坂根
Leave a comment

個人医院の診察時間と受付時間

doctor

photo credit: deadstar 2.1 via photopin cc

おはようございます。司法書士の坂根(@sakane0958)です。
今日は、個人医院にかかる際の私の教訓を紹介してみたいと思います。

診療時間内に行っているのに嫌な顔をされる

診察時間内に行きさえすれば快く対応していただける医院も多いのですが、嫌そうな対応をされる医院もあります。

「診察時間内だからいいんじゃないのかな?何で怒られるんだろう?」と不思議に思っていたのですが、ふと思い立って「小児科 診療時間 受付時刻」というキーワードで検索してみたところ、こんなことがわかりました。

病院で診察時間が7時までとなっていたら7時までに入れば診察してもらえると思う… – Yahoo!知恵袋
”私が勤めていた病院は、診療時間が6時まででした。しかし定時も6時まででした。定時に帰れるわけがありません。”

なるほど、ギリギリに駆け込むと嫌がられるわけですね。
「7時」というのは、「患者が入って来てもよい時間」ではなく、「医院側が医院を閉院して帰りたい時刻」だったのです。
私も「今までギリギリに駆け込んだりしていて、すみません」と反省しました。

受付時間の存在

この患者と医院側の認識のズレを気付かせるために、「受付時間」を掲示している医院もあります。
この時間までに受付を済ませておかないと、診療ができませんよ、という趣旨ですね。
しかし、「診療時間」のみを掲示している医院も結構な割合であります。

患者側はどうするのがよいのでしょうか。

受付は診察時間終了の30分前までに

関連するYahoo!知恵袋や発言小町のやりとりを見ていると、15分前、又は30分前には受付を済ませて欲しい、という医療従事者の方からの回答が多いように感じました。
受付時間が無い医院であれば、とりあえず30分前までに受付を済ませると、お互い気持ち良く診察が受けられるのではないかと思います。

30分前より遅くなりそうなら電話で連絡を

今から患者が来る、ということがわかっていれば、医院側でも事前に準備をしておけるだろうと思いますし、遅れることへ受け止め方も違ってくると思います。
「遅れるが、XX頃に着けると思う、診察してもらうことは可能か?」という趣旨を事前に受付時間内に電話しておくと、たいていの医院では快く対応をしていただけるのではないかと思います。

編集後記

私は司法書士の簡裁代理権認定考査の研修の真っ最中です。
2月のほとんどを大阪で過ごしています。

大阪では、飲食店のおばちゃんがよくお客さんに話しかけてきます。
静かに食事を楽しむのも良いですが、「お兄さんどこから来たの?」と気さくに話しかけてもらうのも、なかなか悪くないものですね。
またこのお店に来てみようかな、と思ったりしました。

Filed under: 坂根

by

坂根

島根県在住の司法書士。同郷の妻と子供2人(男児、女児)と暮らしています。自称おしどり夫婦。妻とは職場も同じです。
TaskChute/たすくま/Evernote/Toodledoなどのクラウドツール、タスク管理ツールに興味あり。
ブログ「流れるような一日を」http://fluentlife.jp/
モットー「習うより慣れよ」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です