G-mom(ジーマム)
Leave a comment

出来ていなかったタスク管理:忙しい病から抜け出すために

いつも忙しい、と感じてしまう自分の生活に疑問符だらけのGmomです♪

clock

先日、ふと「どうしてこんなに忙しいのだろう」とため息が出ました。   実際、最近始めた仕事や、様々な諸用に振り回されている感覚が常に自分の肩に重く乗っているような・・・

実際、家族にもそんなため息を聞かせてしまう事が増えていました。

自分が楽になる方法を考える

自分に何が足りないのか、どうして忙しいと感じてしまうのかを少し前から考え、細かく記録をとってみる事にしました。

その詳細はお粗末で、すべてを公開するのは憚られるので、問題点と感じられた事を書き出してみると、自分でも有効に使えていないと感じていたスキマ時間が想像していた以上に多かった事に愕然としました。

決められた時間割に支配される

朝娘を送っていく時間。
仕事の時間。
娘のお迎えの時間。
主人が帰宅する時間。

とりあえず、この自分では変えられない時間を「決められた時間」と呼ぶ事にします。

この決められた時間は私の生活の時間を区切る時間割のようになっていると記録をとって感じました。

この時間割の合間に仕事や家事を割り当てるのですが、「決められた時間」が近づくとその前にスキマ時間があっても待ちの状態になってしまう事が思っていた以上にある事がわかりました。

その結果、何もせずに時間まで待機してしまったり、しなくてもいいメールチェックに延々と時間を費やしていたり。

自分が使える時間を、人のために待機している時間にしてしまっていました。

スキマ時間が目の前に現れてもそれに気づかず、「今やるべき事や今やってしまえる事」を考える事なく、「今、目についた事」に費やしていた。 なんともお粗末です。

タスク管理、勉強したでしょ!

そう、タスク管理のセミナーにも参加し、記録を細かくつけた時期もありました。

今でも手帳に一日の計画と実績を書き込んでいます。

必要な記録はつけているつもりでした。それなのになんでこんな事に・・・ そう考えながら読み返してみると、私の記録の仕方は大まかな計画や予定を書き出し、実績も同じように、実際に出来た仕事や事柄を書き留めるというものでした。

月間の目標達成度などを見る事しか考えていなかったのです。

記録して、その日の目標も書き出していたけれど、自分の予定では変えられない「決められた時間」をこなす事ばかりで、その前後の自由に使えるスキマ時間すら「決められた拘束時間」に含めてしまっていたようです。

時間を有効に使い自分の時間を増やすためのタスク管理、 せっかく勉強した事を全く活かせていなかった自分は結局「忙しい病」からも抜け出せていなかった。そんな結果を突きつけられました。

スキマ時間にも目を向けられる記録をとる

まずは自分が待ち時間と感じてしまっていたスキマ時間がどれくらい、どこに存在するかをしばらく記録してみようと思います。

そのスキマ時間にジグソーパズルのピースのように当てはめていけたら・・・

自分の一日を振り返って、「忙しかった・・・」と肩を落とすのではなく、「いい一日だった。」そう思える日が増えるかもしれません。

 

忙しい病で一生終わりたくない・・・

そんな気持ちで、記録の付け方を工夫し、一からやり直してみようって思っているところなんです。

〜編集後記〜

最近、ここ2年ほど目標にしていた事が実現し、にわかに忙しくなってきました。

でもその忙しさに気を取られ、せっかくの夢の実現を楽しめずに過ごしている自分に気がつきました。

せっかくのわくわくポイントを見過ごすか、失敗もひっくるめて前に進む実感を得るか・・・すべてが自分にかかっている、そう感じてます。

日々の失敗に凹みながらも、自分の失敗も成長も楽しめる人を目指して、まだまだ修行中です。

Filed under: G-mom(ジーマム)

by

大学生の息子2名、末っ子に高校生の娘1名を持つ普通の母。振り返れば親子で泣き笑いの育児でした。「楽しかったけれど、無駄に悩んだり迷ったりした事も多かったなぁ…」という経験から、今を頑張るパパやママに、もっと育児を楽しんでもらえるよう、失敗談含めシェアできたらと思っています。 幼稚園勤務経験あり。地域の育児サポートに参加しています。質問大歓迎!お待ちしていま〜す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です