とし
Leave a comment

ジブン手帳が気になる今日このごろ


photo credit: PAKUTASO

 

ブログ「はれときどきくもりZ」の小説家志望ブロガーとし(@toshi586014)です。

そろそろ年末の足音が聞こえてきました。

この季節になると、文房具屋さんや本屋さんなどは手帳売り場が賑わいます。

というわけで、今回は手帳についてお話しします。

 

わたしが手帳を使う目的

 

手帳そのものについて触れる前に、わたしが手帳を使う目的を紹介します。

まず第一の目的は、スケジュールとタスク管理です。

自分の予定や家族の予定とともに、日々のルーチンとやることを管理します。

次は、やりたいことの管理です。

わたしは小説家になりたいので、毎日創作活動を行っています。本を読んだり、アイデアを練ったり、執筆したり。そういったことを記録して管理します。

次は、体調の管理です。

うつ病でいろいろと体調を崩して以来、体調の変化には敏感になっています。ちょっとした変化を捉えて早めにケアすることで健康を維持しようとしています。そのためには、日々の体調を記録することが欠かせません。

最後は、思い出の保存です。

妻とのあんなことやこんなこと、育児をしていて楽しかったことや辛かったこと、SNSでの楽しい会話、そして自分が考えたこと感じたこと。これらはあとで振り返り楽しむためのものです。きっと数十年後、いや数年後には何物にも代え難い貴重な宝物になることでしょう。

 

ジブン手帳が気になる

 

今はこれらのことをほとんどデジタルで管理しています。

スケジュールとタスク管理は、iPhoneのカレンダーとToodledo。やりたいことの管理はEvernoteとGoogleドキュメント。健康の管理はiPhoneのカロリー管理やNike+RunningやEvernote。思い出の保存はEvernote。

デジタルを活用する理由は、繰り返しや検索が容易なことです。あとは、iPhoneさえあれば、いつでもどこでも手軽に記入したり参照できるところもお気に入りです。

ただ、こちらの本を読んでからというもの、紙の手帳の良さにも惹かれています。

 

 

手帳に向き合い、手書きでじっくりと自分の中にある想いを綴っていく。そして、パラパラと手帳をめくってそれらの記録と再会する。そういう時間はとても貴重ではないのか?そう感じています。

というわけで、手帳売り場を回っていろんな手帳を実際に触ってみました。その中で気になったのは、ほぼ日手帳とジブン手帳です。

 

 

ほぼ日手帳の一日一ページという構成には非常に惹かれます。しかし、人生の記録を綴るという意味では、ジブン手帳が良さそうです。なにより、ジブン手帳はある程度の定型ができているので、わたしのような手帳初心者にも優しそうです。

来年もデジタルメインでいくか、はたまた手帳を使うか、悩む日々なのです。

 

編集後記

 

隔週火曜日担当のとしです。去年の今頃にも手帳の記事を書いていました。読み返してみると同じようなことを書いていますね。来年の今頃にはジブン手帳サイコーと書いているのかな?なんて気が早くて鬼が笑いますね。

それでは、引き続きfmjをお楽しみください。

Written with MyEditor.

Posted from するぷろ for iPhone.

Filed under: とし

by

とし

関西で、妻と三歳のやんちゃ坊主とゼロ歳の娘と四人暮らしをしています。うつ病により休職したのを機に、育休と思いきり育児に専念。育児を楽しくするちょっとした工夫を紹介していきます。ブログ『はれときどきくもりZ』主宰。 晴れた日も曇った日も人生を充実させることができるような【ちょっとした楽しさ】を取り上げています。@fmj_jp なかのひとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です