よしこ
Leave a comment

あらかじめ献立を考えるようにし始めました

写真_食卓月曜担当のよしこです。
3人目の子どもが生まれて1ヶ月半がすぎました。すっかり通常モードです。というか、むしろ前以上に、家事と育児に追われています。
産後は夫が仕事を休んで家事と上の子らの世話を引き受けてくれていたので、赤ちゃんのお世話に専念しながらゆっくり体を休めることができました。ところが、三週間のパパ育休が明けた途端、夫は仕事全開モードになってしまい、毎日ほとんど顔を合わせていないような気がします(ちょっとわたしはグチモード)。

先が読めるものは読んでおく

前回の記事で、「想定外が起こることに慣れてきた」と書きました。たしかに想定外のことが起きても、あまり動じなくはなったと思います。とは言っても、エネルギーは消耗しますので、できれば想定外が頻発することは避けたいところです。
まだ首もすわらない生後1ヶ月の息子がぐずってしまうと、抱っこや授乳をしながら片手間に何かを進める、ということがなかなかできず、いろいろなことが滞ってしまいます。時間に余裕がないというより、気持ちに余裕がない感じです。回らなかったらどうしよう・・・、という漠然とした恐れがあるのだと思います。

あらかじめ設定しておけることはしておく、前倒してできることは進めておく、というのが今のわたしがとっている方策です。まぁこれまでが行き当たりばったりすぎた感も否定できませんが。

たとえば、保育園の持ち物準備、連絡帳への記入(睡眠時間や食事内容、排泄、家庭での様子)など、当日朝やることが多かったことを前日の夜までにやるようにしています。娘と自分の翌日の朝の衣服も、夜に洗濯物をたたんだついでに一式だしておくようにしています(息子にはなるべく自分で支度できるように声かけのみで)。

 一番の懸案が夕食作り

上の子たちがいない日中は、うちで下の息子と2人で過ごしていますので、多少思うように進まなかったとしても、せいぜい自分の昼ごはんが遅くなるくらいです。ずれこむと困る、焦る、のが夕食の時間だと思っています。特に小2の息子を早寝早起きサイクルにしていきたいと思っており、赤ちゃんに手をとられて上の子たちの食事がだせない、という事態は家族の精神衛生上もよくないのです。

わが家の場合、食材の調達は、生協系の週1回の宅配と近くのスーパーがほとんどですが、宅配の方は、人参やタマネギといったよく使う野菜や半調理品をいつも適当に注文して、足りないものをスーパーでこれまた適当に補う、という感じでした。レパートリーもそんなにあるわけでもなく、なんとなく似たような調理&味付けになっていたと思います。

毎日の終盤にこれが待っていると思うと、なんだか気持ちが落ち着きません。
かといって、早い時間から夕食のことばかり考えるのも、時間の使い方としてもったいない気がしました。
そこで、食材宅配の注文のときに、翌週の夕食のメイン献立をなんとなく考えておき、iPhoneのカレンダーのスケジュール欄に記入してみました。(画像は今日のカレンダー、赤がざっくりとした献立fmjの原稿担当日もメンバーで共有しています。)

image

注文カタログにレシピなども載っているので、これをiPhoneで撮影して画像をEvernoteに保存しておきます。

image

これが案外わたしにとっては簡単&安心で、おかげで日中は夕方のことをあまり心配せずにすむようになりました。
仕事があるときは全体的にもっと遅い時間でしたが、いまの休職期間を機に、少し早い時間帯に繰り上げて寝るまでの時間にゆとりがでるようにしていきたいです。

編集後記

事前に献立を決めておくようにしたおかげで、他にもよかったことがあります。
これを作ろう、と思って買うからか、計画的な買い物ができている気がします。それまでは、あるもので作る、という感じでした。
冷蔵庫に貼ってある給食献立にも自然と目が行くようになり、栄養バランスも気にかけるようになりました。それまでも、保育園で展示してある給食は毎日必ずチェックし、いつでも参照できるように毎月コピーして手帳にはさんでいました。にもかかわらず、実際にはそれに合わせて夕食献立を考えることはほとんどなく、カレーが重なった日に、おおぉ><(まぁ子どもはよろこびますが)と展示で気づく、というレベルでした。

もともと毎日の献立をきちんと作ったり、常備菜などを作り置いているご家庭もあると思いますが、ほとんどその場で考えていたわが家にとってはかなりな進歩です(苦笑)。

Filed under: よしこ

by

大阪出身、だんだん東に来ています。家族は、夫と3人の子ども(男・女・男/2005・2010・2013年生まれ)。夫婦共働きで、家事も育児もなんでもこいの夫のおかげもあり、理系研究職を続けています。時間管理や手帳術、ライフハックに興味はあれど、なかなか実践できていません。ここに参加することで、今より少しでも、有意義な時間が過ごせるようになって、家族のハッピーな笑顔が増えたらいいなと思っています。twitter ID; @keimiesoumom

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です