なお♪
Leave a comment

プランB,そして3つのステップ

file2611299953331

プランB,発動!

ほっほい!
こんにちは,ドクターなお♪です。
毎日の育児に家事に,それにお仕事していらっしゃる方も,お疲れさまです♪

「こども性善説」に基づいた子育てを実践するために,前回は「プランBでいこう!」という記事を書きました。

不足スキル,未解決問題,そしてこれらによって起きる問題行動に対応するときにオススメなのは,プランAでもプランCでもなく「プランB」。

プランBとは,おとなが未解決問題について心配していることをはっきりさせ,その心配がこどもにしっかり伝わってから,おとなもこどもも満足できるような解決に向かって,一緒に取り組んでいくやりかたでしたね。

今回は,プランBを使って何を実現したいかという部分をまず確認しておきたいと思います。

プランBを使うことで,一方的に「こどもはこう振る舞うべきだ! こうしなさい!」というおとなの思いを一方的に押しつけるのではなく,「おとなとしては,できればこうあってほしい」という思いと同時に「この子はこんな思いや事情があってこれができずにいるんじゃないかしら」という懸念や心配も扱いたい…それが,プランBの目標のひとつです。

おとなの期待どおりに振る舞えないこどもたちは,これまで「お前の都合や理屈はどうあれ,こどもはこういうふうにするべきだ!」というプランAを押しつけられがちに過ごしてきて,それにうんざりしておとなに対して反射的に反発するような構えができてしまっていることもあります。

そういう「おとな対こども」みたいな構図にならずに,おとなもこどもも信頼し合って本音を話せるような,相互的な協力関係を作ることもまたプランBの大事な目標になります。

もちろん,プランBを用いたからといって,こどもの問題行動をあっという間に解決できるわけではありません。

でも,プランBを根気よく繰り返すことによって,こどもが新しい取り組みや解決方法を試みるようになって,「未解決問題」において「不足していたスキル」を身につけることができ,その結果として問題となるような行動を減らしていけるとしたら,それは素晴らしいこと!

このあたりがプランBを用いる最終目標ということになりそうです。

プランBの「3つのステップ」

さて,最近の一連の記事は『教師と親のための子どもの問題行動を解決する3ステップ』という本の内容を参考に書いていますが,ここでようやく,本のタイトルにある「子どもの問題行動を解決する3ステップ」が登場しました!

3つのステップとは,

  1. 共感ステップ
  2. 問題定義ステップ
  3. 提案ステップ

の3つのことです。

まず,共感ステップは,問題となる行動について,こどもの視点からできるだけきちんと理解するところから始まります。
こども自身がどんなことを望んで,どんなことを恐れているか,といった情報収集をしていきます。
このとき大事なことは,こどもをニュートラル(中立的)な目で観察して,おとなの先入観や偏った考えを差し挟まないようすることが大切…。

たとえば,「あんたは本当に乱暴な子ね!」と決めつけるのではなく,「最近のキミは,遊びに来てくれた友達にイライラしたり腹を立てたりしているように見えるけど,きっと理由があるんだよね。どうしたのかな?」といった尋ねかたをして,こどもの思いや考えを詳しく聞いていきます。

そうすれば,こどもはたとえすらすらと思いを口にすることはできなくても,少なくとも自分が考えていることを答えてもいいとは考えてくれるはずです。
時間が掛かってもいいので,ゆっくりこどもの考えを聞き出すことができたら,問題となる行動が起こる状況や条件,こども自身がどんな懸念を持っているかなどといったことが少しずつ浮かび上がってきますね。

こども自身の心配や思いが充分にわかってきたら,次のステップへ進みましょう!

~ 編集後記 ~

桜の季節と前後して,卒業したり進学・進級したりとこどもたちを取り巻く環境がガラッと変わった…,そんなご家庭も多いのではないでしょうか。学校の慣れたクラスから離れるとか,親しい友達とバラバラになるとか,そうした心配やストレスだけでも,こどもたちが普段できていたことがパタッとできなくなってしまったりすることがあります。そんな変化に気付いたときは「どうしてあなたはそんなにいい加減なの?」と責めたりせず,ぜひ「今までできていたことが最近難しそうに見えるけど,何か心配なことがあるの?」などとこどもの思いを聞いてあげていただけたら嬉しいなぁ…と思います,
それでは引き続きファミリーマネジメントジャーナルをお楽しみくださいませ♪

Filed under: なお♪

by

児童精神科の勤務医をしています。児童思春期の心の悩み,発達障害支援,特別じゃない特別支援教育,育児支援,ワークライフバランスに興味があります。夫と小学生の息子との3人暮らしのなかで,私自身も母親としてあれこれ悩みながら日々育児に奮闘中です。子育ての負担やストレスはできるだけ軽くしたいし,せっかくならこどもの育ちを楽しみたいし,でもこどもの心はしっかりたくましく育てたい…と欲張りな願望をもっています。こちらでは,子育てが少しでも楽になるような考えかたやコミュニケーションのとりかたについて,迷ったり気付いたりしたことを中心にあれこれ書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です