マロ
comment 1

家事にこそタスク管理を(1)

medium_2212761676
photo credit: splityarn via photopin cc
隔週水曜日担当のマロです。

 

こどもが生まれ育児に参加して行く中で、最近家事について考えることが多くなりました。

 

家事とは何だろう?

 

まず、家事を辞書で調べてみると
 家庭内の事情や事柄。「―の都合により休暇」
 掃除・洗濯・食事の支度・育児など、家庭生活に欠かせない仕事。「―手伝い」「―に追われる」

とあります。ここで話題としている家事は2番目の意味のことになります。

 

掃除・洗濯・食事などいわゆる衣食住のことが家事であり、

衣食住は家族の人数や生活環境によって変わりますので、一概に家事とはこれがないとダメということではないような感じもします。

 

もっと具体的な家事について考えるために、少し前に遡り我が家の家事について振り返ってみたいと思います。

 

 

 

共働きの時の家事

 

結婚当初、我が家は奥さんと共働きで休日にまとめて掃除や洗濯などの家事を行い毎日の食事は早く帰った方が行うといった働き方に合わせた家事を行っていました。

そんな家事の中でタスク管理を活用したのが、買い物リストの共有でした。

 

僕自身が洗剤やトイレットペーパーの値段をほとんど覚えておらず、買い物を頼まれてはよく高い値段で買ってきてしまい、呆れられることがあったのです。

 

そこで買い物リストに『買うモノ』の他に『買ってほしい値段』を書くことにしてクラウド共有することで、お互いに買い忘れず適正な価格で買うことができ実にうまく運用することができました。

家計についてはお互いに無駄遣いをするタイプでもモノを増やすタイプでもなかったため、ほとんど管理していませんでした。

掃除についてもモノが少ないこともあり毎週決まった掃除をしているくらいで済ませることができました。

結構ざっくりとした家事のスタイルでしたが、働くことの延長に最低限の家事を付加するという感じでできていました。

反対に最低限のことだけでしたので、計画的に旅行したり貯蓄したりということに関してはいまいち足りていなかったようにも思います。

 

 

こどもが生まれてからの家事

 

こどもが生まれると今までの最低限で行っていた家事から、頻度や量が増えました。

 

具体的には、こどもが常に家にいることから、部屋の掃除の頻度が増えました。

さらにこどもの服は汗をかいたりよだれを垂らしたりで、毎日大量にでるため洗濯の回数は必然的に増えます。

また、今までは自分たちの食事のことだけを考えれば良かったのですが、ミルクや授乳に合わせて取れるような食事をまとめて休日に作ったり、

離乳食が始まるととりわけをして作れる料理を作ったりとこどもに合わせた食事のメニューを考える必要も出てきました。

 

振り返ってみると自活していた大人が行っていた家事に対し、生活環境が変わることで最低限こなさなくてはいけない家事も増えていたのです。

育児にプラスして今まで以上の家事・・・・・思っていた以上に負担は増えていたのですね。知らない間に負担をかけていた奥さん、ありがとう。

 

 

 

 

家事をリストアップしてみよう

 

我が家の家事を振り返ったところで、生活環境で変化していく家事を自分自身が把握していなかったことに気づきました。

全体を把握していないので、『よくわからないけど忙しい』『まだ何かやることあるかも』『これもやらなきゃ』といった形であたかも家事に終わりが無いように感じてしまいます。

 

たしかに家事は生活を維持していくという意味ではゴールがあるわけではなく、良い状態を維持するという終わりのない目標ではあります。

しかし、日々の生活の中ではここまでやればすっきりするという何かしらのゴールがあるはずです。

 

『やるべきこと』『やりたいこと』に囲まれてしまった時には、まずは全てリストアップしてみるというのがタスク管理の基本です。

家事にもタスク管理を活かして、全てリストアップしてみようと思い立ちました。

 

すると意外にもいろんな気づきがあったのです。

ちょっと長くなったので次回に続きます。

 

編集後記

もっと余裕をもって仕事を進めたいと考えタスク管理に興味を持ち実際に効果を感じ始めた頃にも、家事にタスク管理は活かせるのではないかと漠然と考えていた時があり、あるブログに出会いました。

執筆者はお子さんが一人いる現役の主婦の方。
主婦こそタスク管理というテーマでブログを書かれていて、興味深く拝見させていただいていました。

5年前のあるセミナーで偶然にもその方と直接お会いし、どのように家事に活かしているのかをお話を聞かせてもらいました。

その方こそ、fmjののりさんです。

数年後、別のセミナーで再会し、twitterでのやりとりからfmjが始まり今に至ります。

今思うと出会いは偶然であり必然だったのかもしれませんね。

Filed under: マロ

by

隔週水曜日担当のマロです。 みんなで楽しく働くことを望むものづくり系会社員であり、2012年に男の子が生まれたばかりパパ初心者。 GTDやライフハックに興味があり、時間や気持ちに余裕を作るため日々工夫しています。 好きなことはものづくり。工作も好きだし、得意のExcelや覚えたてのプログラムでちょっとしたものを作るのも好きです。 仕事に生かしてきたタスク管理を育児にも役立てられないか。 現在進行形で挑戦していることを発信していきます。

1 Comment

  1. Pingback: 家事にこそタスク管理を(2) | ファミリーマネジメントジャーナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です