くらちのりこ
Leave a comment

夏休みに向けて準備をしているもの(行動編)

file0001571186151

 

 

昨日からの連続投稿、くらちのりこです。

昨日は「夏休みに向けて準備をしているもの(スケジュール編)
本日は「夏休みに向けて準備をしているもの(行動編)」をお届けします。

 

暮らしのリズムを整える

暮らしのリズムを整えることを意識しています。
この時期、暮らしがどうも遅い時間に倒れていきがちです。日が延びているので明るいけどもう19時!と、びっくりします。
いつもよりちょっと余分に気にかけるくらいがちょうど良いように思います。

  1. 「ごはん→おふろ」だった順番を「 おふろ→ごはん」へ入れ替え
    遊び疲れた子どもたちはたべるのもそこそこにバタンキュー。これはまずいと、帰ってきたらその足ですぐおふろへ、というスケジュールに変更しました。ごはんをたべると満足して寝てしまいますが、おふろを先にすると気分もさっぱりし、食事まで寝落ちせずにすむことが多くなりました。(それでもたまに幼稚園児は寝てしまうときもあります。)
  2. くもんは朝、学校の宿題をその日の夕方に取り組む
    本人曰く、学校の宿題は絶対翌日に出さないと行けないからその日のうちに。くもんはぎりぎり行く直前に(苦笑)やっても間に合うからと言う理由で朝学習になりました。夏休み中は学校の宿題もあわせて朝のうちに集中出来るように促したいところです。(激しく希望的観測(笑))
  3. ノートにできたこと、やることを記入する。
    最初は、夏休み用ではなく、あまりにも忘れ物、失くしモノの多い長男のために自由帳にメモを書こう、と提案したものです。せっかく、家で宿題を済ませているにもかかわらず「出し忘れ」が多いためです。やることを書いておいたらわすれないよね、と伝えています。「今日のよかったこと」はおまけです。いきなりやらなきゃいけないことを書き出すのはつまらなくなっちゃうかな?と、おもって加えてみました。夏休みは先生へ出すものの代わりに「今日やる宿題」で続けてみようと思います。

 

一度に変えない。ひとつずつ様子を見ながら

子どもに限ったことではありません。習慣づくりは大変な作業です。

我が家はずーっと、「ごはん→おふろ」だったので最初は「おなかすいた!なんでお風呂が先なの?」とブーイングもありました。
これからはこうする!と、宣言してイレギュラーをなるべく作らず、習慣づくまではこのルーティーンに集中しました。
「ごはんごはん!」と本当にうるさいときもありました。
でもそれは「じゃあもっとはやく家にかえってくればよかったよね?」と話しました。

これは昨日も紹介した本の中に「夜の時間にイライラしないためのスケジュールの作り方」の章に詳しく掲載されています。本に従い、1週間はがんばってこのスケジュールを守った頃にはもうブーイングもでなくなりました。
今では帰ってくるとお風呂へ直行します。習慣作りはなれるまでが大変ですがいったんそれが軌道に乗ると勝手に動いてくれるのでとてもラクになります。

 

編集後記:

暮らしのリズムを整えることは、子どものためだけでなく自分のためでもあります。元気いっぱいの子どもたちとは裏腹に、自身は経年劣化が進みます(涙)同じことをしても子どもの倍以上疲れますし、回復にも時間がかかります。
子どもたちが早寝早起きだと、親もゆとりができます。親の「イライラの素」は子どもの素行よりも「自身の疲れ」に起因することの方が多いように感じます。自分にゆとりがあるとすこしやんちゃをされてもゆったり対応することが出来ます。
「よく食べ、よく眠り、しっかり休む。」蓮花さんのこの言葉がだいぶ生活に反映されてきました。
子どもたちが寝た後にぬるーいお湯に身体を浸して疲れをほぐしてから休みます。自分のおやつに、万能木の実(?!)クルミもよく食べるようになりました。暮らしやからだのリズムを整えることはかぞくみんなの満足につながると考えています。

Filed under: くらちのりこ

by

のり@くらちのりこ twitter id @norixnori ブロガー 暮らし回りのあれこれを発信。子育て、片付け、暮らしかた、考え方。 夫1、男児2(小6、小3)。 神奈川県横浜市 · http://kurasistant.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です