蓮花
Leave a comment

夏の食養生

こんにちは、蓮花です。
bitter melons
いきなり暑くなりましたね。こんな季節の食はどんなことに気をつければいいのでしょう?

 

熱をはらう

真夏には体温近もしくはそれ以上まで上昇する気温。そのままでは内臓が暑さの影響を受けてしまいます。冷房をギンギンに効かせるよりは、涼しくなる食材で上手に涼をとりましょう。

 

“陰”を補う

夏は汗をかくので、水分が失われます。ダイレクトに水を飲んだり、水分の多いものを食べることも大事ですが、臓器を潤す作用も重要になってきます。熱を受けると水分は蒸発してしまいますからね。両方の作用をバランス良く摂ることがポイントです。

 

苦い、酸っぱい、塩っぱい味

苦味は熱を冷まし、解毒する作用があります。酸味は細胞をキュッと引き締め、無駄に汗をかくのを防ぎます。汗で失ったミネラルは自然塩などで補いましょう。

 

これはやっちゃダメ

冷たい飲食。夏に限ったことではないんですが‥冷蔵ケースや自販機から出てきたばかりの冷え冷えのドリンクを灼熱の屋外で‥これは100歩譲ってセーフ。でも氷の入ったものは避けて下さい。気持ちはわかるけど、アウトです。37度前後の胃袋に、いきなり0度を下回る氷が入ってきたら‥胃がかわいそうです。今年の夏は”脱・氷”に挑戦してみましょう。

 

夏の薬膳食材

熱を冷まし、臓器を潤す食べ物
そば・小麦粉・レタス・トマト・ナス・きゅうり・セロリ・せり・もやし・緑豆・すいか・バナナ・りんご・キウイ・梨・緑茶・豆腐・豚肉
熱を強力に冷ます食べ物
ゴーヤ・きゅうり
 
ところで、ゴーヤって冷凍出来るってご存知ですか?私はこの本で初めて知りました。

あな吉さんのゆるベジ いちばんかんたんな、野菜フリージングの本

びっくりするような意外なレシピも載っていて、参考になります。

ゴーヤはこれから旬の季節を迎え、安くていいものが出回ります。近頃は「緑のカーテン」でご自分で栽培される方も多いそうです。そうしたご近所さんからお裾分けを頂く機会もあるかもしれませんね。冷蔵だと日持ちがしないですが、凍らせてしまえば使い勝手はグッとアップします。冷房にも氷にも頼らない”涼”の為にも、積極的に食べたい野菜ですね。

でも苦味があるので、小さな子どもは食べにくいかもしれませんね。種の周りの白いワタが苦味が強いらしいので、そこをしっかり取ること、半月型に切った後に塩をまぶして10分ほど放置→水洗い、を実行しています。塩にまぶしておくことで、ほんの少し苦味が和らぐような気がします。

あとは、濃いめの味付けにしてみるとか。コーンと一緒にバター醤油で炒めたり、挽肉や玉ねぎと一緒にカレー味で炒めて、ドライカレーにしてみたり。ご飯にのせて半熟目玉焼きをトッピングすれば、更に苦味を誤魔化せるかもしれません。(ふつうのカレーに入れてみたこともありますが、なんだか水っぽくなってしまってイマイチでした‥)合わせる副菜は、きゅうり・トマト・セロリでサラダにしてみたり、枝豆、冷奴、焼きナス‥夏に旬を迎える食材の定番のおかずは、みんな薬膳効果のあるものです。

 

自然の習慣に寄り添う

別に特別ことをする必要はないんです。今よりも少し、自然の状態に寄り添ってみる。冷房を控えてみたり、氷を使わないでみたり‥(昔は製氷技術が発達していなかったので、漢方では氷は「不自然なもの」という位置づけです)

冷房の効いた室内にずっといる場合、試しに温かいお茶を飲んでみてください。びっくりするほど胃が温かく心地よくなると思います。現代の夏の環境は「冷やし過ぎ」であることを意識すれば、夏の養生は成功です。

 

 

編集後記

中国では「寒い季節に起こる病気は、夏に治す」というのが治療の鉄則だそうです。呼吸器系やリウマチなどは”陽”が足りなくて起こる病気とされています。”陽”がたくさんの夏にたっぷり吸収して、冬の発作に備えるのです。道理で、中国人は夏でもあまり冷房を使わないし、氷の入ったものも口にしません。始めはびっくりしましたが、慣れると意外と心地いいものなのです。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です