アキヅキダイスケ
Leave a comment

2014年のファミリーマネジメント的アクションプランを考えてみたよ

はいさい。アキヅキダイスケです。年末です。私は大掃除をしない派です。

さて、来年に向けて家族に関するアクションプランを立ててみようと思いました。
ちなみに私は具体的な目標、ゴールを立てません。それじゃよくないかなあと思っていましたが、そういう考えを肯定する考え方もちらほら見受けられて、それが自分のスタイルだと最近では認めています。

Dickens Village 2010
photo credit: kevin dooley via photopin cc

長女の小学校入学

二番目の子どもが4月に小学校に入学します。子どもの成長は早いですね。
朝の登校は自分の脚で坂を登ることができるのか、心配です。それでも登校は兄、4年生が一緒です。
帰りは一人で坂を下って帰ってきます。ちゃんと帰ってこれるか心配です。
女の子という点も長男以上に心配するでしょう。パパは心配性です。

幼稚園から一旦離れて

一番下の次男はまだ幼稚園に入りません。久しぶりに幼稚園に関わらない年になります。
そのため運動会が小学校のみ年一回で済みます。年間を通してイベントは激減します。これは助かります。仕事での今のポジションが一年目ですので、そちらにエネルギーをかける必要があります。

次男の幼稚園をどうするかを考える必要はあります。上二人が通った幼稚園は、引っ越しした関係で少し遠方になっています。やはり近い方が何かと便利ですよね。もう何年も通った幼稚園への愛着もありますが。
ここは、妻が構築してきた人間関係のことも考慮する必要ありです。

次男の断乳

次男もそろそろ断乳というか、2歳になる頃にはさすがに離れていると思います。
さて、おそらく子どもは三人でもういいでしょう。個人的にはそう思っています。
情報が増えると、妻の妊娠から出産だけでも心配が増えます。次男の出産の時は、心配して色々覚悟したものです。長男の時はそれほど心配しませんでした。

仕事の異動は無いだろう

今の仕事はまだ1年経っていません。異動は無いと想定できます。
それでも人事ってものはよくわかりません。しかし、プランとしては異動無しで考えておけばいいでしょう。

部下の異動、入れ替わりはあります。ここをチームをまとめるマネージャーとして憂鬱で悩みながらじりじりと前進させる必要はあるでしょう。

仕事そのものが問題が山積みで憂鬱なのは当然のことです。現場のマネージャー的な立場なので学ぶことは山ほどあります。すべて吸収し尽くすつもりです。

39歳になります

不惑まであと一年です。
自分のスタイルをそろそろ確立したい。フォームを固めるというか。
しかし、イチローを見ていると、毎年バッティングフォームを変える、というスタイルもありなわけです。

その自分のスタイルで本を書きたい。
でも、テーマが無い。注文が無い。

とうぶん家は買わないだろう

家は欲しい。しかし、様々な情報をトータルで見ると、ローンで家を建てるのはちょっと。
それが今の考え方です。

消費税増税のことなどは、この場合、判断要素に入れてはいけないと思います。
仕事についても、安定はしているものの何十年の住宅ローンに対しては不安です。また、同じ組織で働き続けるかどうかもわかりません。

また、不動産というくらいで、家を建てることは、自由を、流動性を失います。もし大音量で毎晩音楽を鳴らす隣人だったら?そういうことを考えると、最悪引っ越しすればいい、という選択肢を失うのは怖いです。
私にとっては持ち家は不安が大き過ぎるようです。

しかし、そろそろ私も妻も、今の部屋を引っ越したくなる時期のような気がします。
近所を歩いていると、昭和の古い平屋がよく空き家になっています。もうすぐ平成になって建てられた二階建ても空き家として出てきそうな気がします。供給過剰になれば、家賃も安くなるでしょう。
これからしばらくは賃貸には困らない気がします。
家の購入は、子どもたちの進学、就職に目処がついてから、その時点での経済状況を考慮して中古物件をリノベーションでいいと考えています。
家というよりは、書斎が欲しいですね。

ファミリーマネジメントジャーナルを続けること

fmjは隔週ペースがちょうどいいです。
ここに日常的に記事を書くことが、自分にとってはよい習慣になっています。

記事が誰かのためになっていればいいです。
主催ののりさんとしては、そろそろブレイクが欲しくなるのかもしれません。しかし、そういう機会は不意に訪れるものだと思います。メンバーとしては、淡々と記事そのものの強度を高めることに集中すればいいでしょう。
プロデューサー的な仕掛けはfmjに必要でしょうか?

【編集後記】

年末らしい記事にしてみました。
改めて「来年できることは今年やるな」と自分に言い聞かせておきます。年末は新しいことには手を出さずに保守的に暮らすのがベターだと思います。
昨日はとしさんの2013年振り返り記事でした。なるほど、私は過去を振り返る習慣が無いと改めてわかりました。ただ、ほぼ日手帳WEEKSの「去年の今日」を振り返る習慣があるので、日常的に振り返りはやっていることになりそうです。

Filed under: アキヅキダイスケ

by

子育てサラリーマンブロガー。妻一人、子ども三人。著書『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』(C&R研究所)。Android使い(ZenFone2 laser、Nexus 7)。ライフハック、GTD、ジブン手帳mini、トラベラーズノート、測量野帳、MacBook Air。文学部出身、夏目漱石『草枕』。音楽は1990年代のロック中心でできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です