なお♪
comment 1

育児に認知行動療法を活用しよう (11)

かりんとう

実家への説明

ほっほい!
こんにちは,ドクターなお♪です。
毎日の育児に家事に,それにお仕事していらっしゃる方も,お疲れさまです♪

「育児に認知行動療法を活用しよう」シリーズ,第11回目となりました。

前回(第10回)は,いよいよナナコさんがカズコ先輩に誘ってもらったプロジェクトが本格始動ということで,実家との関わりかたも変わってきそう…というお話でしたね。

さて,今回は?…

「そういうわけでね…お父さんにもお母さんにもハチロウにもいろいろ迷惑を掛けると思うんだけど,よろしくお願いします」

週末,ナナコさんは早速こどもたちを連れて実家へ出向きました。こどもたちは着くやいなや弟ハチロウさんに飛びつき,一緒に遊びに出てしまいましたが,おかげでナナコさんはダイニングの椅子に座って落ち着いて話をすることができました。

「いいわよ。お父さんがムッタとナナミを保育園に迎えに行って,こっちで夕飯食べさせるようにすればいいでしょ?」

「うん,ありがとう。仕事が終わり次第,私がここに寄ってムッタたちを連れて帰るから…。たぶんあの子たち,ハチロウと遊びたがるからハチロウも大変だと思うんだけど」

「ハチロウはいいのよ,どうせ暇にしてるんだから」

お母さんの物言いは若干トゲを含んでいましたが,ナナコさんはスルーしてお母さんの出してくれたかりんとうに手を伸ばしながら,お父さんに声を掛けました。

「お父さんも,お迎えとかごめんね…」

「心配要らんよ。あの子たちにちょくちょく会えるのは嬉しいし。お前も,仕事がんばりすぎて体調崩さないようにな」

「うん,ありがとう」

そこへ,ムッタたちが元気に帰ってきました。

「ただいまぁ! あ,かりんとう!!」

ダイニングテーブルのかりんとうへまっしぐらに向かってくるムッタくんをナナコさんがいつものようにぴしゃりと叱りつけようとしたそのとき,

「おーっと,ムッタ隊員! おうちに帰ったら『ただいま』の次のミッションは何だ?」

「はいっ,隊長! うがい手洗いであります!」

機嫌よくハチロウさんの指示に従って洗面所へ向かうムッタくんの姿を見て,ナナコさんは行き場を失ったお説教のことばを飲み込んだのでした。

ハチロウと語る

ハチロウさんたちが帰ったのを見届けるようにお母さんは買い物に出掛け,お父さんはリビングの新聞を持って自分の部屋へ戻りました。

こどもたちがいつも観ているテレビアニメの時間になったというのを聞いたハチロウさんが,

「よーし,じゃあ食糧を持って,テレビ前へ急行せよ! 気をつけることは何だ?」

と声を掛けると,

「ひとつ! 食糧をこぼさないこと!」
「ひとつ! 番組を観終わったらテレビを消して戻ること!」

とそれぞれムッタくん,ナナミちゃんが応え,「よーし,行ってこい!」というハチロウさんの声を受けて「ラジャー!」とふたりはかりんとうのお皿を持ってテレビのある和室へ移動しました。

「ねぇ,ハチロウ。今日ここに来たのは,ちょっとお願いがあったからなの」

ナナコさんは,会社のプロジェクトの話やこれからこどもたちが実家にお世話になる頻度が増えるであろうことなどを改めてハチロウさんにも説明しました。

「特にあの子たち,ハチロウに懐いてるから,いつもつきまとって大変だろうと思うけど…ごめんね」

「あぁ,いいよそんなの。どうせ俺,暇にしてるから」

ハチロウさんの言葉はやや自嘲的な響きを帯びていましたが,ナナコさんはそれは気にせず言葉を続けました。

「やんちゃでわがままで,ホント迷惑掛けると思うの。でも,ハチロウの言うことをあの子たち素直に聞くからビックリだわ」

「そう? 姉さんがちゃんと躾けてるからだよ。いつも家でもいい子なんでしょ? 俺は精神年齢低いから,こどもからすぐに親近感持たれるんだよね」

ナナコさんは,家ではなかなか言うことを聞かない子どもたちの育児について悩んでいることを打ち明けようかと一瞬思いましたが,ちょっとハチロウさんには言い出せませんでした。

…これからしばらく,ムッタたちと関わる時間が少なくなるし,仕事が忙しくなってストレスだって増えるはず。「怒ってばかりのお母さん」は脱却したい。こどもたちとうまく関われるようになろう。ハチロウみたいに…。

ナナコさんは,心のなかで密かに決意を固めたのでした。

~ 編集後記 ~

とうとう,育児を実家へ頼る決心をしたナナコさんです。お母さんのハチロウさんに対する不満や,ハチロウさんの自信のなさは相変わらずですが,ナナコさんはうまく『影響の輪』のなかでやり過ごすことができたようです。そして,ハチロウさんがこどもたちと関わる姿を見ることは,ナナコさんのこれからの育児に対する姿勢に何か影響を与えてくれそうですね。
次回は7月23日更新予定です。それでは,引き続きファミリーマネジメントジャーナルをお楽しみくださいませ♪

Filed under: なお♪

by

児童精神科の勤務医をしています。児童思春期の心の悩み,発達障害支援,特別じゃない特別支援教育,育児支援,ワークライフバランスに興味があります。夫と小学生の息子との3人暮らしのなかで,私自身も母親としてあれこれ悩みながら日々育児に奮闘中です。子育ての負担やストレスはできるだけ軽くしたいし,せっかくならこどもの育ちを楽しみたいし,でもこどもの心はしっかりたくましく育てたい…と欲張りな願望をもっています。こちらでは,子育てが少しでも楽になるような考えかたやコミュニケーションのとりかたについて,迷ったり気付いたりしたことを中心にあれこれ書いていきたいと思います。

1 Comment

  1. Pingback: 育児に認知行動療法を活用しよう(12) | あなたのおうち、わたしのおうち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です