よしこ
Leave a comment

5人家族になりました ~気がついたこと~

月曜日担当のよしこです。10月はじめに第3子を出産しまして、あとちょっとで4週間になります。Twitterでは数え切れないくらいの応援とお祝いのメッセージをいただき、感謝感謝です。
写真_ハロウィンお面

前々回の記事、この秋、5人家族になる予定です では、子どもが増える=変動という意味でのリスクが増えるとどうなるんだろう、ということを書いていました。
前回の記事は、わたしが出産直後だったため、よし夫、ことうちの夫が代打で書きましたが、 上手くいかないときのためのプレゼント と題して、仕事でも家庭でも、「上手くいかなくなるケース」を見越して、そこでの対策を用意しておくこと、について触れていました。

今回は、まだ1ヶ月経っていないのですけれど、5人家族になってみて感じていることをあげてみようと思います。

違うこと、慣れていること

子どもが生まれるのは3回目ですが、毎回違うもんだなと思うことと、慣れたもんだなと感じることがあります。

前者は、妊娠・出産の経過、赤ちゃんの様子などです。ある程度は体質の影響を受けるとは思うものの、「ひとつとして同じ出産はない」「ひとりとして同じ子どもはいない」ということを感じます。

後者は、新生児の扱いですね。忘れたと思っていても、沐浴、オムツ替え、授乳、だっこなど、やってみるとあぁこうだったこうだったと、わりとすぐに感覚が戻ってきます。あともう一つ、想定外のことへの慣れ、というのがあるなと気がつきました。妙な言い方かもしれないけれど、前者であげた「違うこと」「思ったとおりにならないこと」への対応に慣れているのです、いちいちジタバタしないというか。
1人目のときだったら、育児書に書いてあることと違う、他の子と違う感じがする、と不安になっていたこと、2人目のときでも、1人目のときと違う、こんな風だったかな、と焦っていたことが、今回はあまりないような気がしています。

手は足りていない・・・でも

親2、子2⇒親2、子3になって、やっぱり大人の手が足りない部分はあります。
あと、親2がいつでもフル稼働できるとも限りません。実はこの土曜日、わたしは産後はじめての遠出をしました。お世話になった方の大切なお祝いの会だったので、どうしても参加したいと思い、まだ回復期の産後の身体にはあまりよくないことと、8・3・0の3人の子どもたちを夫1人に任せるのは相当大変だろうこと、を承知の上で、かなりの強行軍でした。

上の子2人と夫については、出産の入院中も3人で問題なく過ごしていました。新しく加わった3人目の対応ができれば、相当大変だろうけれども、何とかはなるかなと思っていました。わりとよく寝るほうなのですが、いろいろ察したのでしょうか、どうもこの日はそうでもなかったようで、とにかくだっこしていないと落ち着かない、という感じで夫は他のことが何もできなかったそうでした。

帰りの道中で、あれができなかったこれができなかった、と夫から連絡を受けました。子どもたちのためにと頼んでいったことがいくつかあったので、これまでのわたしだったら、「えぇ!なんで?」「じゃぁこういう風にはできないの?」「せっかくだからがんばって」など、いろいろ指示してみるところでしたが・・・(鬼ヨメ・・・)
前々回、前回の記事のように考えられていたおかげもあるのだろうと思います。 「そうか、大変だったね」「子どもたちは残念がっていない?大丈夫?」と返すことができました。

手は足りないけれども、それを補うだけの心構えは少しできてきたかな、と思っています。いま気がついていることはこんな感じです。

編集後記

子どもたちのために頼んでいったこと、というのは、マンション内で行われるハロウィンイベントへの参加でした。昨年の記事に書いたように、参加希望者を募ってお互いのおうちを訪問しあう、というささやかな催しです。さすがに今年はとりまとめはできないと思っていたところ、複数の方が協力して進めてくださり、今年も開催されました。
夫によると、オバケが来ると思ったのかあまり乗り気でなかった真ん中の娘が、カボチャのお面を作ると言い出したので、作ったところ(それが冒頭の写真です)、上の息子も何か作りたくなり、それがどうもうまくいかなくて凹んでしまい、けれども3人目がぐずって何も手伝ってやれなくなってしまったのだとか・・・。ささやかな短時間のイベントなだけに、時間に間に合わなくなって断念したそうです。
帰宅すると、家族と、カボチャのお面や、上の息子が折ったカボチャの折り紙がさびしそうに出迎えてくれました。

「大人1人で何とかできるのは2人まで。3人とはこういうことです。」
帰宅途中に届いた夫からのメールが効きました。

母の無理な計画のせいで、特に上の息子にはかわいそうなことをしてしまったのですが、気持ちを切り替えてくれ、翌日の学童保育のおまつりには楽しく参加できたのでホッと胸をなでおろしました。

 

Filed under: よしこ

by

大阪出身、だんだん東に来ています。家族は、夫と3人の子ども(男・女・男/2005・2010・2013年生まれ)。夫婦共働きで、家事も育児もなんでもこいの夫のおかげもあり、理系研究職を続けています。時間管理や手帳術、ライフハックに興味はあれど、なかなか実践できていません。ここに参加することで、今より少しでも、有意義な時間が過ごせるようになって、家族のハッピーな笑顔が増えたらいいなと思っています。twitter ID; @keimiesoumom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です