは謙遜しているの。

本当にそんなにダメな子と思っているわけじゃないよ、

わかっているよね?」・・・なんて思っていました。

 

でも、それは大人の事情です

 

こどもは間違いなく傷ついていたと思うのです。

 

大きくなれば、謙遜とわかるかもしれません。

しかし、それでも自分の悪いところを人に言っている親を嬉しく思うわけがありません。

 

 

私が子育てを振り返る時、心から反省している点なのです。

 

 

人の前だからって、可愛い我が子を傷つけてまで謙遜する理由などなかったと、今思っています。

 

もし、子育て真っ最中で、自分も似たところがあると思う方がいたら、ぜひ私の反省を思い出してください。

 

こどもの立場に立てば、褒められる事は嬉しい事。

その上、大好きなお母さん、お父さんまでが自分が褒められた事を喜んでくれたら・・・こどもはどれだけ嬉しいでしょうか?

 

こどもが褒められたら、それは絶好の機会!

 

こどもの心に小さな自信の積み重ねをするチャンスなんです♪

 

 

 

〜編集後記〜

 

IMG_4602.PNG Gmomです♪

 

最近は、こどもと一緒に出歩く事も少なくなったので機会も減りましたが、本人の前でよその方に褒めていただいた時、口からこぼれそうになる謙遜(愚痴?)をグッと堪えて、ただ感謝の言葉だけを言うようにしています。

例えば・・・

「息子さん、立派になりましたね。」と褒めていただいた時・・・

本当なら

「いえいえ、まだまだ尻拭いする事ばかりです。(←事実)なんとか、大学生頑張ってやっているようですが・・・」

なんて、言ってしまいそうになります。

今は、本人の前では「ありがとうございます。」とだけ言うようにしています。それ以上しゃべると、ついまた言ってしまいそうになるので。(苦笑)

 

小さいお子さんは親と一緒に行動するので、出先で知り合いと立ち話など、こどもの前で大人の会話をする事も多いと思います。

「背が伸びましたね!」と褒めてもらったら、「まだまだ小さいです」なんて言わずに、「そうなんです!」と嬉しそうに答えてあげてください!

自信をつけるチャンスが来たと思って肯定してあげてください♪

 

 

 

Filed under: G-mom(ジーマム)

by

大学生の息子2名、末っ子に高校生の娘1名を持つ普通の母。振り返れば親子で泣き笑いの育児でした。「楽しかったけれど、無駄に悩んだり迷ったりした事も多かったなぁ…」という経験から、今を頑張るパパやママに、もっと育児を楽しんでもらえるよう、失敗談含めシェアできたらと思っています。 幼稚園勤務経験あり。地域の育児サポートに参加しています。質問大歓迎!お待ちしていま〜す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です