蓮花
Leave a comment

食べて、眠って、暮らして

こんにちは、隔週金曜担当養生と手帳とライフログの蓮花(れんか)です。

養生で健康になった人が!

2012年からfmjに養生に関する記事を書かせていただき、早や1年半。最近は少しづつ、養生実践者や養生に関心のある方にフォローして頂いたり、ブログ「養生と手帳とライフログ」を読んで下さる方も増えてきました。我がfmj主宰のりさんも、そのひとりです。その彼女が、ご自分のブログで養生についてこんなことを書かれています。

「健康になった!」を実感できる養生生活 

養生について発信すること。それを見た人が、養生に関心を持ったり実践してくれること。そして、その人たちが健康になること。これが、私の人生のミッションだと思っています。だから、のりさんに起こった変化は、とても嬉しいです。そして、ありがたいです。

はずせない「養生タスク」

仕事や暮らしを円滑にまわしていくためのタスク。効率よい生活には欠かせないものです。いかにタスクを管理してこなしていくか?が現代社会の課題でもあります。からだを円滑に運営していくためにも、タスクは存在します。人それぞれ体調は違うでしょうから、細かい内容は個人差があるかと思います。でも、「食べる」「休む」。これだけは、はずさないで下さい。

いい時も、悪い時も

休むと、それだけ仕事や暮らしの効率が悪くなる‥そもそも休むほど働いてないし‥そんな声も聞こえてくるかと思いますが。

「いつも健康なのがデフォルトで、具合が悪くなるのは悪いこと」

私たち人間には、そんな”仕様”はありません。からだは常に揺らぎ、一ヶ所に留まっているわけではない。いい時もあれば、悪い時もある。その微妙なバランスを保つのが、体調を管理することです。なによりも、「休む」ことを意識するようになったのりさんが、これだけ体調が良くなっているのです。いま「休む」ことは、結果的には生活の効率を良くすることなのです。

「家に帰るまでが遠足です」

子どもの頃、担任の先生に言われましたよね?だから気を付けて帰りなさい、と。これと同じです。「休む」までが1日のタスクです。これをしないで今日を終えることはできません。「おやすみなさい」と布団に入る。そこまでが、1日です。

そうして、明日の朝また、気持ちよく1日のタスクを始めて下さい。

編集後記

「食べて、休んで」という言葉を何度もタイプしていたら、そんな名前の映画があったなぁ~と思いつき、検索してみたところ『食べて、祈って、恋をして』というジュリア・ロバーツの作品でした。観てはいないのですが、美食や宗教など色々な経験を通して、主人公が「自分探し」をしていく‥のだそう。「食べて、眠って、暮らして」‥養生はある意味で「自分探し」なのかもしれない‥などと思う、春の始まりでした。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です