蓮花
Leave a comment

家とからだ

こんにちは、隔週金曜日担当養生と手帳とライフログの蓮花(れんか)です。私事ではありますが、このたび引っ越すことになりました。来月の引越しに備えて、ただいま絶賛断捨離中です。

引越し

なぜ、こんなにモノが‥

片付け始めて、まずはモノの多さに絶句。そして、そのモノの使用頻度の低さに驚愕。なんでこんなに使わないモノがいっぱいあるんだろう‥これを買う時、私は何を考えていたんだろう‥自問自答しながら、時に自分を責めながら、ひたすらモノを選別しています。そして、これからも使いそうなモノはパッキングし、これを機会にさよならするモノはごみ袋へ‥ごみ袋へ入れるモノの多さに、すでに心が折れそうです。

 

家が、えずいてる

さよならするモノの量が妥当かどうかは、わかりません。ただ、収納してある場所からモノを出し、ごみ袋に入れる。その一連の動作が、家がモノを吐き出してるように思えるのです。家は、私より先に気づいていたのかもしれません。それが必要ないモノだということを。必要ないモノは、家をからだにたとえると、老廃物のようなもの。家は老廃物を吐き出すために、激しくえずいているように思えるのです。

 

家=からだ

からだは、食べたものを栄養にして、いらないものを老廃物として排出します。排出がうまくいかないと胃腸の機能が滞り、栄養を吸収することもできなくなってしまいます。家も、もしかしたら同じなのかもしれません。モノは充分に使われることによって、”そこに住む人の幸せ”という名の栄養になり、家に摂り込まれます。そして”いらなくなったもの”という老廃物を定期的に排出して、家という”からだ”の巡りを良くする。その循環がうまくいってない家は、”健康が損なわれた状態”と言えるのかもしれません。

 

ごめんね、家

こんな状態にして、悪かったね‥ごみ袋を片手に、物言わぬ家に語りかけます。
こんど引っ越す先では、こんなにモノを増やさないからね。
便利に使って、必要がなくなったら、ちゃんとさよならするからね‥

 

 

編集後記

実は、漢方と風水は同じ思想を元にしているのだそうです。老廃物の無いからだは、気血水がサラサラと流れ、巡りが良くなります。余計なモノが無くすっきりとした家は、”気”の流れが良くなるそうです。すっきりとした家に暮らす‥すなわち、モノを溜めこまずすっきりと暮らすことは、すっきりとしたからだへと導くのかもしれませんんね。

Filed under: 蓮花

by

lotas

自分や家族の体調不良がきっかけで、漢方に興味を持ちました。 2008年に国際中医薬膳師試験に合格。 漢方薬だけ、薬膳料理だけ、ではなく、暮らしのすべてが養生につながります。 子育てする人も、される人も、しない人も。 みんなが元気になれる”暮らしのヒント”をお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です