さいたか
Leave a comment

大人も、時間割を使ってみよう。

medium_3829978760

皆様、ごきげんいかがですか。さいたか(@sai_taka)です!
さあ、金曜日がやってきました。

なぜ「時間割」?

「時間割」というと、子供の頃、学校で使っていたアレです。

使ってみようと思ったのは、アロマテラピーインストラクター試験の勉強をしていた頃でした。

なんといっても、働きながらの独学ですから、勉強時間を確保・管理することが重要だったからです。

時間割のメリット

1)集中力が持つ

「何を、いつまでに終わらせるのか」がハッキリしているので、集中できます。

2)偏りなく均等に作業できる

思いつきでやっていると、どうしても偏りが出てしまいます。
あらかじめ決めておけば、均等に作業できます。

また、あまり好きでないことの後に、好きなこと・楽しいことを入れておけば、モチベーションをコントロールすることができます。

3)考えなくてよい

「今から何をしよう?」と考えていると、ついつい誘惑に負けてしまうことが多いですよね。

また体調が悪い時も、決まったことをすればよいなら、負担が少ないです。

「時間割」の作り方

朝起きてから寝るまでの中で、
仕事の時間以外の、家での時間の使い方を時間割にします。

1)まず、時間を測る

決まった期間、何にどれくらい時間がかかっているかを計測しましょう。

ちなみに私が使ったアプリは、これ。

aTimeLogger 2

300円
(2014.03.15時点)

 iTunes で見る

posted with ポチレバ

2)コマ割りをする

1)で測った時間をもとに、コマ割りをしていきます。

例えば、朝起きてから会社に出発するまでだと、以下のように。

    洗顔・歯みがき ◯分
    朝食の支度 ◯分
    朝食 ◯分
    後片づけ ◯分
    勉強時間 ◯分
    身支度 ◯分

さらに「勉強時間」のところを、曜日によって、何の勉強をするか割り振ります。
(以下は、例です)

    月曜:アロマテラピーの歴史
    火曜:精油・基材について
    水曜:健康学
    木曜:解剖生理学
    金曜:小論文対策

3)時間割に沿って行動する

決めた時間割に沿って、動いてみます。

実際には、平日パターン・休日パターンを作り、動いていました。

編集後記

資格試験のための勉強で、時間を偏りなく使いたい時に有効でした。

もちろん、人によって好みが分かれると思いますが、
まだやったことがない人は、試してみてはいかがでしょうか。

それでは、今日はこのへんで。

photo credit: lukemontague via photopin cc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です