アキヅキダイスケ
Leave a comment

体調不良でも仕事や子育てをするための方法

はいさい。アキヅキダイスケです。私の持病は副鼻腔炎です。蓄膿症というやつですね。

さて、そんな私は季節の変わり目に気温変化が大きくなると体調がおかしくなります。
鼻が詰まる。くしゃみと鼻水が出る。鼻水が黄色くなる。副鼻腔が疼きだす。微熱が出る。などなど。
そんな時でも仕事をしたり、子育てをする必要があります。
今日は、そのコツを書いてみます。

  • 体調不良でも仕事ができる仕組みを作る〜GTD
  • 自分を機械として意識する
  • 体調不良でもできることをやる
  • サボれることはサボる

medium_8076500209
photo credit: Much Ramblings via photopin cc

体調不良でも仕事ができる仕組みを作る〜GTD

私がブログなどでも繰り返し言及するGTDというタスク管理手法はシステマティックな手法です。GTDを身につけておくと、少しくらい体調が悪くても仕事はできます。仕組み化されているから、頭を使わなくてもできるわけです。
GTDとは少し違いますが、私は職場のOutlookに今手がけている仕事のすべてのメモを入力しています。そのメモを見ながら淡々とやるだけで仕事は進みます。だから体調が悪くてもこなせます。これも仕組み化です。
ちなみに現在、Outlookの「タスク」を40件ほど抱えています。しかし、メモしておけばそれらの案件がごっちゃになることもありません。

帰宅してやるべきタスクは、たとえばAndroidスマホのDue Todayというアプリに入力します。日時が決まっているタスクはGoogleカレンダーに入力。時間になるとリマインダーが教えてくれます。
あるいは、最近はA4コピー用紙の裏紙をPocketModの折り方で冊子にして、それにタスクを書き込んでいます。スマホのアプリより手軽ですね。PocketModを右側広告欄にあるabrAsus「薄いメモ帳」に挟んでいます。
PocketMod: The Free Recyclable Personal Organizer
スマホのToDoアプリと薄いメモ帳は完全に気分で使い分けています。アプリでタスク管理したい時期とアナログで紙に書きたい時とあるようです。

自分を機械として意識する

体調が悪い時は、自分を機械として意識します。機械の調子が悪いと見るわけです。やるべきは、調整ですね。
こう考えることで体調に引っ張られてモチベーションが低下することを防げます。というか、モチベーションという概念そのものが無くなります。機械なので。淡々とGTDによってシングルタスクでこなします。むしろ少しくらい体調が悪い方が所作が慎重になり、ミスややり過ぎを防げて仕事もスムースに行く気もします。
アンディ・ウォーホルというアーティストが「私は機械になりたい」という発言をしています。真意は不明ですが、私はそれに深く共感しています。

話がそれますが、子どもが激しく泣いている時も、私は自分のスイッチを入れて機械になり、苛々する感情をコントロールします。機械的にカメラを向けるようなイメージで子どもを観察します。そうすることで子どもの感情に引きずられません。
近くに舌打ちする大人がいたら、目のカメラを向けて「舌打ちしている大人がいるので注意」と自分の意識にインプットします。そしてそれに対応したアクションを機械的にやるだけです。少しユーモアを加えてあげるとよいでしょう。

体調不良でもできることをやる

先日、スタバで原稿を書いていた時、悪寒がして文章が書けませんでした。そういう時は、ブログに挿入する画像を探したり、下書きの体裁を整えたりします。
つまり、できることをやる。たとえば、自分のMacBook Air内を「体調」で検索してブログ原稿などのテキストを読み返すとヒントが得られたりします。できれば早く横になって眠るのがベストだと思います。あるいは、できることをやっているとリズムが出てくることもあります。

サボれることはサボる

一方、サボれることはどんどんサボったらいいです。
やらなくてもいいタスクはどんどんリストから削除したらどうでしょう。削除するのが不安なら、とりあえずテキストファイルにでもそのタスクを転記しておけばいいと思います。いざという時には検索で探し出すことが可能です。
仕事でもその目的が失われていて経緯を誰も知らず、タスクだけが引き継がれていることが多々あります。
「それって何のためにやっているの?」
という根源的な問いを立てると、やらなくてもいいタスクはたくさんあるでしょう。
上司に相談すると反対されるようなことでも、自分の責任と裁量でこっそり止めてみる。そうした「悪の仕事術」と言えるようなやり方もあります。それくらいしないと組織の中で仕事を減らすことはできません。

あるいは、タスクを先送りしましょう。匿名掲示板「2ちゃんねる」の開発者として有名なひろゆき(西村博之)さんの「明日できることは今日やるな」という名言がありますが、体調不良のときこそこの言葉を実践すべきです。たとえばOutlookの「タスク」であれば、今日のリマインダーを明日に先送りします。下記↓記事には自分が大きく影響受けたのでリンクしておきますね。
達人の仕事術:「明日できることは今日やるな」2ちゃんねる管理人・西村博之さん – 誠 Biz.ID

【編集後記】

これだけ書いておいてなんですが、本文でも少し書いたように体調不良の時は早めに休むべきですよね。今自分には5名の部下がいるので自分が積極的に休もうと思います。

Filed under: アキヅキダイスケ

by

子育てサラリーマンブロガー。妻一人、子ども三人。著書『Androidスマホ&クラウド「超」仕事術』(C&R研究所)。Android使い(ZenFone2 laser、Nexus 7)。ライフハック、GTD、ジブン手帳mini、トラベラーズノート、測量野帳、MacBook Air。文学部出身、夏目漱石『草枕』。音楽は1990年代のロック中心でできています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です